【香りとモテ】いかにもはNG?男性に聞いた「近付きにくい女性の香り」

「香り」というものが、恋愛になくてはならないものである一方、初対面の印象で個性が強い香りを纏い、相手にとってトゥーマッチになってしまうと、とても残念な結果になってしまいます。実際に、男性の本音を探ってみましたので、アンケート結果をご紹介します。

【男性限定】香水の香りで、近付きにくい女性だと感じたことはありますか?

はい  71
いいえ  32

約7割の男性が「香水の香りで近づきにくい女性だ」と感じた経験があると回答。では、どのような香りが、男性を遠ざけているのか知りたいでしょうか。

【男性限定】初対面で近付きにくいと感じる女性の香りはどれ?

化粧品売り場のような「いかにも香水」な香り 110 
男性的なウッディーな香り 37
スパイシーで異国的な香り 48
お菓子のように甘ったるい香り 23
バニラのようなふんわりした香り 21
上品で華やかな花々の香り 14
柑橘系のナチュラルな香り 7
その他 5

総投票数: 265

男性が嫌う「いかにも」な香りってどんな香り?

圧倒的に多かったのが、化粧品売り場のような「いかにも香水」らしい香り。男性は確かに、百貨店の化粧品売り場の香りが苦手な方が多いですよね。

こういった香りは、フレグランスとしては、「パウダリー」な香りと呼ばれ、化粧品のお粉のような、華やかで少しクラシカルな雰囲気の香りになります。フレグランスで言うと、ゲラン「オード シャリマー」や、クロエ「クロエ ラブ」などです。

次いで多いのが、スパイシーで異国的な香り、男性的なウッディーな香り。これらはいわゆるオリエンタル調であったり、お香っぽい香りや、木の温かみが感じられるような印象的で、鼻に残る香り。

このことからわかるのは、個性的なフレグランス、甘さが強い香りが漂うことによって、男性は近付きにくいと感じるということですね。香りとしてはインパクトが強く、印象には残りやすいかもしれませんが、最初からネガティブなイメージを持たれてしまっては、元も子もありません。

相手がどのような人かわかるまでは、周りからの意見を汲み取り、いわゆる「保守的」な当たり障りのない香りで、お洒落をマナーのように楽しむ女性を演出するのがいいでしょう。

男性にさりげなく印象を残す香りは?

おすすめなのは、さりげなくも印象が良く香る、フルーティー・シトラス・フローラルのフレグランス。嫌みがなく、清潔感のある上質な香りを日頃から纏いましょう。「特別いい香りがする女性」といったイメージを植え付ければ、あなたの印象は良くなるだけではなく、意中の相手を癒すこともできるでしょう。

バイレード「ブランシュ」

今話題のスウェーデン発のフレグランスブランド バイレードの「ブランシュ」は、透き通った透明感と、柔らかく可憐なピオニーやローズといった花々の香りが、女性の品格をあげてくれます。清潔感を漂わせながらも、調香師の技が光る複雑な調香が、誰もの心を掴むはずです。

ザ ディファレントカンパニー 「オスマンチュス」

元エルメスの専属調香師 ジャン・クロード・エレナが手掛けたキンモクセイの香りのフレグランス。日本でも「好きな香り」として出てくることが多い、キンモクセイの香りを再現しながらも、上品な甘さが溶け合い、ちょっぴりフルーティーなフローラル調の香り。嗅ぎ覚えのあるような安心感を与え、また会いたくなるような人になることが出来るでしょう。

そしてさらに、より深く相手を知っていった時、「この香りってどう思う?ちょっと強いかな……」なんて質問を投げかけると良いでしょう。この子、自分の香りを一緒に選びたがってくれるなんて(自分に好意があるのかな?)と男性ならきっと、嬉しく思うはずですよ!

記事協力:フレグランスWEBマガジン「セントペディア」

この記事は参考になりましたか?
  • なった! 
  • ならなかった...... 

URL:http://scentpedia.co.jp/

香水の基本はこちら:http://scentpedia.co.jp/column/detail/139

続きを読む
関連記事

男性限定:「貯金できてなさそう」と敬遠してしまう女子の行動は?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...

関連カテゴリー