これで年下男子もメロメロ? タンスに眠る若者ファッションをアラサー風に着こなす技

アラサー女子の日常では、自分の年齢を強く実感する瞬間が多々あります。たとえば、数年前まで愛用していた服を着て、「似合わなくなっている」とショックを受けたとき、自分が少女から大人へと成長したことを強く実感する人も多いのではないでしょうか。

年齢を重ねるにつれ、似合うファッションに変化が出るのは仕方のないこと。とはいえ、お気に入りの洋服を簡単に捨てられないアラサー女子だっているはず。それなら、タンスに眠る若者ファッションをアラサー風に着こなしてみましょう。着こなし方さえマスターすれば、現役の若者世代である年下男子からもウケの良い大人コーデが完成するのです。

“派手色トップス”はインナーとして活用する

見ているだけで目がチカチカしそうな派手色のトップスは、若者感が強いのはもちろん、落ち着きの無い女性である印象を与えます。大人のアラサー女子が着るには、少々勇気がいるアイテムなのです。

そこで、派手色トップスをコーデに使う際は、メインアイテムでなく、あえてインナーとしてうまく利用してみましょう。派手色のキャミソールやタンクトップは、シンプルなトップスと組み合わせ、インナーからちら見せさせると、トップスにバランスの良いアクセントができます。

また、Tシャツやニットなど、インナーとして重ね着ができないアイテムは、ハイウエストのデニムパンツと合わせると落ち着いた印象になります。全体的にデニム素材の割合を多くすることで、派手色トップスの強調感を薄れさせることができるのです。

“肌見せトップス”は同色系の柄ボトムスと合わせる

肩や背中などが大きく開いた肌見せトップスも、代表的な若者ファッションのひとつであると同時に、大人のアラサー女子を下品に見せる可能性が高いアイテムです。

そんな肌見せトップスは派手色トップス同様、重ね着でインナーとして利用すると、アラサー女子でも違和感なく着こなすことができます。

また、重ね着ができないタイプのデザインであれば、ボトムスの合わせ方を工夫してみましょう。

たとえば、ブラックやネイビーなど落ち着いた色合いの肌見せトップスには、同系色の柄ボトムスを合わせると良いでしょう。一見、若者感がさらに強くなりそうな組み合わせですが、全体を同系色にしつつ、ボトムスだけに柄を入れると、自然と目線が下にいくため、トップスの肌見せ部分が目立ちにくくなるのです。

反対に、派手な柄が入った肌見せトップスは、その他のアイテムをデニムやスニーカーなどでカジュアルにまとめると、セクシーさが薄れるため下品な印象になりません。

“ミニスカート”はブラックコーデorビジネスライクを目指す

アラサー女子が抵抗を抱くファッションアイテムと言えば、やはりミニスカート。きっと、年齢を重ねるにつれ、スカートの丈が長くなっていくという現象は、多くの女子が通る道ではないでしょうか。でも、そんなミニスカートもコーデ次第では、大人っぽくはきこなすことができるのです。

まず、フレアタイプのミニスカは甘く幼い印象が強いため、その他のアイテムをブラックやグレーで統一しましょう。落ち着いた色合いのアイテムを合わせると、引き締まった印象になるのはもちろん、フレアミニスカートがコーデの良いアクセントとなってくれます。

また、タイトタイプのミニスカは、白シャツやジャケットと合わせ、ビジネスライクなコーデを目指すと良いでしょう。このコーデであれば、たとえ若者っぽい柄や色が入ったタイトミニスカートであれ、しっかりとした着こなしとなり、できる女風に見てもらうことができます。

“ガーリーワンピース”はくすみ色を使い大人の印象に

街中を歩く女子大生がよく着ているガーリーなワンピース。さすがにアラサーともなると、あのメルヘンな花柄やパステルピンクのワンピースを着ることに抵抗を感じるかもしれません。

ただ、2017年の春夏は“大人ガーリー”“ビビットピンク”がトレンドワード。ガーリーワンピースも着こなしによっては、流行に合わせた大人風のコーデに変えることができるのです。

たとえば、無地のトップスを重ね着したり、ブラックのアウターとハットを合わせたりすると、ワンピースの見える範囲が減るため、幼さない印象も薄れます。同時に目線が上にいくため、ワンピース自体も目立たなくなるでしょう。

また、花柄を始めとした柄ワンピースは、ベルトやヒール、バッグなどをくすみ色に限定すると、一気に落ち着きが出ます。ガーリーなワンピースを着る際は、他のアイテムをボルドーやマスタードイエローなど、大人の落ち着きを感じさせる色合いを選ぶようにしましょう。

若者ファッションにはひと工夫を加えて“アラサー風”に

ファッションはその人を表す鏡であり、どのような服を着るかも個人の自由です。とはいえ、アラサー女子が若作りファッションをしてしまうと、周りから痛々しい目で見られ、自分の印象を下げてしまう可能性もあります。

もし、お気に入りの若者ファッションに腕を通すのであれば、昔と同じコーデではなく、大人っぽさを加えたアレンジコーデを試してみましょう。若者ファッションをうまくアラサー風に着こなすことができれば、年下男子に親近感を与えつつ、大人の魅力を感じてもらうことができるはずです。

この記事は読んだ感想は?
  • オモシロイ! 
  • つまんない! 
続きを読む
関連記事

【既婚女性限定】旦那さんは、あなたの理想の結婚相手として何%を満たしていますか?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...

関連カテゴリー