fbpx

男性を見て「コイツ、女の扱いに慣れてないな」と冷めてしまう瞬間

いくらイケメンでも、いい歳をして女の子の扱いに慣れていない男性には引いてしまうものです。

そこで女子の皆さんが一度は感じたことがある「この人、女の扱いに慣れてないな」な瞬間を取材しました。

メールや会話が一方的なとき

男女間のお付き合いにおける、はじめの一歩はメールから。至極単純なやり取りが求められるツールですが、それゆえにその男性のコミュニケーション能力を端的に見て取ることが出来ます。

「アドレス交換したその夜から、矢のようなお誘いメールを連発したタカシくん。こっちが返信してないメールにも重ねて何通も長文メールを送信されました。たぶんこの人、わかってない」(27歳/商社)

出来る男性なら、一方的にメールを送りつけてくるようなことはしません。私たちのようなデリケートな女性へメールにはもう少し気を使って欲しいものですね。

実際に会って会話するときも同じ。女性慣れしていない男性は会話が一方通行だったり、あるいは会話そのものが続かなかったりします。

「初めて二人で入った喫茶店で、廻りの人全員に聞こえるような大声で話し始めたカレ。しかも延々と自分の話ばかり。この人、ないなと思いました」(28歳/出版)

この手の男性は付き合ってもつまらないので、初期の段階でシャットアウトしましょう。

デートの行き先を決められないとき

デートの行き先を決めるという簡単な行為にも、その男性の女性経験があらわれます。

「つい最近、向こうの勢いに負けて付き合い始めた新しいカレ。待ち合わせ場所を決めるメールのやりとりだけで数十回もかかり、先が思いやられます」(27歳/医療事務)

あらあらそれは大変。そんなとき素敵にエスコートしてくれる男性が現れたらコロっといっちゃうんでしょうね。

他にはこんな報告が。

「食事に誘われたが店が決まっておらず、1時間徘徊した末にマックを食べた」(27歳/ウェブ広告代理店)

「初デートはドライブ。高速で佐野厄除大師に連れて行かれ、帰りはホテルに連れ込まれそうになった」(29歳/ショップ勤務)

優柔不断もイヤですが、ブっ飛びすぎも困ります。

エッチがチラつくと挙動る、あるいは思考停止するとき

最も経験の差が激しいのが、やはり色事に臨むときでしょう。お互いの愛情を確認する大事な行為なのですから、カレには出来るだけスマートに振る舞ってほしいもの。しかし、女性慣れしていない男性は、そんな淡い期待をことごとく裏切ってくれます。

「カレとの初デート。終電間際になったのでカレを見つめたら、急に挙動不審に。いい気分だったのに、一気に冷めました」(27歳/メーカー)

「遅くなったので初お泊まりの予感。『泊まっていこう』の一言でOKなのに、急に地蔵みたいに黙りこくったカレ。おい、固まるな!」(26歳/金融)

女性の扱いにあまり慣れすぎているのも遊んでいる感じがして不快ですが、男性には年齢相応に女性をリードしてほしいと思うのは世の女性みんなの願い。

男なら女性の扱いかたをスマートにこなし、いつも堂々としていて欲しいものですね。

写真:Freedigitalphotos.net

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?
この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板