fbpx

会社だって巻き込む 浮気男への仕返し・復讐する方法10選

もし、信じていた彼に浮気 をされたら、きっとハラワタが煮えくり返るくらい怒りがこみあげてくるのではないでしょうか。

浮気 が発覚した時に、彼を罵倒したり部屋の中の物をまとめてめちゃくちゃにしたり……大暴れした、なんて女性の話もよく聞きます。

しかし、怒りに身を任せてヒステリックになっても、 浮気 男は「めんどくさい女」だな、別れて正解!と開き直るだけ。

自分が付けられたキズと同じくらいのキズをつけるためには、もっと効果的な方法があるらしいのです。

今回は、そんな 浮気された男への一撃を与える復讐方法をまとめてみました。

浮気への復讐1「証拠写真を会社に送る」

「彼が浮気をしているのでは?と疑っていたので、ある日アポなしで家へ突撃してみることに。案の定、素っ裸で仲良くお楽しみ中だった彼と、彼と同じ会社の女を発見。

私に気づき、慌てて布団に隠れようとした2人でしたが、スマホでしっかりその姿を連写しました。その写真を後日、2人の会社に送ったところ、会社に居ずらくなって2人とも会社を辞めたらしいです」(32歳/受付)

浮気の復讐に、証拠写真は必須アイテム。会社に送り付けるだけでなく、問い詰めるときに有利に立てるので、まとめて用意しておいた方がいいかもしれませんね。

浮気への復讐2「グループLINEに誤送信」

「同い年の彼と付き合っていたころのこと。友だちから『アナタの彼、浮気してるよ!』と街中でキスをしている写真が送られてきました。浮気相手は、なんと仲が良くいつも遊んでいたメンバーの一人。

私は、二人も参加しているグループLINEに誤送信のフリをしてわざとその写真を送信しました。『ごめん、送るところを間違えた……』と謝りましたが、みんなの怒りの矛先はその二人にいき、かなりキツく責められていました」(30歳/編集)

LINEなどのSNSも使えるツールなのだそう。今はなんでもすぐに拡散ができる時代なので、彼の悪事を晒そうと思えば、すぐにできそうです。これまでのうっぷんもまとめて晴らしてしまいましょう。

浮気への復讐3「ベッドテクをけなす」

「彼の浮気が発覚し、大好きだったのに一瞬で大嫌いになりました。
そこで、別れ際に『今までヤった人の中で、一番下手だったよ。いつも演技が大変だったから、浮気相手の子も苦労してるかもね』と吐き捨てると、それ以来勃たなくなったらしく、その浮気相手ともほどなくして別れたそうです」(27歳/営業)

男性が一番精神的ダメージを受けるのは、性のネタなのだそう。特に「下手くそ」「小さいよね」と言われるとひどく傷つくみたいですよ。1ミリも「かわいそう」という気持ちがなければ、最もキズを負わせることが可能なセリフです。

浮気への復讐4「一度は許して突き放す」

「私が浮気された時、彼は『二度と浮気しないから許してくれ』と懇願してきました。

そこでまず『やり直したいなら浮気相手と別れろ』と言ってその場で別れさせ、ヨリを戻して数か月普通に付き合った後、『やっぱりあの時の浮気が原因で、好きという気持ちが冷めた』といって振りました。

かなりすがりつかれましたが、浮気をされた時点でとっくに気持ちが冷めていたのでいい気味でしたね」(30歳/事務)

許したフリをして、浮気相手と別れさせ、やり直せるかと思わせておいて捨てるというテクニック。浮気をした彼は、二人の女性まとめてを失うことになるので、こちらとしてはかなりせいせいしそうです。

浮気 への復讐5「無言で立ち去る」

「同棲していた彼に浮気をされました。それに気づいた瞬間、全てどうでもよくなり、その日のうちに荷物をすべてまとめて家を出ました。

『浮気をする男はゴキブリよりゲスいので無理です』とだけ置き手紙を残して(笑)。

彼は、仕事から帰ってきて私がいないことに気づき、必死に連絡をしてきましたが一切返信をしませんでした。『遊びのつもりだった』『本当に大切にしたいのはお前』『後悔している』と100通以上もLINEを送ってきましたが、すべて既読スルー。

別れて1年以上経ちますが、未だに彼女もできていないそうです」(31歳/サービス)

浮気をした男性なんかに、有無を言う権利はありません。やり直しを望む相手を、絶対に許さないというのが一番の復讐なのかもしれません。

浮気への復讐6「『私が悪い』と反省する」

「浮気をされて、ただ別れるだけではダメージが少ないな、と思ったので『私に至らない点があった、浮気をされたのは私のせいだよ』と伝え、彼を責めることは一切しませんでした。

けれど『浮気をされたことには傷ついたから、別れたい』というと、彼は『お前のせいじゃない』『お前以上に良い女はいない』といって泣いてすがってきました。もちろん一切聞きませんでしたけどね。

私に別の彼氏ができてもなお言い寄ってきますが、このつかず離れずな態度で一生不毛な恋をさせてやろうと思います」(29歳/金融)

相手の浮気を「自分にも非があった」という“出来た女性”を演出するこの方法。相手や周りからの評価もまとめてあがりますし、なんといっても一生後悔させることができますね。 

浮気 への復讐7「彼のコレクションにいたずら」

「私は、彼がとっても大切にしていたガ〇ダムのフィギュアやグッズを全部黒いペンキで塗ってやりました。

家に帰ってきた彼は顔面蒼白し、声も出ないくらいのショックをうけていましたけどね。これくらいの制裁は妥当なのではないでしょうか」(33歳/営業)

男性は女性よりもコレクションをしたがる生き物。誰しも、何か一つは大切にしているものがあるのではないでしょうか。

それを見るも無残な姿にされれば、男性はかなりのダメージを受けること間違いなし。

浮気 への復讐8「部屋の趣向を変える」

浮気

「自分の部屋に女連れ込んで浮気をしていた元彼。私は、浮気をするような奴とは付き合っていけないと思い、浮気相手に彼をあっさり献上しました。

しかし、何の爪あとも残さず引き下がるのはシャクだったので、彼の家のカーテンやマット、ベッドカバーまですべてキ〇ィちゃん柄に変えてやりました(笑)。

元々のものは全部捨ててやったので、しばらくその部屋で過ごしたのかと考えるとかなり笑えますよね」(29歳/アパレル)

“復讐”といえばブラックなイメージがありますが、これはかなりユーモアのある復讐。別れたとしても、「あいつ面白いやつだったな……」と印象に残り、復縁を迫られそうです。

浮気 への復讐9「窓を開けて砂糖をまく」

「夏場にオススメの技なのですが、彼の部屋の外から窓や玄関を通って、部屋の中まで砂糖を少しずつ撒いておきました。

粉のままだと目立つし風で飛ばされてしまうので、少し水をかけながらやるのがいいと思います。

しばらくすると、アリや虫がまとめてわんさか部屋の中へ集まってきますよ」(32歳/広告)

暖かい季節なら、甘い匂いに誘われて虫たちがわんさか侵入してくると思います。特に、虫嫌いな男性にしたい復讐ですね。

浮気 への復讐10「名刺に落書きをする」

「営業職だった彼。浮気をされてかなりムカついたのですが、普通に仕返しをしたのでは腹の虫がおさまらない。

そう家で考えていた時、テーブルの上に名刺のストックがたくさんあったので、その一枚一枚の名前の上に『ド変態の』と付け加えておきました。仕事で恥ずかしい思いをすればいい!」(30歳/公務員)

名刺を差し出した際、かなり恥ずかしい思いをするこの復讐。何も知らない彼が、大切な商談の場にそんな名刺を出したら……かなり赤っ恥をかき、浮気を後悔しそう。

浮気はかなりキズが付けられるもの。たしかにその分何かまとめて仕返しをしてやりたくなりますが、復讐というものは何も良いものを生みません。

すっきりしたいのであれば、後々思い出してクスッと笑える程度のものにしておくことをオススメします。

※不倫に悩むんでいる人は、こちらの不倫研究所の記事がオススメです。

  • ふりんしている男性が離婚を決意した心理
  • 略奪愛を成功させる13のルール
  • 不倫に関するコラムはここ

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板