fbpx

ネガティブを直せばうまくいく!「どうせ貯金」で上向き女子になろう

私の友人A子ちゃんは、「どうせ私なんて……」が口癖で、友人関係も恋愛関係もうまく行かない“どうせ女子”でした。

そんな人生29年間「どうせ……」を言い続けてきたA子ちゃんですが、とある行動を起こすことでピタっと言わなくなったのです。

A子ちゃんが挑戦したのは、「どうせ貯金」。

ネガティブな思考が染みつき、なにもかもうまくいっていなかったA子ちゃんが、ポジティブに毎日を生きられるようになった方法をご紹介したいと思います。

どうせ私なんて……がもたらす悪夢

どうせ女子のA子ちゃんは、仕事で失敗をしたとき、恋愛や友人関係がうまくいかないときに必ず「どうせ私なんてダメな人間だ……」「どうせ私なんて必要ないんだ……」と考えてしまっていました。ですが、考えているだけにはとどまらず、例えば友人に悩みを相談しているときに言葉として「どうせ……」が出てしまっていたのです。「どうせ私なんて……」とA子ちゃんが言い出すと、A子ちゃんの話を聞いてる私も「また始まった……」と思い決していい気分になりませんし、A子ちゃんのことを「ちょっと面倒だな……」とまで感じるようになってしまいました。

私だけでなくA子ちゃんの周りの友人も、だんだん話しをすることさえも嫌になり、少しずつ疎遠になり、気づけばA子ちゃんはポツンと1人で過ごすことが多くなり始めたのです。

A子ちゃんにはいいところもたくさんあることを知っていたので、どうすれば今の状況から変わることができるか一緒に考えてみることにしました。

「どうせ貯金」の絶大な効果

A子ちゃんから「どうせ私なんて」という口癖を断ち切りたい!でもついつい考えてしまうし、口に出してしまう……と相談を受け、一緒に考えた結果、自分にちょっとした「罰」を与えてみてはどうかと思いつきました。

「どうせ私なんて」というフレーズを言ってしまったら、貯金箱に決めた金額を入れるというルールを決めてA子ちゃんは実行することにしたのです。これが「どうせ貯金」です。

また一人では必ず“甘え”が出てしまうので、A子ちゃんは友人・家族・同僚に手伝ってもらい“甘えは一切禁止で”挑むことにしました。

どうせ貯金開始から3か月後……

A子ちゃんは、この貯金を約3か月続けました。
そして3か月後、A子ちゃんから「どうせ」という言葉は聞かなくなりました。また同時にA子ちゃんは何か壁にぶつかったときに“どうせ”という言葉に逃げていたと気が付きました。

そこで勢いのついたA子ちゃんは気になる彼にも思い切ってアタックすることにしました。ですが一度目の告白は失敗に終わります。ここでいつものA子ゃんなら「どうせ私なんて」を言って逃げたはずですが、なんともう一度彼に思いを伝えたのです!

そして見事、二度目の告白にして彼の心を自分に振り向かせることに成功。この時のA子ちゃんは本当にうれしそうでした。

口癖が治ると同時に大金が手元に残る喜び

1回に5000円も……と思った方もいるでしょう。

ですがよく考えてください。その5000円は捨てるのではありません。貯金箱の中に貯まっていくのです。
どうせ貯金を始めてから3か月、A子ちゃんの貯金箱を開けて集計することにしました。
合計金額はなんと54万円

予想を上回る金額にA子ちゃんもびっくりしていましたが、お金が貯まったことの喜びと同時に、“これだけ私は頑張ったんだ”とちょっとした感動の振り返りにもなったようで、A子ちゃんは涙を流していました。

「どうせ貯金」を終えるまでには、財布が空になったり、買いたいものが買えなかったり、たくさんの辛いこともあったようです。ですが、その辛いことがあったからこそ、口癖が治り、お金も手に入り、喜びを感じることができたのではないでしょうか。

「どうせ私なんて」はネガティブワードの中でも最もよくないとA子ちゃんは身をもって体験していました。「どうせ」とばかり言っている人には、誰も近づきたくありませんよね。

ネガティブな思考から抜け出したい!という人は、一度試してみては?

あわせて読みたい

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?
この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板