イイ女が実践する「逆プロポーズ」を成功させる方法

そろそろ結婚したいのに彼がなかなかプロポーズしてくれない……と悩んでいませんか?草食男子が増えている昨今、彼からのプロポーズを黙って待っているだけでは、状況はなかなか前進しないことも。

イマドキ「プロポーズは男性からするもの!」という風習に囚われることはありません。結婚に後ろ向きな彼には女性のほうから積極的になって「逆プロポーズ」してしまいましょう。今回は、イイ女が実践する「逆プロポーズ」の方法をご紹介します。

逆プロポーズできるのが「イイ女」!

そもそも、いつの時代もどんな国でも「男が選ぶ方」と決まっているのでしょうか。「女はいつも選ばれる方」なのですか?自分から選んではいけないのでしょうか。待っているだけではなく、自分から逆プロポーズしてはいけないのでしょうか。

プロポーズを待っている多くの女性は、堂々と逆プロポーズしていい立場なのです。にもかかわらず、「待ち」の姿勢で内心イライラ。

何が女性を消極的にさせるのかという原因を知ることで、ちっぽけな見栄や偏見をかなぐり捨てて、男性に逆プロポーズすることができるのではないでしょうか。

プロポーズの決断ができない男性が増えたワケ

現代の男性は「草食系」と呼ばれていますよね。自分の意志よりも周囲に合わせてへらへらして、優しく従順で女性のいう事をよく聞くようなイメージです。草食系男子なんて呼ばれて、侍時代の日本男児であれば刀を振り回して怒りそうですが、現代男児はニコニコと笑顔。その精神も、日本古来の男らしさをなくしてしまったのでしょうか。

実はそうではありません。草食系男子と呼ばれる男性が増えた理由は諸説ありますが、その一つに「核家族の増加」が挙げられます。

昔は親戚の集まった大人数での大家族。男子は雑多にたくましく育てられました。しかし今は核家族が主流。男子の多くは母の手だけで育てられます。ご飯をこぼさず部屋をきれいに服装を正すようにしつけられます。そして「母のいう事=正しいこと」と認識して育つのです。それもそのはず。身近にいる大人が母一人なのですから、母のいう事に偏るのは仕方がないのです。

そうして、母だけではなく世の中の女性全般に従順な、大人しく見える草食系男子が爆発的に増えたのです。

しかし嘆くことはありません。草食系に見えるだけで、心の中では古来の男性が持つ雄々しさや猛々しさを持つ男性も多くいるからです。従順に見えて燃える男らしさを胸に秘める男性の事を、ロールキャベツといいますよね。外見は草だけど、中身は肉という言葉の比喩です。

女性から「逆プロポーズ」してもいい

女性がその性別ゆえに、性の対象で【物】として扱われてきた時代も長くありましたよね。女性の歴史は忍耐の歴史といってもいいくらい、どこの国でもいつの時代でも、女性は悲惨な運命をたどってきました。

しかし先進国と呼ばれる国が増え、法治国家が成り立つようになってからは女性に優しい時代になってきました。仕事をすることができ、自活できるようになったのです。自分の好きな相手と結婚することができ、望まぬ結婚は契約破棄することもできるようになりました。

更には離婚後の養育費まで法的に勝ち取ることができるようになったのです。時代の進歩は女性の立場の進歩と言い換えることすらできます。

せっかくそんないい時代に生まれたのに、「彼氏がなかなかプロポーズしてくれない……」と数年間を無駄にしている女性を見ると、「じゃあ逆プロポーズすれば?!」と背中を押したくなってしまいます。

男性からの求めを待つのは古い時代の習慣の名残でしかありません。女性も人間として男性と肩を並べるこの時代に、プロポーズされるのをお利口に待つ必要などどこにもないのですよ。

好きな相手を自分で選びに行って、プロポーズする自由が、女性にもあると知ってください。

逆プロポーズの心構え

さて、心を決めて逆プロポーズに望もうとしているあなたへ。逆プロポーズの成功率を上げる秘訣をお伝えしたいと思います。そもそも逆プロポーズという言葉ですら、女性蔑視の対象になると考えられますが、ここではわかりやすいため使わせていただきますね。

仲のいい母子

なかなかプロポーズしてくれない彼氏は、母親と仲良しではないでしょうか。今の時代、マザコンが死語って知っていましたか?マザコンは一昔前の、母親と仲良しの男性に対するからかい文句でしたね。しかし現代では死語なのです。

今の時代、多くの男性は母親と仲が良くて当然なのですから!上にも書いた通り、核家族の時代。母親は息子を溺愛して育てます。そして成人してからも、母子で出歩くことは珍しくないのです。そんな仲良し母子を「マザコン!」とののしるのは時代遅れ。

彼と結婚したいと願うのであれば、その後ろに控えている母親の影も、常に視野に入れておくべきです。

美しい母親

美容術が発達した現代、「若く美しい母親」が増えたと言われています。美魔女という言葉の方がしっくりと来るでしょうか。アンチエイジングの技を駆使して、美貌を保つきれいな母親が増えたことにより、「母と出かけるのが恥ずかしい」という男性が減ったのでしょうね。

なかなかプロポーズしてくれないというあなたの彼氏に美しい母がいた場合、彼が結婚しない理由の一端を、その母が担っているのかもしれません。

嫁をジャッジするのは母親?

決断力がない彼と結婚を考えたとき、彼の結婚相手をジャッジするのは彼ではなく、その母親かも知れないとあらかじめ考えておきましょう。男ならば自分の結婚相手くらい自分で決めてほしいと思うかもしれませんが、生涯の伴侶選びだからこそ、親族の意見も親身に取り入れているのだと考えてください。

数年間付き合っているのに、彼がなかなかプロポーズしてくれない理由は、その親族が反対している可能性があります。仲のいい母子であれば、息子の彼女に「年が行き過ぎている」「家事が下手そう」「嫉妬深そう」などと、ボヤいているかもしれないですよね。もちろん本気の反対ではなく、些細な愚痴程度のものなのでしょう。可愛い息子の嫁が気に入らないという気持ちはどんな母にもあるものです。

それを息子の方が真に受けてしまい、「自分は結婚したいと思うけど、母は気に入らないのかぁ」と二の足を踏んでいるパターンもあります。

結婚する前から彼氏の母に気に入られようとしなくてもいいと思いますが、存在だけは常に意識して、なるべく好印象を持たれるように節度を持ちましょう。

姑目線でいい嫁とは?

将来【姑】となりうる彼氏の母親を視野に入れたところで、彼の母にとって「良い嫁になりそう」と思える女性はどんな女性でしょうか。彼のことはいったんおいて置き、彼の母の意に沿う女性を、まずは一緒に見ていきましょう。

決断力のある女性

結婚すると女性は「男性化」するといいますよね。今の時代、女性が男性化しない事には家庭はやってはいけないのです。核家族化したがために、家庭の多くの物事は、すべて妻一人に決断がゆだねられます。子育てから家事まで、毎日小さな決断は山ほど。いちいち旦那さんに頼って甘えているお嬢様ではやっていけないのです。

息子が人形のようなお嬢様タイプを連れてきたら「心配!」と思いますが、芯のしっかりとした決断力のある女性を連れてきたら「この人なら……」と思えるのではないでしょうか。

結婚はした瞬間から死ぬまで続く契約です。どちらがプロポーズするか、など、その先に横たわっている長い年月を考えると、どうでもいいことのように思えてくるでしょう。

面倒見の良い女性

大切な息子をゆだねるのだから、息子のわがままをきいてあれこれと気にかけてくれる世話好きの面倒見の良い女性を望むでしょう。気配りの行き届いた女性……とまではいかなくとも、ある程度年齢を別に成熟した落ち着きがみられると安心できる母が多いと思います。

母性本能の強い女性

息子も大事だが、その後生まれてくる孫も重要。育児放棄だとか虐待だとかノイローゼだとか頻繁に耳にする現代だからこそ、子供好きな面倒見のいい女性を求めるものです。母性本能の強そうなタイプの女性であれば、安心して結婚を許すことができるでしょう。

自分の描く人生設計

あなたには、あなたご自身が思い描く人生設計というものがあるはずですよね。漠然ではあっても、「何歳くらいに結婚したい」という大体の想いがあるはずです。

しかし付き合っている彼氏がプロポーズしてくれないから、どんどんと計画が狂います。24歳に結婚。26歳に最初の子を出産する予定だったのに、気が付けば独身アラサー。それもこれも、彼がなかなかプロポーズしてくれないから?

いえいえ、男女二人の間に起こるいさかいには、二人に同等の責任があるものですよ!24歳で結婚したかったのならば、24歳で真剣に彼に「結婚しよう!」と伝えてみればよかったじゃないですか。断られたら、25歳でもう一度チャレンジ!それでも断られたら、別の彼を探しに行くのです。

人生はあっという間。若く美しい時代など、まばたきをしている間に過ぎてしまいますよ。アラサーも大幅に上回って年を取ってしまった私からすると、どちらがプロポーズしたかなんて些末なことです。なるべく計画に沿った人生を進める方が、100倍重要なことですよ。

彼もイチコロ!逆プロポーズのセリフは……

そろそろ覚悟は決まったでしょうか。近頃の男性の内気の陰には「母親あり!」とわかってみれば、更にその奥に隠された彼の本心も見抜くことができるのではないでしょうか。彼は本心では結婚したいと願っているのかもしれません。しかし彼の積極性を待っていたのでは、あなたはアラサーどころかアラフォーアラフィフになってしまう可能性も……。

いやいや、それでは遅すぎます。彼の気持ちがあなたにあることを信じて行動するのです。大好きな彼ならば、彼の気持ちを待つことなく、迷うことなくプロポーズしちゃいましょう!長い結婚生活ですが、「好き」という気持ちが中心にあれば、どんな難関も乗り越えていけます。そして結婚を決意してしまえば、彼の母もあなたのことを好きになろうと努力してくれるはずです。習うより慣れよ、と昔からいうではありませんか。

では女を上げる逆プロポーズ、どんなセリフで切り出すか考えていきましょう。

「あなたが一番好き!」

ストレートにド直球が一番彼の心に響きます。「あなたが好き。だから結婚したいと思っている。あなたの本心を聞かせてほしい。」と。これで十分だと思いますよ。その他に考えるならば、こんなのはいかがでしょうか。

「死ぬまで一緒に人生を歩みたい。」
「あなたにふさわしい女性であるよう、努力するね。」

愛を伝えるために言語は発達したと言います。そして言語機能は男よりも女の方が数段上手に扱えるそうです。男性の心をしっかりとつかみ、「YES」の答えを聞くためには、ストレートで単純で簡潔な短いプロポーズが一番です!

逆プロポーズが失敗したら……

大好きな彼に逆プロポーズしたのに、断られてしまうこともあります。

「今、仕事が一番大切な時期だから」

「家庭を持つには、今の自分の経済力では不安があるよ」

男性によってはもっともな意見を述べて、結婚を断ってくることもあります。もちろん想定内です。女性は女性で、卵子の老化という子どもを産むにあたっての深刻な結婚を急ぐ理由があるのだから、逆プロポーズをして後悔することはありません

それにいったん断られたとしても、本当の断りでない可能性も大いにあります。彼の本当の逆プロポーズの答えは、これから強引に引き出すのです!

逆プロポーズをして彼に断られたのならば、スパンと次の彼を探しに行きましょう!男は彼だけではありません。結婚前提の婚活パーティーに行くもよし。好みの男性からの誘いに乗るもよし。

ポイントは「プロポーズに断られた」ままの状態にしておくことです。その後、「じゃあ結婚はせずに今のままの付き合いを続けよう」なんて話になる前に逃げましょう。彼にとって都合のいい女になってはいけません!

話を宙ぶらりんにしておいて、やけになって婚活パーティー。そんなあなたを見た彼の気持ちを考えてください。

あなたのことを本当に大切に想うのならば、他の男性に走られる前に、「やっぱり俺と一緒になってほしい!」と求めに来るでしょう。「彼女が他の男性に走っても仕方がないかな……」と物申さない男性ならば、そこできっぱりと切り捨てるのです。

逆プロポーズという大きなパンチを女性のあなたから打ったのだから、次は必ず彼からの自主的な一手を待つのです。結婚したら数十年続く長い夫婦生活。結婚前にこのくらいの彼の自主性を見ておかないと、プロポーズのしがいもないというものです。

「経済力に自信がない」なんてゆるい理由であなたのプロポーズを断るような男性には、しばらくの間、「あなたというかけがえのないものを失うのではないか?」という焦燥感をじっくりと味合わせてあげてください。

転んでもただでは起きない。逆プロポーズの次なる一手で本当のチェックメイトをしてこそ、いい女というものです。

よかったら「いいね!」を押してください
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ