束縛されない関係が◎!同棲中の彼が「結婚しよう!」と決めた理由5つ

同棲は結婚前のお試し期間といわれます。

結婚を前提に同棲を始めるカップルも多いと思いますが、特に何も決めないで同棲を始めた場合、「いつになったらプロポーズしてくれるの?」とモヤモヤする女性もいるかもしれません。

同棲から結婚に持っていくには、特別なテクニックは不要。普段の心がけや彼への気遣いが大きく影響してくるようです。

「遅くなった時に夕食を作ってくれたから」

残業で遅くなる彼に「夕食は自分で何とかしてね!」なんて言っていませんか?男性としては、終電で帰ったらご飯を用意されていたことが、ものすごくありがたく感じるそうです。そこに“お疲れ様”という言葉と笑顔も添えれば文句ナシ!

疲れた時に支えてくれる彼女はとても頼もしい存在。彼のためにご飯を作ってあげることは、シンプルでオーソドックスだけれども彼の心をグッと掴む効果的なテクニックです。

共働きのカップルだったら、毎日の食事作りはなかなか難しいかもしれませんが、手間をかけなくても、無理しない範囲の簡単な料理でも十分です。

休みの日にまとめて作り置きをするなど、自分を犠牲にしない工夫を心がけましょう。

「束縛されないし、2人でも楽しいから」

いくら同棲とはいえ、1人になる時間も必要な男性もいます。仕事のことを考えたり、趣味に没頭したり、男友達との付き合いなど。

「好きだから、いつでもどこでも一緒にいたい!」と束縛したくなる女性もいるかもしれませんが、甘えすぎると「1人にしてくれよ……」と家に寄り付かなくなってしまう危険も。

時には「好きに過ごせばいいじゃん!」と彼を自由にしましょう。1人の時間を尊重するからこそ、彼にとって家がリラックスする場になり、帰りたくなる「家庭」になるのです。

一方で、2人で一緒に楽しめる時間があることも大切。共通の趣味があれば、休日は2人で趣味に打ち込むことができるし、食事の好みが一緒であれば、美味しいお店を探して外食に行くことができます。

長い時間を一緒に過ごすのですから、時にケンカをしたとしても、楽しい時間を2人で持つことができれば、いつまでも仲良く過ごせるでしょう。

「仕事を大切にする彼女だから」

「結婚したら妻には家庭に入ってほしい」と望む古風な男性もいますが、将来の見通しが不安定なご時世では、彼女が仕事を持つことを望んでいる男性も多いでしょう。

いつどうなるか分からない時代に、収入源が2人分あることは精神的にも余裕が生まれます。そのうえ、仕事に責任を持って頑張る彼女なら、彼だって応援したくなるでしょう。

同棲も結婚も生活ですからお金がかかります。どこでお金を使って、どこで節約するかなど、お金の使い方は相手と長く暮らしていけるかを見極める大切なポイント。

彼女も働いているからこそ、彼と共通の金銭感覚を持ちやすくなります。

そして、いざという時に経済的にも助け合える関係だからこそ、人生のパートナーとして考えられるでしょう。

「フォローし合える関係だと思えた」

2人がそれぞれの得意分野でフォローし合える関係だと、「一人暮らしよりも生活しやすい!」と感じられるでしょう。

たとえば彼がインターネットに詳しかったら、ネット環境の整備は全部任せます。もちろん彼女も特技で彼をフォローしましょう。料理が得意なら料理で。キレイ好きで収納が得意なら、部屋中のインテリアを整えたり。

苦手なことはフォローし合うという関係を築いていくことで、さらに彼にとっての「なくてはならない存在」になれるはず。同棲から結婚に持っていくテクニックとは、同棲生活で得意分野を活かすこと!です。

「気にしなくていいからラク」

デートで会う段階では見せなかったクセや欠点も、同棲生活ではお互いにバレてしまいます。「そんな人だとは思わなかった」と否定するのではなく、「そういうところもあるのね」と受け入れ流すことが大切です。

同じように彼も、初めて見る彼女の素の部分にドン引きしている可能性もあるのですから。

一緒に暮らしてみて初めて知る相手の本当の姿。「許せないほど嫌」「生理的に無理」と思う部分がお互いに少なければ、ケンカの原因も減るので相性が良いといえるでしょう。

嫌な部分が目につくと、相手の言動が気になってしまいます。お互いが相手に気兼ねなくリラックスできるようであれば、結婚生活も近いかもしれません。

同棲から結婚に持っていくテクニックに、特別なことは不要です。彼を大切にしながら、2人にとっての心地よい環境をあなたらしく作って、プロポーズへのスピードを速めましょう。

よかったら「いいね!」を押してください
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ