fbpx

「30歳までに結婚」vs「30歳過ぎて結婚」どっちが幸せ?

30歳がそろそろ見えてくる頃、多くの人は 結婚 について本気に考え始めます。「 30歳までに結婚 」派、もしくは「30歳すぎて、仕事も落ち着いてから 結婚 を考え始めたい」派、大きく分けてふたつにわかれると思います。

結局どちらがいいの?ここで両派の言い分を比較検討してみましょう。あなたの今後の身の振り方にぜひともお役に立てたら幸いです!

「 30歳までに結婚 」派の主張

30歳までに結婚

女の価値は若さ。結婚って若い時にするもの

「若ければどんなウェディングドレスでもOKだし、若いママになりたいし……」

人生に疲れる前に純白のドレスを身に纏いたいという気持ちはよくわかります。最近はママでもみんなお洒落ですからね。「若いおばあちゃんになりたい」なんて言う人もいて、なんだか感心してしまいます。きっとお孫さんが喜ぶでしょう。

私の夢はズバリお嫁さん!

「一日でも早く結婚して、いい奥さんになりたい…!」

この夢の明暗は、相手のひととなりにもかかっていますので、自分の願いの強さだけでは幸せになれないということを念頭に置いておいた方がいいですね。

子供を産みたい。できればたくさん

これが一番切実かもしれません。40歳すぎて何の問題もなくたくさん産んでいる人もいますが、こればかりは産もうとしてみないとわかりません。

子供のいる家庭があなたの将来イメージの基本舞台になっているなら、いつまでも結婚をさきのばしにすることはおすすめできません。

結婚前提の彼にふられた

「将来の細かいことまで語り合った彼に、振られてしまった……」

ものすごくぞっこんだった彼に振られた辛さとヤケで、次に知りあった男性とスピード結婚してしまう女性ってけっこういます。ふられてそこなわれた自分の価値を確かめたい、なんていう気持ちが見え隠れしているかも。

現状から逃げたい

「今の仕事を辞めたいから」「実家から出たいから」

本音を探るとこのような理由が少なからず出てきます。この理由から結婚を急ぐのは大変危険。結婚を逃げ道にすると将来、今よりもっとつらい日々が待ち受けることになります。

早く一人前になりたい

「家庭を持つことで、世の中から一人前と認められたい。そうすれば仕事にも奮起できる……」

これは男性がよく思うことのようですね。

「 30歳過ぎて結婚 」派の主張

まだ責任を負いたくない

「まだまだ気分はハタチ(笑)。結婚って、いろいろめんどくさそう……」「まだ当分、自分のためだけに時間とお金を使いたい」

やっと自由の身になれたのに、すぐまた縛られたいって思う人の気が知れないという意見も。

いつでもできるから慌てることはない

慌てても仕方ないですもんね。結婚は若い人だけがするものではありません。でもいつでもできるって、本当ですか!?今はモテモテだったとしても、その状況が30歳過ぎても続くとは限りません。

まだ仕事やしたいことに専念していたい

「今は仕事が忙しいからあと3年ぐらいしたら……」「あと1年待てば出世できるから」

物事に誠実な人柄の現れだと思います。しかし、仕事・人生・結婚はすべて同時進行で続けるものです。自分で区切りをつけていかないと次のステップへ踏み込めなくなってしまうかも……。

相手がいない

「自分の条件に合う相手がいない」「いい男がいない」

たしかに相手がいなくては結婚できません。でも相手は待っていれば白馬に乗ってやってきてくれるというわけでもありません。少なくとも自分の行動範囲を広げるなどの努力も必要です。

自信がない

すべてのことに対してオクテな人の言い訳です。こういう人はたいてい、なにをやっても、またやろうとしても、自信がありません。でも自信って必要でしょうか?自信がつくまで結婚しないとして「結婚できる自信」ってなんなのでしょうか?

自信とは後からついてくるもの。先立ってはないに決まってますし、だから、はじめる時にはなくていいんです。

あなたは早い 結婚 に向いているのか!?チェックポイント

30歳過ぎて結婚では、あなたは30歳未満の結婚を目指すべき?以下を自分の心に問うてみてください。

  • 遊び、仕事、スポーツなどいままでに「やりとげた」「一区切りついた」と思えるものがある
  • 結婚、子供、家庭、住居、家族付き合い……と、結婚後のイメージがすでにリアルに描けている
  • 現状からの逃げではないと断言できる
  • 子供が早く、たくさん欲しい
  • 「この人しかいない」と思える人が今いて、互いに人生の伴侶と認めあっている
  • 後悔しない性格である

最低でも3つ当てはまれば、早めの結婚をしても大丈夫な人。ためらうことなく今から結婚にスタートダッシュをかけてください。

なかでも最後の項目、後悔しない性格であることは重要。「結婚しなかったことへの後悔」よりも、「結婚したことへの後悔」のほうがもったいないし、悲惨です。

まわりの友人がいまだ自由を満喫しているのをうらやましく思っても、自分の選んだ幸せを大事にできる人は、結婚という大きな幸せに迷いなくつき進んでください!

20代で結婚は早い!「結婚適齢期が30代」である女性5つの特徴

あわせて読みたい

妥協したくない!アラサーが条件で結婚相手を選べる確実な方法って?

たった一つの条件を捨てるだけで、みるみる理想の相手と出会える方法って?

  • この記事気に入った?
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ
    【コメント募集!】独女掲示板最新トピック