fbpx

何年も好きな人がいない!独身アラサー女子が「好き」を増やす方法

「もう何年も恋愛していない。片思いするほどの男性がいない」とお嘆きのアラサー女子の方。合コンや街コンなどに参加しても、「彼こそは!」という出会いがないのが悩ましいところかもしれません。

が、そもそもアラサー以降の恋愛のスタートは20代の頃とは少し違うのです。恋愛の「こうあるべき」という考え方を少しゆるくするだけで、出会いの幅は広がります。

恋愛はトキメキから始めなくていい


最近、男性にキュンとすることが少なくなった……と思っていませんか?それはごく自然なこと。

20代で仕事の荒波を乗り越えてきたアラサーなら、少しのことでは動じないでしょう。オンでもオフでもたくさんの人に出会ってきたので、人を見る目も磨かれています。

よって男性にキュンとするハードルも年齢と共に上がります。ですから、アラサーの恋愛はトキメキから始まらなくても良いことにしましょう。

トキメキから始まらない恋愛にはメリットがあります。相手に過度な期待をしていない分ゼロからのスタートに近く、時間が経つごとに加点方式で相手が良く見えてくるでしょう。

ちょっとしたサプライズをされたり、頼りになるところを見ただけで、「あれ……イイかも」と思い始めたり。後からトキメキがついてくることもあるのです。

最初はトキメキが少なくても、出会いを大切にしましょう。

「ラク」という価値観を取り入れる

たとえ片思いでも、好きな人がいることは楽しいですよね。キレイにならなきゃ!と美容やファッションにも力が入って、生活にハリが出てきます。

何をしても好きな人のことを考えて、いつもドキドキしてしまうことが恋愛の醍醐味といえるかもしれません。

けれども、彼からの連絡がなければ気になってSNSを検索したり、彼に相手にされなければ地の果てまで落ち込んでしまうことも。

彼の言動に一喜一憂するアップダウンは恋愛につきものだけれど、振り回されると気力と時間を奪われます。だからこそ多忙なアラサーは「疲れない恋愛もアリだ」という価値観を取り入れてみてはいかがでしょう。

たとえば「いい人だなあ、ラクだなあ、落ち着く」という親近感を持てる男性を恋愛対象にしてみること。

異性として考えられないと思うかもしれませんが、特に結婚を視野に入れるのであれば、重要なのはトキメキがなくなっても長く一緒にいられるかどうかです。

一生を共に過ごすなら、気を遣わない相手のほうがストレスは少ないでしょう。一緒にいると落ち着く、気を遣わなくていい男性が身近にいるなら、結婚相手候補として考えてみるのも良いかもしれません。

まずは二人で会う機会を増やしてみてはいかがでしょう。

恋愛の始まりを頭で考えすぎない


いくつかの恋愛経験があるアラサーなら、楽しい思い出だけでなく、辛い片思いの記憶もあるでしょう。傷ついた経験があるからこそ、新しい出会いには慎重になってしまいますよね。

せっかく男性と知り合っても、過去に関わった男性のデータベースと比較しては、「このタイプの男性は浮気に走るからダメ」「いい人だけど収入が低いから条件がイマイチ」など、自分の頭の中だけで完結させてしまうことはありませんか?

または、「今度こそ傷つかないように、彼に嫌われないように」と考えすぎて、なかなか行動に移せなかったり。

これまでの恋愛経験があるからこそ、よりパーフェクトな相手を、絶対に失敗しない方法で求めようとするのかもしれません。

どれだけ頭で考えてみても、彼がどんな人間なのかは実際に向き合ってみないことには分かりません。友人や職場の人間関係でも、深く関わるほど思っていた以上に面白い人だったり、またはその逆だったりしますよね。

頭の中で考えることにとらわれず、まずは行動してみることが、過去とは違う結果を引き寄せる方法かもしれません。過去の恋愛で作り上げた「こうあるべき」というマイルールを手放すことで、未来につながる出会いも増えるでしょう。

あわせて読みたい

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」

妥協したくない!アラサーが条件で結婚相手を選べる確実な方法って?

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板