fbpx

「クリスマスなんていらない!」男のブラックな本音3つ

クリスマスを祝うカップル

クリスマス といえば女性にとっては一大イベントです。しかし、男性は本当にそう思っているのでしょうか。そこで今回は、男性の クリスマス に対する本音を集めましたので、ご紹介します。実際、 クリスマス を男性はどのように思っているのでしょうか。

「彼女がいないなら……」 クリスマス なんていらない!

「彼女がいないのに、クリスマスの時期が来ても仕方がない。なんとなく寂しく感じる自分が悔しい」(30代/公務員)

「もともとキリスト教のお祝いを日本人がお祝いするのがおかしい。しかも彼女とデートするのは全然お祝いにもなっていないし。彼女がいない状態でこれを言うと『ひがみでしょ』と言われるからこれがまた腹が立つ」(30代/経営)

彼女がいない状態で「クリスマスが楽しい」と答えた男性の回答は皆無でした。このあたりは女性にも通じるところがあるのかもしれません。

「意味がわからない!?」彼女へのプレゼント

次は、パートナーがいる男性にプレゼントについて聞いてみました。

「なんでクリスマスだからってプレゼントあげないといけないんだ?彼女も当然のようにせがんでくるし。その口論が理由でケンカして別れましたが後悔していません」(20代後半/IT)

「プレゼントはあげたい時にあげればいいんじゃないと思う。小さなものでも毎回のデートに僕は何か持っていってあげる。そういう心配りが大切だよね。でもクリスマスに特別何か買ってあげないといけないという世間のプレッシャーはちょっといやだな」(40代前半/商社)

「男性が女性にプレゼントをあげるものという文化が定着しすぎている。男性は特にプレゼントをあげたくもないのに、あげないと文句を言われるから『義務』のようになっている。男にとって、プレゼントを選ぶという行為は苦痛であることを感じ取ってほしい」(30代前半/マスコミ)

そして、多くの男性が「なんとなくイベントだから、仕方なくプレゼントしている」と回答。女性にとって楽しいプレゼント選びも、男性にとっては苦痛でしかないと感じる男性が思いのほか多いようです。

「混んでるし高い!」お金がかかるのが嫌

「ハッキリ言って、クリスマスにどこかを予約するのが面倒。どの店も混んでる上にとものすごく高いしコスパが悪いのに、ほとんど男が出さないといけない雰囲気になる。もう外食したくない」(20代後半/食品)

「どこにいっても『クリスマススペシャル~』と題してぼったくっている。すぐ年末で帰省もしないといけないのに、たった1日の為にそんな贅沢したくない」(30代後半/人事)

「彼女が全部お金出してくれるならどこでも喜んで行きますよ。例えワリカンでも普段より高いところに行きたくもないのに、行きたくない」(30代前半/総務)

「レストランって、ちょっといいところだとフランス語で書いてあったりワインの種類が色々あったり、格式ばっていて窮屈。普通の男性にはドリンクを選びづらいし居辛いのを彼女に分かってほしい。家でいいじゃん」(20代後半/デザイナー)

彼女がいたらいたで色々な思いがあるようです。

そして、「彼女がそうして欲しいって言うし世間的にそうしないといけないような気がするから渋々外食をする」と答えた男性が圧倒的多数。プレゼントや当日のディナーに喜びを感じるという男性はごく少数でした。

男性が嫌がる「クリスマスプレゼント」「外食」その裏には男性の「プレゼントを選ぶのが苦痛」「無駄な出費をしたくない」「イベントに乗せられるのが我慢ならない」という気持ちが見え隠れしました。

クリスマスシーズンに向けて、男性の心理をくみとってみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

金がかかる、寂しく感じる……クリスマスに対する男性の本音って

「クリスマスは恋人と過ごしたい!」という気持ちは女性の方が強いと判明

あわせて読みたい

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」

妥協したくない!アラサーが条件で結婚相手を選べる確実な方法って?

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板