男子は会計に敏感?「奢り当然」な傲慢女と勘違いされたエピソード

「男性が奢るのは当たり前」とは考えていない女性は、男性のお財布を当てにするような態度をとらないと思います。

しかし、女性の言動によっては「奢られて当然」という態度だと男性に勘違いされることがあるそう。

初デートで、男性に「奢りは当然」という態度だと勘違いされたエピソードを女性に聞いてみました。

退店前にトイレへ立った

「退店する前にトイレでメイク直しをしたら、男性がその間にお会計をしてくれていた。『お金を払いたくないから、会計の前にわざとトイレに立ったんだね』と言われ、とてもショックを受けました。テーブル会計のお店だと気づかなったのはこちらの落ち度だと思います」(33歳/アパレル)

お金を払いたくないからと、お会計のタイミングで席を外す人は確かに存在します。でも、お店を出る前にトイレへ立つことはごく自然なことなのでは。

トイレか逃げか判断するのはむつかしいかもしれませんが、できれば決めつけずに女性の様子をよく見ておいてほしいところです。女性側は、テーブル会計かどうか事前にチェックしておけば安全です。

お店を出てから払おうと思った

「『女性にお金を出させる姿を見せたくない』という男性も多いと思ったので、彼の男のプライドのためと思って会計時は彼にだしてもらいました。お店を出てすぐに払おうとしたら、『いや、払う気ないでしょ。そんなポーズいらないよ』と言われてびっくり。余計な気遣いするんじゃなかった」(27歳/保険)

女性を悩ませてしまう男のプライド。レジで女性が財布を出すと、プライドが傷つくという男性もちらほら見かけます。

せっかくの気遣いが悪い印象を与えてしまうなんて、かなり困ってしまいます。こういうタイプの男性は、「払うつもりだった」と言っても「はいはい、ポーズなのはわかってますから」なんて言いそうです。

「ごちそうさま」を勘違いされた

「私はレジの店員さんに『ごちそうさまでした』と言うようにしています。デートもいつも通りレジで店員さんに言ったら、彼が『自分に言われた。ごちそうされる気満々だな』と勘違い。払う気のない女だと思われて悲しかったです」(32歳/飲食)

こちらの男性は、店員さんに「ごちそうさま」を言う人がいることを知らないのでしょうか。それとも、少し自意識過剰なのでしょうか。丁寧な女性の印象を与えるどころか、逆効果でした。

もしも店員さんに「ごちそうさま」を言うときは、彼にちゃんと見えるように、店員さんに向かって言うようにすれば勘違いを防げると思います。あるいは、財布を出しながら言えばいいかもしれません。

自分が奢った話をしてしまった

「なにかの話題の流れで、『私は後輩や部下と食事に行ったときはごちそうしてあげるし、上司がおごるのはいいことだと思う』みたいな話をしました。その話を聞いた彼は急に不機嫌になり、『じゃ、君がやるように、僕は君におごらなきゃいけないんだね』と言われてびっくり。そして私を下の立場に見ているのかなと思え、それも嫌でした」(29歳/商社)

最近は減ったかもしれませんが、上の立場の者が下にごちそうするという行いはまだまだあると思います。こちらの女性はその行いをしており、それを気軽に話しただけです。

上司と部下の話を男と女の話にすり替えるうえに、女性を下の立場だと自然に解釈する男性は、どのみち交際を控えたほうがよさそう。

男性は支払いに敏感

男性は心の中で「今日のデート、奢らなきゃダメかな……?」と不安に思っているかもしれません。そのため、支払いに関しては敏感です。女性のちょっとした言動に答えを見つけようとするのでしょう。

自分ではそんなつもりはなくても、男性に勘違いされたら大変です。これらの言動はつつしむか、フォローを入れるようにするといいですよ。

この記事は参考になりましたか?
  • なった! 
  • ならなかった...... 
続きを読む
関連記事

男性限定:合コンで好印象を受ける女性の服装は?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...

関連カテゴリー