彼氏がプロポーズしてくれない心理とプロポーズさせる7つのステップ

そろそろ彼と結婚したいな~と思っているけど、まだまだ彼は結婚を考えてくれない。でも、強い口調で「結婚してよ!」と迫れば、引かれて逃げられてしまう可能性も……。

いつ来るか分からないプロポーズを思ってため息をつくと不安やイライラも募ります。

ある調査機関によれば、彼氏が彼女にプロポーズしない理由の第一位は「結婚は大変そうだから」とのこと。

男性のなげやり感漂う回答になんだか怒りがこみ上げてきそうですが、ちょっと待って。

「結婚は大変そう」の言葉の裏側を少し分析してみると、実は男性には男性なりの「言い分」があることが見えてくるのです。

今回は、彼女のいる男性を対象に「彼女にプロポーズしない理由」を徹底調査してみました。

彼氏に質問です、なぜ彼女にプロポーズしないの?

質問内容:彼氏に質問です。彼女にプロポーズしない理由は?(5択)

回答:

第1位 恋愛が面倒だから  196 票/30% 
第2位 お金がないから  161 票/25% 
第3位 まだ遊びたいから  132 票/20% 
第4位 本命じゃないから  112 票/17% 
第5位 仕事が忙しいから  50 票/8% 

有効回答数:彼女交際中の男性読者 651人(DOKUJO公式サイト)

男性にとって、結婚は面倒な選択ということですが、中には結婚したら負けだと考えている男性も増えているそうです。

それでは最も多かった回答順にそんな彼氏の心情に迫ってみます。

第1位 結婚する前の恋愛が面倒だから……

「行き先、食事の場所等、だいたい男が決めてきているものだと思われるから、本当に恋愛は面倒くさい

なんだかんだで土日振り回されて、自分の時間がつぶれてしまうし、メリットが見いだせない」(29歳男性/事務系専門職)」

この男性のように、結婚前の恋愛に面倒くささを感じる方は多いようです。

男性はエスコートするのが当然と思っている彼女の機嫌を取るため、デート前には人知らず苦労している男性は多いようで、これを負担に思うのに納得してしまうところもあります。

第2位 お金がないから……

デートプランを組んでさらにお金を使うことにメリットを感じないという意見も多く聞きます。

「『奢ってもらって当然』と思っている女性には幻滅してしまう。これだから結婚する気になれない」(30代/会社員)

「同棲している時、女友だちに俺の年収を自慢しているのを聞いちゃったんです。まるで経済力のない男性は興味ないっていう口振りだったので、俺ってちゃんと愛されているか不安になった」(28歳/製造)

第3位 遊びたいから…..

遊んでいたいは多くの男性の願望なのでしょうか。遊んでいたいという気持ちが残って踏ん切りがつかなり男性も多数いるようです。

「彼女との時間も大事だけど、友だち同士やひとりの時間も持ちたい」(29歳/医療)

「元カノにプロポーズを急かされた当時、彼女と結婚することになかなか踏ん切りがつかなかったんです。『まだ恋愛し足りないのかな』と思うようなってから、ふたりの関係もぎこちなくなってしまいました」(29歳/メーカー)

第4位 彼女よりもっといい女がいそうだから…..

失礼は話ですが、彼女が本命ではないという意見も。これは全体の17%でしたので、5人に1人くらいは本命彼女ではないということになります。

「俗にいう、都合のいい女ってやつと付き合ってます。ちょっと頭が弱いというか、エッチの相性は合うんですが。ゴメン、紹介して恥をかきそうな子は本命にできないし、プロポーズどころの話ではない」(28歳/メーカー)

第5位 仕事が忙しいから……

男性に仕事が忙しいと言われたら女性は何も言えなくなってしまいそうです。もっとお金を稼ぎたいという裏がえしにも取れる発言かもしれません。

「自分の仕事はとてもハードで、普段は彼女に連絡する暇もありません。一段落しても、脳がくたくたで放心状態。彼女に連絡したい気持ちはありますが、それすら重労働で……。心に余裕がないんです」(男性32歳/外資系旅行)

「今の仕事に転職してからしばらくは、仕事に慣れなくて毎日失敗ばっかりで“俺、この仕事向いてないんじゃないかな”って再度転職することばっかり考えてたんです。そんなときに彼女が“大丈夫!もう少し踏ん張ったらきっと上手く行くよ。料理とか作るから頑張って”って言って見守ってもらえて、今も仕事頑張れてると思っています」(男性28歳/建築)

自然に男性からプロポーズしてもらえる7つのアイデア

じゃあ、そんな彼氏をどうすれば結婚を意識させることができるのでしょうか?

ここでは、その7つの方法をご紹介します。

1.身近な人の結婚話をする!

彼氏に結婚を意識させる為に、さりげなく身近な人の結婚話を試みてください。結婚式に出席した話であれば話題も豊富にあるでしょうし、彼に意識を向けさせるには絶好の話題となります。

身近な所での結婚が話題になることで、彼も「結婚」に関して他人事ではないのかも、と思うようになるでしょう。口には出さずとも、彼が結婚を意識し始めることにはなります。

彼が話に食い付いてくれば、「なんかいいよねぇ」と、あなたもその話に乗りかかることによって、より意識を向けることにもなりますよ。

2.お弁当を作る!

手作りのスイーツなどを渡すのではなく、家庭的な料理をふるまったりデートにお弁当を作って持って行くなどしてみましょう。そうすることで、彼は自然と結婚後の食卓を思い描いたり、朝作ってくれるであろうお弁当を想像したりと、彼女との将来についてのイメージが湧いてくるはずです。

料理が苦手でも、頑張って作っていることで彼にも気持ちは伝わることでしょう。彼が「ウマい!」と言ってくれた時には、「毎日でも作ってあげるのに」と更に結婚観を高めるような言葉を返してみては。

ただし、毎日一生懸命料理をふるまっていると、結婚後の料理に期待をされてしまう恐れもあるので頑張りすぎない程度にしておきましょう。

3.ライバルをちらつかせる発言をする!

例えば、あなたが異性を含めた友だちと飲みに行く約束をしたことや、男の人に声を掛けられたことなどを彼に話してみたとします。すると、きっと彼はあなたが誰かに取られてしまうのではないか、という不安を抱くことになるでしょう。

結婚の約束でもしていない限り、彼女は自分のものだという主張はできません。

彼女を取られたくない焦りから、「俺のもの」という余裕欲しさに「結婚」を口にするかもしれません。彼の焦る姿が見えれば、うまくいっている証拠ですよ。

4.モーニングコール、お疲れ様メールをする!

モーニングコールやお疲れ様メールをすることによって、彼女から始まり彼女で終わるという日常生活のリズムができます。彼の生活の中で心地よい存在になることができれば、彼にもいつまでも一緒にいたいという想いが湧いてくるでしょう。

ただし、モーニングコールは長々と朝から話したりせず、彼が気分良く起きられるようやんわり声掛けして切ること。

仕事終わりのお疲れ様メールでも、「会いたい」「寂しい」などではなく、身体を労った言葉を短く送ることで彼も快く受け止めることができます。

5.必要な存在としてアピールする!

体調が悪く寝込んでいる彼に、「大丈夫?」「ゆっくり寝てないとダメだよ」などの言葉やおかゆを作ったりなど優しく看病してあげることも大事です。でも、結婚を意識させる為にも更にアピールしてみましょう。

例えば、「ひどくなる前に気付いてあげられたら良かったのにな」や「一緒にいてたなら体調の変化に気付けたのに……」と、体調が悪くなる前兆を気にすることにより、彼女が傍にいてくれたら寝込むほどまでにならなかったかも、と彼に思わせることになります。

彼女と一緒にいたらいつも体を気遣ってくれて元気でいられそうだと感じ、彼にとっては必要な存在として受け止めてもらえるのではないでしょうか。

6.送り迎えの時間に手間を感じさせる!

恋愛だと、どうしてもデートでの送り迎えが彼には付き物になります。車を持っている彼であれば、彼女の家まで送り迎えが毎回なんてことも少なくないはず。結婚を意識していない彼には当たり前と思っていることでも、あなたの言葉で結婚へと意識を傾けちゃいましょう。

例えばデートの帰りなど、「寂しい」とずばり言うのではなく、「どうして帰らなくちゃいけないんだろう」や「帰らなくて良かったらいいのにね」など一緒に暮らしてたら、と感じさせる言い方に変えてみましょう。

その上で、「いつも送ってもらってありがとう」と彼に感謝の気持ちを伝えます。

そう言うことによって、「一緒にいれば送り迎えする手間も無くていいのかぁ」と彼も気付くはず。送り迎えの手間を強調できれば、彼はその解決策として結婚を意識することになるでしょう。

7.金銭面を心配する!

男性にとって、「お金を節約する」は「結婚」と結びつく事柄でもあるようです。

例えば、彼にとって恋愛中のデート代は結構な負担になっているはず。彼がお金を払ってくれた後に、「結構お金使わせてるよね」や「お金を使わない場所って無いのかなぁ」と言ってみたり、外食やラブホテルの会計時に「一緒にいたら行かなくていい所だよね」や「一緒にいたらお金をかけずに済むのにね」などと言ったりして、彼の金銭面を気遣った会話をしてみましょう。

彼に「一緒にいたらお金の面も安心して任せられそうだな」と思わせることが、結婚相手として意識してもらえる最も良い方法です。

プロポーズされない女性が急増中!

人生の一大イベント「結婚」。ロマンティックな プロポーズ に憧れる女子の方も多いのではないでしょうか?

ところがある結婚紹介所が「 プロポーズ 」に関するアンケートを実施してその調査結果をまとめたところ、少し意外な事実が判明しました。

半数以上が プロポーズ なしで結婚!?

調査によると、男女ともプロポーズを「した・された人」は4割強、「しなかった・されなかった」人は6割弱と判明!!正式にプロポーズをして結婚されたカップルは、半数に満たないということが分かりました。

プロポーズしなかったこと、後悔してます?

「結婚を約束する」というプロポーズの本来の目的は遂げているのだから、改めて正式にプロポーズする必要を感じなかったのかもしれません。

でも、そうしてゴールインされたカップルは、プロポーズがなかったことをどう思っているのでしょうか。

「なんとなく言葉で伝えてプロポーズしたけど、考えてみるといわゆる『僕と結婚してください!』というプロポーズしなかった。」(33歳/男性)

既婚男性171人にそのことを後悔しているか質問したところ、

後悔している 22.2%

後悔していない 77.8%

8割近くの男性がプロポーズをしなかったことを「後悔していない」と回答しました。

元記事はこちらです。

衝撃!「既婚カップルの半数以上がプロポーズ経験なし」と判明!

まとめ

彼氏に結婚を意識させる方法として7つの行動を起こす際、会話が重要なポイントとなります。あなたの言葉に一工夫して上手く会話に取り入れれば、必ず彼の意識も結婚へと向かうことになるでしょう。

そうすれば、いずれ彼の口から「結婚」という言葉が出ることに……。二人の幸せな未来が、すぐそこに待っていますよ。

人気記事4コマ漫画~別れないけど結婚もしない!男に「プロポーズする必要なし」と思われる女子って?~

元記事はこちら

この記事どうだった?
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ

    現在、彼氏はいますか?
    読み込み中 ... 読み込み中 ...

    月間リアクション数ランキング

    閉じる