fbpx

あなたはどっち?「文系VS理系」それぞれが発揮すべき最大の魅力が判明

文系と理系、真逆の性質を持つこの二つの分野は、それを専攻する人の性格や行動にも様々な違いをもたらすようです。

一体どちらがモテる?という質問は野暮。今回は、それぞれが発揮すべき魅力を見ていきましょう!

文系女子の魅力は「豊かさ」にアリ!

「言葉」を扱うことが専門の文系女子。また、人と接することを好み、コミュニケーション能力が高い人が多いのも特徴です。これらは、他人の心情や言葉の裏に隠された意味を察することが必要不可欠。

臨機応変にその場を盛り上げたり、そつなく会話をこなす事のできる文系女子は、潤滑油の役割を果たし、あらゆるコミュニティにおいて重宝されます。また、その読書量や語学力は一目置かれることも。

つまり、人間としての「豊かさ」が文系女子の魅力です。その高いコミュ力を存分に発揮し、好きなことはとことん突き詰めれば、皆が憧れる「ステキ女子」になれること間違いナシですね。

NGポイント:「機械オンチ」は逆効果!?

文系女子のみなさん、それはそれでカワイイのでは?と「文系だから機械オンチ」アピールをしていませんか。確かに、頼られて「仕方ないなあ」と言いながらも嬉しそうに使い方を教えてくれる男性もいますが、「それくらいググれよ・・・」と感じる人も少なくないよう。

あまりにも専門的なこと以外だったら、ある程度は自分で調べるなどして、基本的な機械の操作は自分で行った方が無難でしょう。

「クレバーで真面目」!理系女子はココをアピール

数字や機械に強い理系女子。割合的に女性は少なく、それだけでおおっ!と思わせますよね。その専門知識は重宝され、手に職を得やすくもあります。

一見「頭がいいから取っつきづらい!」と思われがちですが、話してみると気取っているところがなく、どこか天然なところが魅力的。文系に比べ、学生時代はタイトな授業や実験をこなしてきたため、真面目で熱心な人が多いのが特徴です。

理路整然としていて、一つのテーマを論議することも好きなので、男性も会話をしていて楽しいと感じることが多いようですよ。文系とは違う、豊富な知識と論理的思考で、「クールで知的な女性」というイメージもつきやすいでしょう。

NGポイント:知識の偏りがハンパない

答えのない問題が苦手な理系女子。文学や人の心理にはちょっぴり疎いようです。それゆえに、簡単な漢字が書けなかったり、悪気はないけれどハッキリものを言い過ぎるところが玉に瑕。

また、数字に敏感なため、1円まで割り勘するというケチすぎるところに引いてしまう男性もいるようです。

文系も理系も、それぞれに魅力がたっぷり。性質が真逆なため、お互いに遠い存在と思いがちです。しかし良いところは取り入れたり、興味を持ってみれば新しい発見があるかもしれませんね。

あわせて読みたい

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?
この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板