fbpx

チャンスを掴む!出会いからデートまでつなげるメール術、一挙公開!

気になる彼と出会って、連絡先まではゲット!「次はデートしたい」と思いますよね。

でもこれからどうやってデートまでつなげたらよいものやら……ただのメル友になってしまうのは嫌だし、ホイホイ会える尻軽女に見られるのも絶対に嫌ですよね。

そんなあなたに、彼にもう一度会いたいと思わせる、デートにつなげるメール術を一挙公開します!

お礼のメール

これは、男女の関係というより、まず社会人として当然すべきことです。いきなり「今日は楽しかったね!また遊ぼう!」では、本命の彼女の道からは脱落してしまいます。

まずは出会った日のお礼を丁寧にメールしましょう。「今日は有難うございました」から始めるのが社会人としての基本。

男性は意外にそういうところを見て、彼女にできるかどうかを見ているのです。

彼について印象に残っていることを伝える

「あなたの○○が面白かった」とか「~が印象的でした」など、出会った日の彼のことを書きましょう。そうすることで、彼も「見ていてくれたんだな」と感じることができます。

また、あなたと過ごした時間を思い出すことができるのも大きなメリットです。あなた自身が彼の印象に残りやすくなるからです。

彼を誉める

彼を誉めるのも忘れずにしたいところ。誉められて嫌な気分になる人はいません。あまりベタ誉めするとわざとらしくなってしまうので、さりげなく誉めましょう。印象に残っていることと絡ませて誉めるとさりげなく感が出ます。

誉めてくれる=いい子、の方程式に乗っかって。あなたをプラスイメージで捉えてくれます。

自分のことは聞かれるまで話さない

好きな人には自分のことを知ってもらいたい、分かってもらいたい、と強く願う気持ちは重々分かりますが、この段階で自分アピールはNG。また会いたいな、と思わせるにはもっと知りたいと思わせることが肝心です。

何もかも自分からさらけ出さずに、聞かれるまで待つ態度に徹して下さい。少し謎めいてるくらいが彼の会いたい欲を掻き立てます。

ご飯に誘う

そして、デートに誘うわけですが、最初はご飯に誘いましょう。一日まるまる使ったデートに誘うと、出会ったその日に相当仲が良くなって打ち解けていない限り、気構えてしまいます。

ご飯でもご一緒にどうですか、と軽く誘ってみて下さい。出会った日に彼の好きな食べ物を把握していれば、それをダシに使うと誘いやすいでしょう。

食事だと誘いに応じやすいので会える確率がグッと高くなります。

いかがでしたか。彼とのデートにつなげるためには、彼にまた会いたいと思わせることが大切です。ただデートに誘うだけではメールだけで話が流れてしまう可能性も大いにあります。

デートまでこじつけたいなら、彼をイイ気分にさせて尚且つ自分の印象も強く残しておかなければいけません。そのためのメール術、是非試してみて下さい。

写真:Freedigitalphotos.net

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板