fbpx

結婚目前!この人でいいのかと迷ったときの判断ポイント5つ

プロポーズを受けることは人生の一大決心。結婚は人生の大きな岐路ともいえるでしょう。だからこそ、「この人と結婚して幸せになれるのかな?」と心配になったり、「今の彼でいいのかな……」と不安を感じたりすることもあるかもしれません。

そこで今回は、彼と結婚を見据えたお付き合いを続けていくべきか、究極彼と結婚するべきかを迷ったときの判断ポイントをご紹介していきます。

ポイント1:彼に合わせて背伸びしていないか

彼に対して尊敬や憧れの気持ちを抱くことは大切ですが、行き過ぎると不安要素になってしまうので注意が必要です。というのも、彼に気に入られたいという気持ちが強すぎると、無理をして背伸びすることにも繋がりかねません。

彼とは一生涯のパートナーとしてこの先の人生を共に歩んでいくわけですから、彼の前でありのままの自分でいられるか、これは結婚する上で重要な判断ポイントです。そういった意味では、普段から肩の力を抜いて自然体でお付き合いしていくほうが賢明かもしれませんね。

ポイント2:彼に期待しすぎていないか

結婚したら彼は何を与えてくれるんだろう、結婚すればきっと彼が幸せにしてくれる、こんな風に漠然と考えてしまってはいませんか?このようなタラレバかつ受け身な考えのうちは、結婚は黄色信号かもしれません。

どんなにハイスペックな彼をゲットして将来安泰だと感じても、この先どんなことが待ち受けているかは誰にも分かりません。突然彼が仕事を失って自分がバリバリ働かなければならない、そんな思いもよらない事態だって起こるかもしれません。結婚は生活。パートナーには、自分が心から幸せにしてあげたいと思える人を選びましょう。

ポイント3:彼のダメな所も含めて愛せているか

彼の欠点に目を背け、いい所だけを見つめているのは危険。彼の情けない面や頼りない面も全部ひっくるめて愛せているか、これも重要な判断ポイントです。夫婦は支え合い、助け合いで成り立つもの。彼の足りない部分は私が補えばいい、そんな風に思えるようになって初めて結婚のスタートラインに立つことができるのかもしれません。

あなたはどんなことがあっても今の彼についていきたいと思えますか?結婚すれば彼とは家族になるわけですから、これくらいの覚悟は必要といえるでしょう。また、彼の欠点を指摘するだけでなく、自分の至らない点も認め努力していく姿勢ももちましょう。

ポイント4:彼の家族とも仲良くできそうか

結婚は家族と家族の結びつき。当人同士だけの問題ではありません。彼のご両親とは仲良くできても、彼の姉妹と上手くいかないなんてケースもよく耳にします。だからこそ、彼の家族に対して心配事がある場合は早めに解決しておくことをオススメします。

こればかりは自分一人で悩んでいてもどうにもならない問題なので、彼に間に入ってもらい仲を取り持ってもらうことが一番の解決策。また、最低限の礼儀作法やマナーは大切ですが、あまりに堅苦しい態度ではいつまでも経っても家族の輪の中に入っていけません。服装や言葉遣いから、近付きやすい親近感のある雰囲気を醸し出せるとよさそうです。

ポイント5:彼は堂々と友達に紹介できる男性か

最後に頼りになるのは、やはり友達の存在。本当に彼でいいのかと迷ったときは、信頼できる友達の意見を参考にしましょう。彼は友達に堂々と紹介できる男性か、そして自分の友達と上手くやってくれる社交性や優しさを兼ね備えているか、これも一緒に判断してみてください。

自分を特別扱いしてくれることだけが大切でしょうか。彼女のことはもちろん、彼女の家族や友達を含めた周りの人たちを大切にできることも、一つの判断基準になるはずです。彼の自分以外の他人への接し方もよく見てみてください。

結婚は迷い始めたらキリがないのも確か。ですが、その限られた時間の中で冷静な判断力と勢いが求められます。5つのポイントを参考に、後悔のない選択をしてくださいね!

あわせて読みたい

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?
この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板