fbpx

空回りな行動に気をつけろ!デート中に男を気まずくさせたアラサー女子の行動

本来、楽しいはずのデート。ですが、まだ付き合い始めたばかりだと妙に相手を意識しちゃって、つい行動が空回りしてしまうことってありますよね。

特にいまは秋の行楽シーズン真っ盛り。これから彼と一緒に温泉や紅葉狩りに行こうと計画している女子も多いのでは? 今回は、そんなデート中に男を気まずくさせた女子の行動について調査してみましたので、ご紹介します。

ついイケメンに目を奪われて、彼が不機嫌に……

「女友だちに『お互いの彼氏紹介もかねて、ダブルデートしない?』と誘われたんですよ。彼女からイケメンとは聞いていたんですが、いざ会ったら本当にモデル並みのルックスとスタイルでびっくり。ついテンションが上がっちゃって、おかげでその様子をみていた彼がどことなく機嫌悪そうにしていました」(28歳/派遣)

これは彼氏が不機嫌になるのもムリないですね……。逆の立場になってみれば彼の気持ちもわかるはず。少なくとも付き合っているうちは、彼を最優先に考えてあげたいですね。

沈黙に耐え切れずに、マシンガントーク炸裂

「彼と日帰りで温泉に出かけたんですが、そのときの車内の雰囲気がかなり気まずかった。初めてのドライブデートで緊張していたのもあるけど、沈黙になるのが怖くて、あれやこれやと一方的に話しかけちゃったのがマズかったのかな。彼が『そ、そうだね……』と苦笑いしながら何度も困った顔をするので、喋りすぎはよくないな、と反省しました」(30歳/販売)

緊張ならではの失敗ですね。喋りすぎな方は自分の話ではなく、なるべく彼のことを聞き出そうと考えた方がいいのかも。

反対になにを話していいかわからない方は、適度にリアクションを取れる聞き上手を目指してみてはいかがでしょうか。

彼のことが好きすぎて、一方的にアプローチしすぎた

「しばらく恋をしていないと、デートも舞い上がっちゃってダメですね。『週末、会える?』と次のデートを急かしたり、『今日、泊まっていっちゃダメ?』と早い段階でエッチを求めちゃったり……。彼にすれば、さぞかしがっついている女に見られていたと思います。実際それから、デートの誘いがめっきり少なくなったので……」(31歳/メーカー)

必死になりすぎるほど、周りが見えなくなっている恋はありません。彼に夢中になる気持ちはわかりますが、無理矢理誘うのは明らかにマイナスです。こういうときは彼から来るのを待ちましょう。相手のことが好きなら、必ずアプローチはありますよ。

彼の部屋に入り浸りすぎて、マンネリに

「私が過去にやっちゃったなー、と思うのは暇さえあれば、彼の部屋に遊びに行ったこと。家が近所だったので、ほとんど毎日入り浸っていましたね……。彼からは『ムリして来なくてもいいんだよ?』といわれていたんですが、『ううん、大丈夫』の一点張りだったので、彼はちょっと困惑気味でした。私はなるべく一緒にいたかったんですけど、彼にとっては気まずい時間だったと思います」(32歳/広告)

家デートとはいえ、メリハリは大切です。同棲ならまだしも、このような恋愛の仕方はカップルのマンネリを招くだけ。彼が気まずくなるのも当然の反応ですので、くれぐれも彼の部屋に上がるときは、いつ帰るのかはっきり決めておいた方がいいですよ。

恋人だからこそ気をつけたい男女の距離感。行動によっては、いまの関係を気まずくさせてしまうことも少なくありません。彼とデートをする際はあまり肩に力を入れず、できるだけ自然体で過ごすことを心がけるようにしましょう。

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
恋愛相談はコチラ