fbpx

彼氏の年収が低い…稼ぎの良いバリキャリ女子にできること

一緒に過ごしている相手の年収って、具体的な数字の話をしなくても、なんとなくわかる……なんてことはありませんか?身につけているもののブランドや、選ぶ店、会社の友人などの話を聞いていると、生活レベルはどうしても滲み出てくるものです。

今回は、自分の方が彼氏より稼いでいるかも!?と気付いたとき、バリキャリ女子にできることをまとめてみました。

貯金

今の彼氏との結婚を想定しているなら、貯金は必須です。男性の中には「彼女の方が稼いでいる」ことはプライドが傷つくという人が多いのですが、不思議なことに「女性の貯金額が多い」ことに対しては「嬉しい」「しっかりしている人だと感じる」と思うことが多いよう。というのも、年収が高い=貯金があるという発想がないから。ですから、年収金額の話はせずにきちんと貯金をしておけば、彼氏のプライドを傷つけることなく、結婚後にある程度安心できるお金を手元に置いておくことができるのです。

結婚後、家庭によって完全別財布にする・一部共同財布をつくる・完全に共同財布にするなど財布事情はさまざまかと思いますが、いずれにしても貯金はしておきましょう。年収の低い彼氏と結婚したあとに生活水準を下げるのではストレスになる可能性がありますが、結婚前から貯金を日課にしておけば、そのストレスも生まれにくく一石二鳥です。

デートのための共同財布をつくる

彼氏の方が年収が低い場合、デート費用をどうするか悩む方もいるのではないでしょうか。完全割り勘を提案するのも変だし、彼氏が出してくれたら嬉しいけど懐事情が気になってしまう……こんなときにオススメなのは、デートのための共同財布をつくっておくことです。

仕組みは、いたってシンプル。毎月、2人のデートにかける費用を決めて、月初めにお互い出し合っておき、デートのときにかかったお金はその財布の中から会計するというもの。たとえば、彼氏から3万・彼女から2万と決めて月に5万円のデート用共同財布をつくってやりくりし、余った分は翌月に繰越……というような形です。

このデートのための共同財布には、メリットが3つあります。

1つは、デートの度に彼氏の負担を考えなくて良いこと。2つ目は、最初に金額を設定しているので、お互いの大事なお金をデート費用につぎ込みすぎることがないこと。そして最後は、結婚後の財布事情が自然とシュミレーションできることです。

「彼氏のお金遣いが荒い」「結婚後に財布を握りたい」「毎回のデートの支払い分担に悩む」と相談してきた女子たちに勧めてきた方法で、これまで実践した全カップルが無事に結婚し、お金でもめることなく過ごしています。ぜひ試してみてください。

彼氏を趣味にする

最後に大事なことは、彼氏を趣味にすることです。具体的に言うと、自分の行きたいお店やほしいものにフォーカスするのではなく、彼氏と一緒にいること自体を楽しめるようにするということ。「彼氏にお金がないから、安そうなオシャレじゃないお店にばかり連れて行かれる」「彼氏にお金がないから、プレゼントされるブランドが安物」と不満を持つのではなく、「大好きな彼氏と行くお店は楽しい」「大好きな彼氏が選んでくれたものは嬉しい」と思えるようになると、年収が低い彼氏に対するお金の不満がなくなるからです。

逆に「彼氏のことは好きだけど、どうしてもそう思えない……」という方もいるかもしれません。そういう場合は、彼氏主導ではなく「このお店に行こう」「○○というブランドのものがほしい」と事前に伝えておくこと。前述した共同財布をつくっておけば、毎回は無理でも、特別な日にはあなたの願いを聞き入れてもらうことはできるはずですよ。

 

彼氏の年収が自分より低いとわかったら、彼氏に気付かれないようにさりげなくコントロールすることが大切です。年収など関係なく今の彼氏と一緒にいたいのなら、ぜひ紹介したことを取り入れてみてくださいね。

あわせて読みたい

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」

妥協したくない!アラサーが条件で結婚相手を選べる確実な方法って?

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板