fbpx

「結婚は人生をアップグレードするものではない!」対談ジェーン・スー×東香名子・前編

ジェーン・スー東対談
東香名子(左)/ジェーン・スー(右)

<2015年ヒット記事傑作選>

人気ラジオ番組を書籍化した「ジェーン・スー 相談は踊る」(ポプラ社・刊)が好評発売中のジェーン・スーさん。今回は編集長・東香名子との特別対談をお送りします。先輩女子として、アラサー女子のあり方について 結婚 観を熱くご指導いただきました!

結婚 するかしないか、そんなこと決めるな!

 

:ジェーンさんは「未婚のプロ」ということですが、「一生独身を貫く!」と決意した女子はどう生きていくべきでしょうか?

ジェーン:あのね、根底から質問を覆すようですが「決めない」が一番!結婚するかしないか、何でそんなの決めるの?って感じ。そんな必要まるでない。するともしないとも決めないのが一番。

:たしかに!結婚する・しないを決めるのって、すごく無意味なことかも……。

ジェーン:そう。私もよく「もう結婚しないって決めたんですよね?」って聞かれるけど、「いや、決めてないッス」と答えてますよ。ただ、子どもが欲しければ早く結婚したほうがいいですよ!日本は結婚しないと子どもが育てにくいので。

結婚 は人生をアップグレードさせるものではない!

:それでは、私や読者のように「んも-!結婚したくて仕方ない!」と発狂寸前の女子はどうすればいいんでしょうか?

ジェーン:アラサーってそんな年頃ですよね。まずは、なんで結婚したいのかよく考えてみましょう。結婚を望む女子の多くは、「結婚すれば人生をアップグレードできる!」と思ってるんですよ。それ、ダメ!

:えっ!違うんですか?結婚すれば幸せになれるんじゃないんですか?

ジェーン:結婚することで、どうして今より幸せになると思ってんの?まず、理由がない。2つの他人の家庭が一緒になるんだから、問題は倍になるはず。リスクも倍になるし。

それに「結婚して今より貧乏になったらと恥ずかしい」って思ってるでしょ。貧乏になる可能性って全然あるのよ。まず都心に住めないし、今よりいい生活なんてできるわけない!

:ええー!それは衝撃です。結婚は人生をアップグレードするものと思ってました。

ジェーン:それは違う。「学歴高い人と結婚したい」という人もいるけど、それで自分の価値が上がると思ってる?それはないと思うけど。アカの他人がなんであなたの人生をアップグレードさせなきゃいけないのよ(笑)。

:はぁ……結婚して人生のステージが1つ上がると思っていた私。目からウロコです。

ジェーン・スーが最も 結婚 したかった時期

:ジェーンさんは、アラサーのとき猛烈に結婚したくなった時期ってなかったですか?

ジェーン:ありましたよ。というか「結婚するでしょ!しなきゃダメでしょ!」と思ってた。

:今の私、まさにそうです。寝ても覚めても「結婚したい」。アラサー女子に蔓延する“結婚したい病”です。

ジェーン:「結婚できなかったらある意味、失格者」と考えていました。でも、35歳の時、どう頑張っても「結婚したくない自分」に気づいちゃったんです。やりたいことを諦めたり、相手の両親のために取り繕うとか。自分を曲げてまで結婚したくないと。

:うーん……たしかに。結婚したいがために、仕事をセーブするとか、じぶんを押し込めてモテようとするとか、苦しい時が。でも、結婚しないとある意味「人間失格」なんじゃないかって思うときもあるんです。

ジェーン:あのね、「結婚しないと一人前じゃない」「女として失格だ!」とか、自分にOKを出すために、結婚するなんて……。アンタ、そんな夢をかなえてくれる都合のいい人なんていないよ(笑)。

:はぁ、私って自分のことしか考えていませんね。(落胆)

>ジェーン・スーの愛のムチ!対談の後半戦はコチラ

 

 

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
恋愛相談はコチラ