fbpx

なぜ「元彼と復縁」しても幸せになれないの?その3つの理由

未練ある男性を振り切る女性

恋愛関連の悩みでダントツに多いのは、「 復縁 」であるように見受けられます。新規の出会いには目もくれず、元彼との 復縁 に全エネルギーを注ぐ女子のなんと多いことでしょう! 復縁 には、それだけの情熱を燃やす価値があるのでしょうか?

今回は、 復縁 後の後悔について考察したいと思います。

「 復縁 」は奇跡レベルで難しい!

人間とは、(恋愛に限らず)過去データを重要視する生き物です。いまは別れていても、過去には確かに愛し合っていた時期があったという過去データが、「もう一度向き合うことができるはず!」という、淡い期待を抱かせてしまうのでしょう。

残念なお知らせですが、過去データは大してアテにはなりません。過去には確かに愛し合っていた時期はあったが、いま現在は別れた者同士という、現在進行形の現実のほうが、圧倒的に強いです。

とは言え、奇跡が起きることが稀にあります。「焼け木杭に火がつく」ということわざがあるくらいですからね。見事、奇跡を起こし、復縁に成功したとしましょう。めでたしめでたしと思いきや、「こんなはずじゃなかった!」と、新たな悩みが生じるケースもあります。

復縁 を望んだら負け?

復縁後のお悩み第1位は、「暗黙の上下関係」が生じるケースです。本来、恋人同士は対等な立場なのですから、「上」も「下」もありません。が、それはあくまでもきれいごと!

悲しいかな、復縁を望んだ側が、「下」のポジションになりやすいです。復縁を望まれた側には、当人も自覚できていない意識として、「復縁に応じてやった」という上から目線が生じるためでしょう。

彼に望まれた 復縁 も厄介?

男性側の浮気等が原因で別れに至ったカップルが復縁した場合は、男性側が「下ポジション」になります。女性側はラクチンでしょうが、男性側には、超・やりづらい状況でしょうね。

「(浮気を)許して頂いた身」というポジションが永遠に続くかと思うと、「やっぱり別れたい」という感情が生まれるのもやむをえないかも。そして男性は、自分が下ポジションの上下関係に息苦しさを感じ、再び去っていくのです。

彼の「非」はそう簡単に改善されない

また、「非」がちっとも直っていないパターンもあります。一度別れたということは、何らかの「非」があったはずです。浮気だとか、釣った魚に餌をやらない系だったとか、金銭問題だとか。

復縁するからには、「非」は改善されていて当然!……と思いきや、1ミリも変わっていない彼に対して、落胆させられるケースです。

大ヒットした映画やドラマの続編も、一作目ほど盛り上がらないケースってけっこうありますよね。一作目を超えるって難しいです。それと同じように、かつて付き合っていた頃のラブラブを期待し過ぎると、がっかりさせられることだってあるでしょう。

以上を踏まえると、復縁に固執し過ぎず、新規の出会いにも目を向ける柔軟性って、すごく大事なのだと思います。

【関連記事】

時間のムダ!絶対に復縁してはいけない元彼の特徴5つ

徹底比較!その復縁、結婚につながる?つながらない?

あわせて読みたい

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」

たった一つの条件を捨てるだけで、みるみる理想の相手と出会える方法って?

  • この記事気に入った?
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ