fbpx

【合コン後のLINE】気になる男性へのNG文章とモテ文章を考えてみた

「ステキな恋がしたい!」と思ったら、待っているだけではダメ!まずは出会いの場に足を運ばなければなりません。とはいえ合コン自体はもちろん、その後の男性陣とのLINEのやりとりを億劫に感じている女性も多いのでは?

また、せっかく気になる男性と知り合うことができてもどのように距離を詰めていいのか分からないとお悩みの女性もいるかもしれません。そこで今回は「合コン後に送るLINE」に焦点を当て、NG文章とモテ文章を考えてみました。

男性をガッカリさせるNG文章の例

・文章がやたら長い
・目がチカチカするほど絵文字てんこ盛り
・文章が定型文のようで淡泊
・スタンプのギャグ線が高すぎる
・「好きです」といきなりの猛アプローチ
・「同じメンバーでまた会おう!」という誘い

ギクリとした人はいませんか?これらはNG文章の代表例。大好きな彼女からのLINEであれば話は別ですが、やたらと遠回しの表現が多い長ったらしい文章や、絵文字や顔文字がふんだんにあしらわれた文章は逆効果。男性に「読むのが面倒だな……」と思われてしまいます。言いたいことは要点を押さえてコンパクトにまとめましょう。

かといって、「今日はお疲れ様でした。ありがとうございました。また機会があれば!」といった男勝りな文章ではさすがに淡泊な印象。こちらの気持ちが伝わりません。また、サービス精神旺盛な女性が使いがちな面白いギャグスタンプも、ここではあまりオススメしません。男性は男友達とLINEをしているような感覚になってしまうでしょう。

また、たった一回複数人で食事をしただけで「好きです」といきなり猛アプローチされては相手も嬉しさを通り越して驚いてしまいますが、「同じメンバーでまた!」というのは少し距離を取り過ぎている印象。合コン後の勝負LINEは、つかず離れずの絶妙な距離感を保つことがポイントです。

男性をその気にさせるモテ文章の例

012025

ここからは丸暗記必須のモテ文章。具体的にご紹介していきます。

「男性陣のおかげでとっても盛り上がりました!ありがとうございました」
「最初はちょっと緊張してたけど、〇〇くんたちが盛り上げ上手なおかげですっかり打ち解けちゃいました!」

この二つの文章に共通するのは、男性陣に感謝を示しているという点。やりとりしている張本人だけでなく、男性チーム全体を褒めることがポイントです。合コンは団体戦などとよく言いますが、男性は女性に比べてよりこの仲間意識が強いもの。チームの手柄や成功は「達成感」として自分に跳ね返ってくるようです。

まずは、この心理を上手に利用し感謝を伝えてみましょう。きちんとお礼が言える礼儀正しさが好印象を与えること間違いなし!またそれと同時に、周りをきちんと見ているしっかり者の女性ということもアピールできますよ。

感謝を伝えた後は、もう少し踏み込んだ内容にもトライしてみましょう。

「すごく楽しかったけど、〇〇さんとゆっくりお話できなかったことがちょっぴり心残りです。もしよかったら今度2、3人で飲みに行きませんか?」
「お疲れ様でした。今になって〇〇ともっとお話すればよかったと後悔してます。今度何人かでお食事どうですか?」

この段階では、適度な距離感を保ちつつも気持ちを伝えることが大切。これなら「合コン中全然話してないけど、なんで俺?」という男性の疑問を解決できますし、ストレートな言葉はなくとも「もっと仲良くなりたい」というニュアンスを伝えることができます。「あまり話せなくて残念」「もっと話したかった」言葉を不快に感じる男性はまずいないので、自信をもって使ってみて下さい。

また、気になる男性だからこそ「特別感のあるLINE」に仕上げることも大切。かといって過度な好き好きアピールにならないよう、まずは次の機会を複数人で提案してみましょう。その際向こうから、「二人でもよくない?」といった言葉が返ってきた場合はかなりの好感触。気合いを入れて初デートに臨んで下さい。

「最近めっきり合コンに行かなくなった」というアラサー女子も、これを機会に出会いの場である合コンを有効利用しましょう。合コンでよく聞かれる鉄板質問のNG回答とモテ回答も忘れずにおさらいして下さいね!

あわせて読みたい

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?
この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板