「ご縁」ってこういうこと!サクッと結婚が決まる4つのパターン

ちょっと前まで結婚の「け」の字もなかった友人がサクッと結婚した、「別に今のままでいいや」と結婚はしなそうだったカップルが急に結婚した……。なんてケースを見たことありませんか?

そして、その結婚は必ずしも「運命の人!今までで一番大好き!!」的な盛り上がりの末ではないことも。でも、なんだかとても幸せそう……。そんなカップルの結婚の決め手はなんだったのでしょうか?

失恋直後の「今までとタイプの違う女」

さんざん遊んでいた男友だちが、彼女と別れたと思ったらタイプの全く違う女性とサクッと結婚した……というケースを見た事はありませんか?

これはモテる男性に多い傾向です。今までモテモテで引く手数多だった男性が、手ひどい失恋をきっかけに失恋直後に強い押しをかけてきた女性にころっと落ちてしまうケースは少なくありません。

今までの彼の理想と違えば違うほど、「実は俺にはこういう女が合っているのかな?今まで自分でも気づかなかった」→「これは運命かも」→プロポーズ というルートをたどって電撃結婚したモテ男は案外多いのです。

今のあなたにとって高嶺の花の彼でも、タイミングを見極めてアプローチすれば、あなたが彼の運命の女になれるかもしれません。

シンプルに機が熟した

身もふたもないけれど、いつかは結婚しようと思っている男性も、その「いつか」は今だと実感しなければ、結婚に踏み切る事はありません。

結婚相手と、生涯で一番好きだった相手が同じ人になるとも限らないのです。自身が結婚を意識したときに、たまたまそばにいた相手と結ばれるケースは多いもの。

「世界一私を愛してくれる人じゃないと幸せになれない!」と思う人も多いですが、結婚してから深まる愛情もあります。さらに、男性が気が済むまで独身生活を楽しんだあとの結婚は、結婚してからの浮気率を低くする傾向も。

「これって彼のタイミングがいいだけだよね……」というプロポーズにも乗ってみるのも案外悪くないはずです。

環境に押された

平和だけどダラダラとした付き合い、いわゆる「長い春」状態のカップルほど、結婚へのタイミングを見失いがちです。こんな時に二人の背中を押してくれるのは、気持ちの盛り上がりではなく、家の更新や転勤などの環境の変化であることも。

ただ恋人同士でいるだけでも楽しく、結婚しなくても今は困らない……そんな状況であるほど「そんなに仲がいいのにどうして結婚しないの」と他人に言われることも増えてしまいます。

このようにきっかけがないだけで、いつかは結婚してもいいとお互いが何となく考えていれば、環境の変化に押された結婚だとしても幸せになれる確率は高いと言えます。

ただし、物理的な後押しが欲しい場合も、授かり婚をわざと計画するのはややリスクの高い行為。「追い込まれた」ではなく「いい機会だった」と思わせるのが大切です。

ほかの異性が現れた

「長い春」を終わらせるもう一つのケースは、ほかの異性の出現。安定した付き合いのカップルにほかの異性が現れても、奪われて終わりのケースばかりではありません。彼女がほかの男に口説かれている!

→今まで『結婚しよう』とも言わずにダラダラ待たせてきた→今プロポーズしなければ捨てられる!という焦りが原動力になり、彼からプロポーズされるケースだってあるのです。

実際、彼に待たされ続けている中、新しく現れた男性が積極的なので、「もしこのまま結婚できないなら別れよう……。」という決意を胸に彼に会いにいき、別れを切り出そうとしたらその場で指輪を出されプロポーズされたという人もいます。

嫉妬をさせるためにかませ犬のような異性の存在を見せつけるのはオススメしませんが、もしほかの積極的な男性に心が揺れたなら、現在の恋人にひた隠しにする強さはかえって損になってしまうかも知れません。

「今までの誰より好き」とか、「結婚相手として申し分なくハイスペック!」ではなくても、ちょっとのきっかけで結婚がすっと決まることはあります。

自分や彼の理想のままではなくても、うまくつながるべき縁というのは、やはり存在すると言えそうです。

この記事どうだった?
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ

    【男性限定】彼女と別れた理由は何?

    アンケート結果だけをみる

    読み込み中 ... 読み込み中 ...

    月間リアクション数ランキング

    閉じる