fbpx

小悪魔ぶるのはNG!「ありのまま女子」がトクする理由

どこか読み切れないところがあったり、つかみ所のなさが男を惹きつける小悪魔ちゃん。でも男性の中には、謎めいた女性に振り回される刺激よりも ありのまま の素直な女性との穏やかな交際を求める人だっています。

「わかりやすい女なんて飽きられない?」そんな心配をする前に、 ありのまま の自分でいるメリットをチェックしてみませんか?

自分と相性のいい人に出会いやすい

どんな層にもウケがいい「モテ女」を目指すのははっきり言って無理。

例えば気が強い、男っぽい趣味が好き、などの一般的なモテには不向きそうな面も「むしろそれが好き」という人が一定数存在します。

「素」を隠さなければ自分を好きになってくれる人と付き合えるのに、モテ女を目指してミステリアスさを演出したり、可愛い子やいい女キャラを演じてしまうと、自分の本来のよさが消えてしまいます。

相性の良い人の目に自然に止まるためには、わかりやすさは絶対必要。一般的にどんな女が恋愛市場で人気かはさておいて、本当の自分にあった人と恋愛がしたいなら、小細工しない勇気も必要なんです。

出会いの間口が広くなる

感じたことや自分の趣味、考え方などを素直に表現していれば、気の合う人から「自分に似ているな、合いそうだな」と感じてもらいやすくなります。男性から見ても、何を考えているかわからない女よりも、話しかけるためのハードルが大幅に下がるから、出会いの間口も広がります。

男から恋愛対象として見られるためのルールは、「先天的な要素は似ていない方が、後天的な要素は似ていた方がよい」というもの。先天的な要素、つまり性別を初め、外見などは男との違いが光っていて、趣味や考え方などの後天的な部分は似ている人が恋愛対象になりやすいのです。

つまり「見た目は女らしく、中身は自分らしく」が間口を広げつつ、友だちどまりにならない秘訣と言えそう。

ありのまま でいると人に好かれやすくなる

男性が女性の何を見て「可愛い」と思うかはそれぞれですが、笑顔や優しさなどの鉄板ネタ以外に「何かに夢中になっているところ」「気を抜いた瞬間」などの素のリアクションにキュンとくる男性って多いんです。

異性として意識した相手に素の姿を見せるのをためらう人も多いですが、何が魅力的かを決めるのは相手次第。他人の目を過剰に意識するのをやめることで抜けが出て、かえって「こんな面もあるんだ」と新鮮さを感じてもらえることも多いもの。

気配りしない、だらしなくするという意味ではなく「ホントの自分で接して、好かれないならそれはそれ」くらいのリラックス感をもって相手に接するのも大事なことかもしれません。

天然の小悪魔ちゃんには、演出では決して勝てません。そのままのあなたを好きになってくれる人を引き寄せてください!

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の決定的な違い

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板