fbpx

アラサー女子が「婚期を逃したかも」と焦りを感じた瞬間

「今のところ予定はないけど、女であるかぎり結婚はできるしね!」

そんなお気楽なことを考えて、20代の独身ライフを満喫していたはずなのに、気付けばアラサーと呼ばれる年代に突入。「いずれ結婚できる」と夢見る少女だった時代も終わり、「本当に結婚できるのだろうか?」と焦りが見え始めてきている女子もいるはず。

そこで、そんな悩みに悩むアラサー女子のみなさんに、「もしかして、婚期を逃したかも」と焦りを感じた瞬間について聞いてきました。

婚活パーティや合コンでまったく相手にされなかった

「私がいろんな男と遊んで過ごしている間に、周りの友人はどんどんと結婚。そこで急に焦りを感じて、パーティや合コンへ積極的に参加し始めたものの、20代の女子ばかりがチヤホヤされてまったく相手にされなかったとき。」(34歳/飲食店経営)

あなたたちと同じ年のときは、私だってチヤホヤされたんだから! と言いたくなる気持ちもわかります。でも、そんな過去の栄光にしがみついていても仕方ありません。現実を受け入れるしかないのです。

若いというだけでチヤホヤされていたのに、なぜか、一定の年代になった瞬間、それがピタッと無くなってしまうのですよね。でも、自分が若くなくなったんだとマイナスにとらえるのではなく、大人の女性に成長したんだなと前向きに考え、大人女子ならではのアピールポイントを上手に使いこなしてみてはどうでしょうか?

DVの不倫相手に20代の貴重な時間をすべて不倫に捧げてしまっていた

「20代から30代までの貴重な時間をすべて不倫に捧げていることに気付いたとき。不倫相手の男性はDVだったので、とはきっぱり別れたけど、残ったものは何もなく、新しい恋愛をしようという気力すらありません」(32歳/事務)

軽い気持ちで始めた不倫が何年も続いてしまったという女性の話を、筆者も至るところで聞いてきました。DVの彼氏にハマる女性同様、不倫をしてしまう女性も、いくら周りに止められようが自分が自覚しない限り、終わらせることができないのですよね。

不倫反対派の意見もあれば、それもひとつの恋愛経験という意見もありますが、20代という貴重な時間を不倫だけで終わらせるのはやっぱりもったいないですよね。

仕事一筋で真面目に働いて恋愛を後回しにしていた

「仕事一筋で真面目に働いてきた結果、役職もつき、若い男性社員の後輩ばかりに囲まれている現状に気付いたとき。ほとんどの女性社員は20代のうちに寿退社しちゃうもんね……」(29歳/IT)

昔に比べると、女性も管理職につきやすくなり、女性上司だって珍しくなくなってきました。そういった点では、働く女性にとってありがたいことではあるのですが、そうなると、20代の時期を仕事一筋で過ごしてしまう女性だって出てきます。

仕事も恋愛も両立させられると一番良いのですが、そうはなかなかうまくいかないもの。でも、たまには仕事もほどほどに、遊びや恋愛に精を出してもいいのではないでしょうか。

理想の男性像を高く持ちすぎて時間だけが過ぎていた

「年収800万以上の男性を探し求め合コンや婚活に勤しんでいた結果、今年30歳を迎えました」(30歳/広告)

年齢があがればあがるほど、理想の男性像が高くなってしまうという女性も少なくはありません。きっと、いろんな男性とお付き合いをして、恋愛経験が増えれば増えるほど、「次に付き合う男性は、もっといい男を選ばなきゃ」と理想が高くなってしまうのでしょうね。

理想を高く持つことが悪いことではありませんが、男性側にだって、理想の女性像というものがあります。自分の理想を語る前に、まずは、相手の理想に見合う女性になるための努力を怠らないようにしましょう。

「35歳を過ぎた女性が結婚する確率は○%」といった確率論を目にすることがありますが、正直、このような数字を気にする必要ってないと思います。というのも、筆者が今までに取材してきた女性の中には、アラフォーを過ぎてから初婚を迎え、やっと幸せを掴みとったと言う女性が何人もいます。

「婚期を逃したかも」と焦ってしまう瞬間はあるかもしれませんが、そこでネガティブ思考に陥ることだけはやめましょう。長い人生、いつ結婚のチャンスが巡ってくるかなんて、誰にもわからないのですからね。

 

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の決定的な違い

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板