fbpx

媚びすぎはNG!「セカンド女」が本命彼女に成り上がる勝負テク

カフェでくつろぐカップル

好きな彼にはいつも本命の彼女がいて、自分は浮気相手になってしまうタイプの女性っていますよね。男性は本命の彼女と別れても、 セカンド女 を繰り上げて本命にすることは少ないもの。

とはいえ、一度 セカンド女 になったらもう本命にはなれないのでしょうか?今、彼に彼女がいても、本命になるにはどうしたらいいの?

セカンド女 の成り上がりテク1:彼に媚びない

狙った男性と毎回親しくなれるということは、女性としての魅力があるはず。それなのに毎度セカンド止まりという女性にはある共通点があります。

それは「やたらと下手にでること」。狙った男に対しては「会ってくれるだけでいいの」「彼女といて、疲れた時は私が癒してあげたいの」と健気ふうな発言が多く、二股をかけられていても怒るそぶりもないのが、彼女たちと言えます。

ですが「怒らない女性がモテる」はセカンド女の恋愛には当てはまりません。男性は、キーキー怒る女性が苦手ですが、それ以上に自分のことを大事にしない女性のことも大切にできないもの。彼女持ちだとバレているからと、開き直っていつまでも二股をかけ続ける彼に対して怒りがわいたら、しっかり怒るべき。

怒るべきところで怒らないために、何となく歪んで見える人というのはいますし、怒りには自分の尊厳を守る効果があります。「勝手に好きになって相手にされないから怒ってる」なんてごまかしです。その気もないのに恋心を搾取する男性には毅然とした対応を。

思い切って「二股が続くならもう会わない」と彼に伝え、自分が本命になった女性も多いです。自分すら大事にできない女性を大事にしてくれる男性はいないと思いましょう。

セカンド女 の成り上がりテク2:自分の良さだけアピール

セカンド女

好きになった彼に彼女がいるのはよくあること。でもそのまま万年セカンド女でいるか、新しい恋人になるかをわけるのは「新鮮な魅力があるかどうか」。とはいえ「彼女と別れて」と主張することもできず、彼の顔色をうかがうばかりの女性に新鮮さを感じろというのは難しい話です。

本来は恋愛において「新鮮さ」はかなり強い武器だから、本命の彼女との仲が落ち着いた状態なら、あとから出会ったほうが有利なくらいです。

でもこのときに下手に出たり、本来のあなたではないいい子キャラを作ったりすると、本来の魅力を彼の目から隠すことにつながります。フリーの男性に近づくときは「思ったことを口にしたらダメかも」とは思わないはず。

「好きな人に彼女がいる」事実に強く縛られすぎると、自分から彼との間に不要な距離を作ることになります。結婚でもしていない限り、彼女がいるというのはただの現状に過ぎません。彼に恋人がいることにとらわれすぎず、自分のいいところを見せることだけ考えるほうが本命の座が近づきますよ。

「彼女がいるから手が届かない」と勝手に彼の価値を祭り上げて、自分は選ばれるのを待つだけ……これは「どうせこいつはセカンド」と彼に思わせる原因になります。

謙虚と卑屈は別。セカンドになりたくない人ほどガンガン素を出し、今の彼女にない新鮮さを出すのが本命への近道です。

【関連記事】

都合のいい女からスパっと抜け出して本命彼女になる方法

今度は一番になりたい!「セカンド女」と相性ぴったりな男性って?

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板