ナニワ娘の婚活奮闘記vol.15~縁結びのお守りがまさかの破局を導く!?~

どうも、西園寺 愛です。

恋に効くとあれば何でも取り入れたいナニワの女・三十路の独身。恋愛成就の神社仏閣巡りはほぼ趣味化しとるで!

今回は合コンで知り合ったI氏(プログラマー/35歳/年収600万円)のお話です。

プログラマー男子と京都デート!

I氏の職場は男性が多く、年頃の女性とはなかなか出会えないそう。30歳を超えたあたりから少しずつ焦り始め、32歳から婚活スタート。合コンや街コンなどに励んでいるとのこと。

努力ができる男、いいじゃないですか。「結婚したいなあ」と考えながら何もしない人間はそこらじゅうにいます。でも、I氏は違う。自分の目標が決まったら、それに向かって努力をする。いい。I氏、いい男やね!

32歳で婚活スタート、35歳の現在まで彼女なしな理由が気になりますが、まぁね、見た目がね、ハゲなのかスキンヘッドなのかわからない頭をしていますから……。スキンヘッド+黒縁の四角いメガネ。中肉中背。アバターで作りやすそうなビジュアルです。

さてさて、そんなI氏との初デートはなんと京都!どうやら電子機器と離れてのんびりしたいご様子。仕事に疲れているI氏を、西園寺の愛で癒やしてあげなければ!

I氏とは阪急河原町駅で待ち合わせました。時間通りにやってきたI氏は白のTシャツ+黒のハーフパンツという、これまたアバターの初期設定のようなスタイル。ここからどうカスタマイズするかは、西園寺の腕とセンスが問われるところです。

「縁結び」が結婚を遠ざけることもある

さて、京都で有名なものはたくさんありますが、散策していくうちに清水寺の方向へと歩くことになりました。となれば、西園寺が行きたい場所はひとつ。

清水寺の奥にある、京都地主神社です。

地主神社は縁結びが有名。つまり、デートで地主神社へ行けばI氏との仲が深まるかも!あるいは、I氏以外のいい男に出会えるかも!?

I氏をうまく誘導して、地主神社へ行こう。

そう心に決めた現金な西園寺は、I氏がスマホで近辺観光地をチェックしている隙に、バッグに忍ばせている縁結びのお守り各種を入れたポーチを確認しました。ポーチにお守りがひとつ、ふたつ、みっつ(以下省略)。このポーチには、西園寺を幸せに導く(はず)のお守りがたくさん入っているのです!

このポーチの中に、地主神社の縁結びお守りを……と考えていたその時、I氏にポーチを覗き込まれました。やだ、恥ずかしい!きっと恋愛に必死な女だと思われてドン引きされちゃう……!

焦る西園寺に、I氏は目を細めながらゆっくりと言いました。

「なぁ、お前宗教やってる女?」

はい?宗教???

「いやいや、誤魔化してもあかんで!お守り持ってるやん!うわっ、宗教やってる女かよ!やばいやろ!やばすぎ!!」

西園寺、特定の宗教を信仰しているつもりはありません。都合のいいときだけ「神様!」なんていうことはありますが、基本的には無宗教の部類だと思います。そんな西園寺が、宗教をやっている女……?

その後、I氏と西園寺はデートを取りやめて現地解散。数十分後に届いたLINEには「宗教とかやばすぎ」という一言が。一応「やってないよ!」と返信しましたが、既読にならないためブロックされたのでしょう。

西園寺が宗教をやっている要素といえば、お守りをたくさん持っていること。確かに、確かにお守りは宗教の部類かもしれませんが……別に信仰してなくても持つやん……!!

I氏の反応は過剰ですが、お守りをたくさん持っているアラサーは確かに痛いかも。これからはたくさん持ち歩かず、厳選したお守りだけを持ち歩くようにしたいと思います!

とりあえず、地主神社で縁結びのお守りを買った西園寺でした。

この記事は参考になりましたか?
  • なった! 
  • ならなかった...... 
続きを読む
関連記事