fbpx

クリスマス破局を回避!彼との仲をより高める為の過ごし方とは

成田離婚という言葉があるほど、大きなイベントでカップルが破局を迎えるケースが多いのはあまりにも有名。自己満足で終わらせずに、男性も喜び永い未来へ続く為の安全なクリスマスプランを考えてみました。

男性のクリスマスに対する心理とは

大抵の場合、男性はそれほどクリスマスを楽しみにしていません。つまり、クリスマスは「無意識に、彼に望まないたくさんの出費をさせてしまい、二人の仲を破綻させる可能性」をはらんでいます。

30代前半の男性の月の手取り給与額は20~25万円ほど。そして一般的に、男性はお金に対して非常にこだわりを持っていてセンシティブです。

レストランやプレゼントを考えると月収の3分の1近くもその日に使ってしまう可能性もあり、しかもそれは彼が心から望んだ出費ではありません。ただでさえ物入りな年末の時期。これが二人の仲を引き裂く火種になる可能性は大。

しかし(セコいと思われる)と思い女性にその気持ちを言えず、仕方なく出費を覚悟している男性が多数というのも事実。男性はこのイベントに対して女性の考えを変えることを半ば諦めています。

だからこそ、彼のことを考えたデートスポットを選択する女性の心遣いは彼の心に響くのです。

おすすめのスポット、男性が喜ぶ言葉

・近くの安いイタリアンレストラン
・自宅で、ピザなどを頼んだり一緒に料理を作る
・クリスマスツリーなどのデコレーションを見に行く。ただし見に行くだけでご飯はおうちで食べる
・いいレストランに行くのであれば「私も半額出すからね」と必ず告げる
・「プレゼントはいらない」と断っておく
・「日をずらしてお祝いしよう」と告げる。込んでいないし大抵の場合どこも格安で男性も嬉しい
・少し地方に旅行に二人で行く。「旅行」という名目があれば多少は男性も納得できるから

男性にとってのクリスマスとは、甚大な「望まない出費」。従ってポイントは、少しでも彼のお財布に負担をかけないことです。

「イベント好きな彼女から『クリスマス、近くの洋風居酒屋でデコレーションやっているし行こうよ。安いみたいだし、私も出すし』と言われた言葉がとても心に響いて、二人の関係をもっと真剣に考えるようになりました」(30代/経営)

安い場所であると「男性にとって単純に出費が減って嬉しいというメリット」があります。ここだけ見ると「セコい男に合わせたくない」と思われるかもしれません。

しかし、彼は「僕のことを本当に心配してくれているんだな」と感じ始めます。ほとんどの女性がクリスマスに何かを期待していてそれに辟易していることが多いのです。

そして男性は女性がクリスマスに女性が大きな期待を持っているということも知っています。それを抑えて男性に優しいプランを提案してくる、その心遣いに心惹かれるものなのです。

クリスマスプレゼントは男性はいらない

男性は、基本的にプレゼントをもらって喜ぶという感情が女性よりも著しく低い生き物なのです。アンケートでも、「特に要らない」という答えが圧倒的でした。

したがって「プレゼントはあげるほうが楽しいからいい」と自分勝手な考えになるのではなく、クリスマスの出費に苦しんでいるという現実を見つめて、彼の出費を抑えるべく自宅でクリスマスを過ごして何もプレゼント交換しないと予め決めているほうが男性にとっては100倍幸せなのです。

たった1日の我慢が明るい二人の将来の礎に

そして、それらの心遣いを見せてくれたあなたに対して、男性の気持ちはグーンとアップ。クリスマス当日、もしくはあくる日びっくりするようなところに連れて行ってくれたり突然のプレゼントも期待できます。

なぜなら、その心遣いによりあなたは彼にとってとても大切な人と認識されたから今後の出費は惜しまなくなる。そういうものなのです。もちろん金銭面だけではなく様々な良い変化が出てくるはず。戦略的、明日の為のクリスマス。ぜひお試し下さい。

あわせて読みたい

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」

妥協したくない!アラサーが条件で結婚相手を選べる確実な方法って?

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板