お見合い結婚のメリットとデメリットと成功させる秘訣

現代の夫婦の多くはお見合い結婚ではなく、恋愛結婚が主流です。しかし、恋愛結婚の離婚率が40%なことに比べて、お見合い結婚の離婚率はわずか10%。そんな事実からか、再びお見合い結婚が注目されています。このチェックリストでお見合い結婚をすべきかすべきではないか、診断してみましょう。

「やっぱ運命の出会いをしたい」、「相手を好きになれるか不安……」などという理由から、お見合いを敬遠している女性も少なくないはず。

とはいえ、頭ではわかっているけれど、「お見合いはな~」「そこまで出会いに困ってないし……」なんて考えているそこのあなた。お見合い結婚のメリット・デメリットを考え、チェックリストであなたがお見合い結婚に向いているかどうか考えてみましょう。

お見合い結婚のデメリット

1.お見合い結婚だとロマンチックに欠ける

お見合い結婚

「愛情のない結婚なんていや!」「少しはときめきを感じたい」と思っている女性も多いはず。どんなに好条件の相手だとしても、好きだと思える部分が1つもないのでは、一緒に暮らしていくのも苦痛ですよね。

実際、昔の「家族から強制させられてするお見合い」は、家同士の関係があるために断れないことが多かったのですが、現代のお見合いはそうではありません。

結婚相談所を利用したお見合いであれば、いくらお断りをしても問題はないですし、知人の紹介であっても、破断になることは仕方ないと考えている人も多いものなのです。

1度会ってみて、どうしてもときめく部分がないと感じたら、丁寧にお断りをすれば、相手や仲人さんからも分かってもらえるはずですよ。

2.結婚後に相手を本当に好きになれるか不安……

恋愛結婚が一般的ないま、「お見合いは恋愛に消極的な人のためのものでしょ」「大恋愛したうえで結婚したい」こんなイメージがありますよね……ところがこれ、将来の選択肢を狭めてしまっているかもしれません。

お見合い結婚は、普通の恋愛結婚よりも結婚へのスピードが短いですが、一度好きになれれば結婚生活においてのラブラブ期間は長くなります。

お見合い写真や釣書で、顔や年収などのある程度の条件は判断できますし、性格は1~3回くらい会えば判断できるでしょう。

お見合いの悪いイメージをなくして、モテる人こそお見合いをしてみると、新たなる発見があるかもしれませんよ。

3.お見合い結婚したことを周囲に報告しづらい……

今でもお見合い結婚に対する世間の偏見があるかもしれません。偏見を持っている人にはお見合い結婚であることを明かさないという判断も必要かもしれませんね。

4.お見合い結婚はお金がかかる……

どんな婚活サービスを利用するのかによってかかる予算は変わってきます。信用できる男性を紹介して欲しいなら、それなりのお金がかかることは覚悟する必要があるでしょう。

でも、自然恋愛でもデート代がかかったり、旅行に行けばお金もかかります。二人の愛を育むためにお金はかかることは仕方のないことですね。

一概に結婚に至るまでのコストを自然恋愛からの結婚とお見合い結婚で比較することはできないかもしれません。

お見合い結婚の5大メリット

1.面倒な恋の駆け引きが必要ない

恋愛経験が少ない人や、不器用な人にとって「恋の駆け引き」は大きなストレス。駆け引きに失敗して空回りが続くうちに、恋愛自体に消極的になってしまうケースも珍しくありません。

対して、お見合いの場合は最初から結婚を目的として出会うので、相手の心中を探ったりなどの駆け引きは必要ありません。気楽かつ前向きな姿勢で相手と向き合える分、人によっては恋愛以上に良い関係性を築ける場合もあります。

そのため、恋愛結婚にありがちな、お互いの結婚願望の探り合いによる時間浪費は確実に回避できます。結婚に対する価値観の話もしやすいので「子どもは何人欲しい」などの人生プランも早めに共有できるはずです。

2.見た目や恋愛力より、育ちや人柄で評価される

お見合いでは仲人さんがお互いの家庭環境まである程度理解してセッティングをします。

当然、お相手も自分の望むぐらいの家庭環境で育った「育ちのいい」人である可能性が大。

礼儀作法やマナーが身についているのは大人として魅力です。

また、恋愛では「気取った敷居の高い女性」という印象を与えてしまいかねない自分自身のマナーの良し悪しも、結婚を目的としたお見合いではストレートに評価されることが多くなります。

外見や会話力にコンプレックスがあり恋愛に消極的だったという女性も、お見合いではスムーズに話が進んだという話も多いようです。

3.結婚後も本格的な恋愛が楽しめる

結婚までが早いお見合いはドラマ性に欠ける印象がありますが、実は恋愛結婚よりも結婚生活が充実しやすいと言われています。

恋愛結婚は一番盛り上がった時期を通り過ぎて一緒に生活を始めます。しかし、お見合い結婚の場合、お互いを知って恋愛関係を築くのは大部分が「結婚後」です。

結婚してから互いのことを深く知り合い、恋愛関係も現在進行形で育むという楽しみが残っているのです。

つまり「毎日ドキドキできる」という夢のような結婚生活は、お見合い結婚で十分実現できるのです。

4.安定した経済力の男性を選びやすい

結婚相手は一生を共にしますので、いくつかの条件を掲げて選ぶことは大切です。

しかし、結婚相手に対する条件が上がっていきがちな女性だと、年齢と反比例するかのように結婚したい条件の男性が少なくなってしまいます。

そんな結婚相手に求める条件が多くなってしまった女性におすすめなのが、お見合い結婚です。お見合い結婚の場合はまず条件から相手を見るので、いざ結婚生活が始まってから「生活が苦しい」ということはまずありません。

むしろ、恋愛よりも理性的に相手を選んでいるため、結婚した時点である程度の生活レベルが保証されているといえるでしょう。

つまり情熱的な愛情よりも、条件を重視する女性はお見合い結婚が一番、効率の良い婚活方法なのです。

大恋愛を経ての結婚も素敵ですが、生活が苦しければ相手を思いやる余裕も無くなってしまいます。

そういう意味でも、結婚において生活レベルの保証は大切といえます。

5.スピーディーな結婚ができる

お見合いのメリット、それはすばり、手っ取り早く結婚ができるということです。

一般的にお見合いから3ヶ月以内に返事をするのがマナーとされていますので、お互いの条件をじっくり検討した上でスピーディな結婚につながります。

この他にも、お見合い結婚は恋愛結婚よりも離婚率が低いというメリットがあります。

恋愛結婚で気持ちが一番盛り上がるのは、一般的にはまさしく結婚した瞬間です。もしくは結婚前にふたりの気持ちは既にピークを迎えています。

それに対してお見合い結婚はお互いをまだよく知らないため、結婚したあとに相手を知り、気持ちを育てていくことになります。

恋愛の勢いや長くつきあった責任として結婚するよりは、「お互い家庭を築いていこう」という建設的な気持ちも強くなるのかもしれません。

また、恋愛結婚ではお互いの年収や家族のことまで突き詰めて話し合わない場合もあるため、結婚してから「こんなはずじゃなかった!」というケースも多くあります。

実は借金があったとか親戚に問題のある人がいたとか……

その点お見合い結婚は身元や条件が保証されているため、そういったショックが少ないのです。

お見合い結婚に抵抗ありますか?

独身女性100人が抱くお見合い結婚のイメージ

【質問】
お見合いに抵抗はありますか?

【回答数】
Yes:55
No:45
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・独身女性
■調査期間:2014年10月16日~10月23日
■有効回答数:100人

実際に世の中の女性はお見合いに対してどのようなイメージがあるのでしょうか?

その実態を知るためにアンケートを取ってみました。

お見合いに抵抗がある方は半数以上で、結婚前提で初対面の相手と話をすることや、お見合い独特の雰囲気の固さに抵抗がある方が多いようです。また、自分の家柄や世間体を気にしている意見もありました。

「家柄が良いわけでもないので、年齢を考えてするなら抵抗はある。どんなに勧められてもしない。」

「全く知らない人と、初対面であれやこれや会話をしないといけないので。これも出会いの一つかもしれませんが……」

「お見合いしないと相手が見つからなかったんだ、っていう目で見られると嫌だから。」

結婚前提で話をしたり、初対面でお互いのことを知るために会話をするというお見合いは、どうしても堅苦しさが拭えないようですし、家柄のよい者同士がお見合いをしたり、結婚前提で出会うといった昔ながらのイメージが強いことが伺えます。

合コンや街コン、出会い系サイトとは違って、気軽に出会える場ではないということが、抵抗を感じやすい大きな要因なのかもしれません。

お見合い結婚向き?恋愛結婚向き?診断チェック10項目

□ check.1 自分はアラサーだ
□ check.2 「出会いがない」が口癖
□ check.3 いい人がいれば今すぐ結婚してもいい
□ check.4 一度結婚寸前まで行った彼がいた
□ check.5 相手の収入は重要な条件
□ check.6 結婚をしてもラブラブでいたい
□ check.7 とにかく浮気しない人がいい
□ check.8 見た目もある程度好みでないと嫌
□ check.9 今まで多くの男性と付き合ってきた
□ check.10 ほかの人よりはモテると思う

「5つ」以上当てはまったら、即お見合いをすべきかも?

このチェック項目で5つ以上当てはまった、という人は、上司や知人に今すぐお見合いのセッティングを依頼しましょう。

特に「今まで多くの男性と付き合ってきた」「ほかの人よりモテる」という項目にチェックの入った女性は「なんで私が?」と疑問に思うかもしれません。

しかし、そんな男性からのお誘いが多かった女性ほど、お見合いをすべきなのです!

なぜなら、多くの男性からアプローチされればされるほど、結婚相手に対するハードルが上がってしまう人が多いため。すると、結婚相手を条件ばかりで選んでしまいがちになってしまうこともあるのです。

お見合い結婚を成功させる秘訣

最初のきっかけはそれほど恋愛感情がなくてもあとで盛り上がる可能性もありますよね。

しょせん、恋愛ホルモンの賞味期限は3年と割り切ってお見合いする

人間の脳は、不思議なもので、恋愛をし続けていくと、その快感に慣れ脳が麻痺し始めます。恋愛初期の頃は、脳内にアドレナリンや、ドーパミンなどの興奮物質が溢れます。

しかし、体は興奮ばかりしているとストレスが溜まるので、抗体が出来てしまうのです。どんなに好きだと思っている人と結婚しても3年も一緒にいれば、恋愛感情は薄れ、家族になります。それはどんな人と付き合っても同じこと。「恋愛結婚すれば上手くいく」とは限らない理由は、ここにあるようです。

価値観が一緒ならやっていけると期待をする

全く恋愛感情が無い人と結婚したとしても、その人と価値観が合えば楽しくやっていけます。趣味や、行動パターン、考え方に大きな差がなければ、お互いに理解も早く、ストレスの無い生活を送ることができるはずです。

好きな人と一緒に結婚をすると、好きだから我慢しよう、好きだから嫌われたくないという感情が生まれストレスになります。好きじゃない人なら、人生のパートナーとして友人のような関係を築いていくことができるかもしれませんね。

自分の価値観を基準に良縁をみつける

価値観が似ている人なら上手くいくとお話ししましたが、具体的にどのような価値観にポイントを置いて結婚をしたら良いのでしょうか。それは、自分の幸せの価値観を考えることから始めます。

ある人は、お金があれば幸せと思う人もいるでしょう。ある人は、子供を育てることに力を注ぎたいという人もいます。ある人は仕事を生涯していたいと思う人もいるでしょう。

自分の生きる上での幸せの形を見つけることで、おのずと結婚する相手と合せていく価値観を見つける事ができます。

いくらお見合いでも愛に生きることを誓う

それぞれの価値観の中でも、生涯愛に生きたい!愛することが自分の幸せなのだと感じる人は、好きな人と結婚した方が良いでしょう。

他の価値観は、ある程度色々な人に合わせることが出来るもの。でも、愛を幸せの価値観としている人は、自分の好きな人であればどんなに貧乏でも、どんなに辛くても乗り越えていけると考えます。

そして乗り越えることが自分の幸せに繋がるのです。

こういう女性の場合、妥協して結婚をすると後に後悔し、離婚する可能性があります。自分が惚れ込んだ愛する人と一緒になることが一番オススメです。

繰り返しになりますが、恋愛結婚であってもお見合い結婚であっても、幸せな結婚には愛が必要です。

ですが、愛だけでは結婚はうまくいかないケースも多々あります。そして恋は落ちるものですが、愛は育てるものです。お見合い結婚でも愛を育てることは十分可能ですよ。

もし出会いがないのであればこの機会にお見合いも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

成功者に訊くお見合い体験談

最後は成功者の声を訊いてみましょう。

これを見て自分に合いそうと思ったら、今すぐGOしましょう!

料理をテーマにするお見合いパーティで知り合った

「料理を習いたい気持ち半分、出会いを求める気持ち半分で、受講者の3割が男性の料理教室を探しました。

そこで出会ったのが今の夫。彼がソースが入ったボウルをガラーンと落としてしまったとき、『ごめんなさい!服大丈夫?』って真っ先に周りに気を使っていたのが印象的だったんです。

予想できないハプニングで一瞬素の表情が見えるのが料理教室の良いところ。その分自分も見られてるハズなので注意が必要ですけど」(主婦/35歳)

調理、盛り付け、テーブルセッティング、食事、片づけまでの共同作業で、自然に仲良くなれる確率は大。

相手の性格もチェックできて、「SNSで100回やり取りするより、一度一緒に料理する方が密度が濃い」と人気の婚活スポットになっているそうです。

セレブが集まるお見合いパーティーで出会った

「実は前の彼氏も今の旦那もお見合いパーティーでゲット。最初は緊張しますが、慣れれば楽なのでオススメです。

色んな職種の男性と一度に話が出来る機会なんて日常にはないので、積極的に参加していれば絶対良い人が見つかると思って頑張りました」(主婦/29歳)

目立たない黒系より華やかな色の服を選ぶなど、大人数の中で印象に残るようなオシャレをしていくことがポイントなのだとか。

またエグゼクティブを狙いたい人は会費を奮発して大手サービスに登録するのも手ですが、一般のお見合いパーティーにも医者や弁護士と遭遇するチャンスはあるみたい。

「最初から医者狙いの女性は嫌だからと、一般のお見合いパーティーにガンガン出てるヤツも結構います」(内科医/35歳/男性)とのこと。

 

いま結婚相手に望む「絶対に譲れない条件」は?ルックス?収入?体の相性?

 

よかったら「いいね!」を押してください
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ