fbpx

当てはまったら危険!なぜか交際が長続きしない短命女子度チェック

男女の交際において、ひとつの節目でもある3か月という期間。この期間を問題なく過ごすことができれば、ひとまず彼との関係は安定していると思って大丈夫でしょう。

しかし、中には3か月が経過する前に彼氏と別れてしまう短命女子もいます。そして、このように恋の短命癖が一度ついてしまうと、今後の交際も長続きしない可能性が高くなるのです。

もう二度と短命な恋愛をしないためにも、交際が長続きしない理由と一緒に自身の短命女子度をチェックしてみましょう。

“好きな人”ではなく“彼氏という存在”が欲しい

「彼氏が欲しい」と望むすべての女性が、純粋に「恋がしたい」と思っているわけではありません。中には、「友達の中で自分だけ彼氏ナシは嫌」と他人と比較したり、「ひとりだと不安になる」とさみしさを感じたりという出来事がきっかけで、彼氏をつくろうとする女性もいます。要は“好きな人”ではなく、“彼氏という存在”が欲しいだけなのです。

そして、このように彼氏という存在だけを望む女性は、イイ感じの相手が現れると、「ちょうど彼氏が欲しかったし、まあいいか」と流れで付き合ってしまいがち。おそらく、しばらくは恋人気分を味わいつつ、彼との交際を楽しむことができますが、徐々に「彼氏が欲しい」という欲が満たされて交際に飽きてしまうのです。

同時にそこまで好きではない相手と一緒にいること自体を苦痛に感じるはず。結果的に自分から別れを告げるため、交際も長続きしないのです。

好きなことには時間もお金も惜しまない

大きな満足感を得られる趣味や、自分にとって大切な時間である習慣などがあると、毎日の生活も充実します。ただ、「好きなことには時間もお金も惜しまず捧げられる」というほどハマりやすい性格の女性だと、恋愛でも夢中になりすぎて失敗する可能性があるのです。

そもそも、好きなことに対して惜しむことなく時間やお金をかけられるのは、その分、自分を楽しませて満足させる見返りがあるから。

恋愛においても、彼氏ができると手料理やプレゼントなど夢中になってあれこれ尽くすと同時に、心のどこかで「これだけ尽くしているのだから、彼からも愛されるはず」という見返りを求め始めるのでは?

当然、彼女から大きな期待や愛情の見返りを求められると、男性もプレッシャーを感じます。その重圧に耐えられなくなった彼が別れを決意すると、交際も長続きはしないのです。

悪いことばかりを想像してしまいがち

まだ起こってもいない出来事に対し、「失敗したらどうしよう」と悪い想像ばかりしてしまう人は意外と多いはず。とはいえ、そのような人はマイナス思考である反面、慎重に行動する人でもあるので、その習慣自体は決して悪いものではありません。ただ、恋愛に関してはその習慣が交際をすぐに終わらせる可能性もあるのです。

何事も悪い想像につなげる女性は、たとえ彼氏ができても素直に喜ぶことができません。「浮気をされたらどうしよう」「別れを切り出されたらどうしよう」と悪い想像ばかりが頭に浮かび、その不安から「彼に嫌われたくない」という強い思いが生まれるのです。

すると、交際中も「嫌われたくないから」と無意識のうちに彼に合わせるようになります。「あなたに任せる」「私も同じで良いよ」と自分の意見は言わず、ひたすら彼に合わせるだけの関係を続いていくことになるでしょう。

当然、何でもかんでも相手に合わせる様子は度を超えた気遣いとして見られ、重い女という印象を与えます。彼から嫌われたくないがための行動も、実際は重い女となり短命恋愛を呼び寄せる原因となっていたのです。

いつも場の空気を気にして心から楽しめない

ムードメーカーと呼ばれる存在は、その場にいるだけで楽しい空気をつくってくれます。ただ、その中には元々ムードメーカー気質の人もいれば、人前だけで無理して明るく振る舞うピエロ気質の人もいます。

このピエロ気質は人一倍気を使う性格であるため、他人といるとどうしても場の空気ばかり読んでしまいがち。また、「自分といるとつまらないと思われたくない」という不安から、ピエロのように本来とは違う自分を演じてしまうのです。

そして、このピエロ気質の女性は恋愛でも偽りの自分を演じてしまいます。交際中も、「楽しいデートだと思ってもらいたい」「彼から幻滅されたくない」という不安から、必要以上に彼に気を使ってしまうことになるでしょう。

しかし、その大げさな気遣いが自分だけでなく彼にも疲れを感じさせます。お互いが「一緒にいると疲れる」と感じ始めることにより、交際が長続きせずに終わってしまうのです。

交際を始めたものの、理由がありすぐに別れを迎えるカップルもいます。もちろん、恋愛感情がないのにだらだらと交際を続けるよりかは、きっぱり別れて次に進んだ方がお互いのためにもなるでしょう。とはいえ、そこで交際が長続きしなかった原因を知り、自分を見直さない限りは次以降の恋愛も短命に終わってしまうのです。

短命女子である可能性が高い人は、自身の振る舞いが交際にどのような影響を与えているのか考え直してみましょう。そして、短命恋愛につながる原因を取り除くことができれば、新しい恋愛はきっとうまくいくはずです。

【あわせて読みたい】
手軽に婚活スタート!自分の手でつかむ幸せ生活のためにできること

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板