fbpx

タラレバ婚活「あの時・あの人と・結婚すれば良かった!」

当時の自分にとっては「別れて正解」だったはずなのに、後になって後悔するなんてことは誰にでもあります。今回は女子たちが「どうしてあの人と結婚しなかったんだろう」と悔やむ瞬間をいくつかご紹介します。

彼が出世した時

若いうちは誰が出世するかどうかなんて分からないものです。なので付き合っている時のステータスや年収で彼を判断してしまいます。

女性にとって結婚する上での彼の給料は、一番気になる所です。下っ端の安月給でデートも割り勘……なんていう彼を目の当たりにしてしまうと、将来にも不安が出てきてしまいますよね。

ですが、歳を重ねればそんな彼も社会人としてどんどん成長していき、予想だにしなかった出世を果たす事もあります。そんな彼を見たら「なんで結婚しなかったんだろう!?」と後悔の嵐がやってきます。

独身の状態で30代を迎えた時

若いうちは簡単に付き合って別れて……を繰り返してしまいます。なぜなら男性との出会いはたくさんありますし、根拠のない自信もあるからです。ですがそんな感じで年月が過ぎていくと、出会いの数は変わっていないのに漠然とした不安が襲ってくるのです。

また、30代になると仕事や人間関係もある程度安定するので、何もわからないままに突っ走った20代の頃より周りを見る余裕ができます。いつの間にか友だちが結婚している、自分はこのまま20代の頃と同じように時間が過ぎていくのではないか。そんな不安から「あの時、あの人と結婚していればよかった!」という後悔が生まれるのです。

今の彼と上手くいっていない時

付き合ったばかりの彼氏と何かと噛みあわない時、この人とは結婚できないなと思った時にふと元彼と比較してしまう人は結構多いそうです。元彼は時間の経過によってかなり美化されているので、どうやっても「あの人はよかったな」と感じてしまうもの。

「あの人ならこうしてくれた」「あの人とならこんなケンカしない」そうやってぐるぐる考えているうちに、なぜあの人と別れてしまったんだろう?という疑問が大きくなってしまうのです。

とはいえ、こうした理由の場合は一過性のものなので、彼と仲直りした途端に気にならなくなったりするようです。

一番愛してくれたのは彼だったと気づいた時

長年付き合うとお互いの恋愛感情は薄れていき、本当に彼は自分を愛してくれているのかと疑問が生まれる事があります。その疑問を解決できずに別れてしまい、その後何人かと付き合っていく中で、「あの人くらい自分を好きになってくれる人はいないかも」と気づいた時、結婚せずに別れを選んだことに対して悲しい後悔が生まれます。

なんといっても女性にとって結婚でとても重要な事は「どれだけ自分を愛してくれるか」ということですものね。

結婚したい人、恋愛したい人ってちょっと違ったりしますよね。結婚したら幸せになるだろうなと思えるような相手と早くに出会った人などは、「もっといい出会いがあるかも!」とせっかくのご縁を手放してしまうこともちらほら。

後悔してからでも遅くはありません。あの人でないと結婚したくない、と思うくらいなのであれば復縁を視野に入れて努力するのもアリですよ。

あわせて読みたい

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」

妥協したくない!アラサーが条件で結婚相手を選べる確実な方法って?

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板