ノンアルでも好感度アップ!お酒好き彼とのデート術

合コンやパーティなど出会いの場に お酒 はつきもの。でも体質によって飲めない人もいますよね。 お酒 が苦手だからといって、飲み会を楽しめないことはありません。

「 お酒 が弱いから……」といって飲み会を敬遠する必要はなし!飲めない方は、 お酒 のある「雰囲気」を一緒に楽しんでしまえばいいのです。今回は、 お酒 が好きな男性に絶対モテる、「下戸女子のための飲み会攻略法」を伝授いたしましょう!

マイナスな雰囲気は一切NG!

過去の失敗からお酒の席といえば「無理やり飲まされる」「仲間はずれみたいでつまらない」「飲めないのをバカにされる」とお酒にマイナスイメージを抱いている人も多いのでは。頭の中で考えていることって、つい表情に出てしまうものです。

「私飲めませんから……」と外気をシャットアウトするようにお酌を断ってしまうと、あなたの周りだけ冷たい空気に包まれてしまいます。もちろん無理してアルコールを飲む必要はありませんが、まずは一旦お酒に対するマイナスな考えをいったん封印しておきましょう。

お酒は、その場を和ませ、より楽しい雰囲気を出すためのものです。せっかくの楽しいお酒の場をしらけさせてしまわないように気を付けましょうね。

「飲めないから飲みたくない!」から「飲みたいけど飲めないの」へ

お酒を飲めないからといって飲み会を毛嫌いせず、「もし飲めたらいいな」と飲める人への嫌悪感ではなく、羨望へと変えてみましょう。

これであなたのお酒に対する態度や話し方もがらっと変わり、お酒好きな男性への受けもかなりよくなるはず。

お酒が好きな人への寛容と理解を示してください。でももし「飲むのも訓練だ」なんて無理強いするような人がいたら、速攻シャットアウトしましょうね。

場のテンションに合わせる

010612

飲み会では時間が経つにつれて皆のガードも緩くなってきます。でもこれって、お酒のせいというよりは「酔っている」という自己暗示によって自分を解放している部分が大きいのです。

下戸女子は「しらふだから酔っぱらいに合わせるのはツライ」といつも憂鬱になっているかもしれませんが、気分をあげるにはお酒がなくても十分可能。逆に、お酒が入ると滅入ってしまったり、いつもと全く変わらない人もいますよね。

「飲めないから楽しめない」ことはありません。「飲めないけど楽しむぞ!」に気分を変えるだけで、周りの印象もぐっと明るくなります。

もし飲み会の中盤で時間をもてあましてしまったとしても、終盤のテンションは共有するのがミソ。 飲み会のぐだぐだした中盤の内容を覚えている人はまずいません。ずっとテンションを合わせていれば疲れます。知らん顔してみんなの本性を観察してましょう。

お酒 の場でしか出来ない会話を楽しむ

お酒が入ると気になる彼もいつもより饒舌になっているはず。このときは、ぜひ聞き役になりましょう。

自分の話をよく聞いてくれる女性は「すごくいい人」の印象を持たれます。もし一緒に酔ってしまうと、あなたも自分のことがしゃべりたくなってしまう可能性大。

「聞き役」はシラフだからこそできるとってもお得な役目です。

そして、いつもなら聞くことをためらうような質問もOK。相手は酔っ払いですから、会話の駆け引きではこちらが断然有利です。ちょっと失敗!と思っても「無礼講」ということでチャラですから。

これからは「飲めないから楽しくない」「行きたくない」なんて言ってないで、どんどん飲み会のお誘いを受けないと損するかも。

【関連記事】

お酒は誰かと一緒に飲みたい?一人のみができるか聞いてみた!

6割以上が週に1度は飲酒!今ドキの「お酒事情」明らかに

この記事は参考になりましたか?
  • なった! 
  • ならなかった...... 
続きを読む
関連記事

女性限定:合コンにいくならどんな服装で行く?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...

関連カテゴリー