リアル30代独女の本音…結婚相手に求める最低年収が明らかに!

結婚相手に求める条件は色々あるでしょうが、リアルな話で考えると真っ先に条件として出てくるのが相手の年収ではないでしょうか?

20代半ばまでなら顔が良ければOKと思うかもしれません。でも30代になったら、いくらイケメンでもお金を稼いでいない男性との結婚は無理だと考える人が多いでしょう。

そこで独女の30代女性読者を対象に結婚する相手に求める最低年収についてのアンケート調査を行ってみました。

ギリギリOKは300万か!?

女性519人に「結婚するなら相手の最低年収は?」と聞いた結果がこちら。

第1位:400~500万  24.0%
第2位:300~400万 20.2%
第3位:500~600万 19.5%
第4位:900万以上 11.4%
第5位:600~700万 8.9%
第6位:700~800万 7.7%
第7位:200~300万 4.0%
第8位:800~900万 2.5%
第9位:100万以下 1.0%
第10位:100~200万 0.8%

質問:結婚するなら相手の最低年収は?
対象:DOKUJO30代女性読者
期間:2017/09/30-2017/10/19
回答数:519人

第1位~第3位を足すと60%以上になるので、平均的な最低年収の理想は300万円から500万円台だということが明らかになりました。

平成28年度民間給与実態統計調査(国税庁)によれば、 サラリーマンの平均年収が422万円になっており、これを男女別にみると、平均給与は男性521万円、女性280万円です。

年収300万というのは、女性の平均給与の少し上をいく数字なので、女性は男性に自分よりは少し多く稼いでくれている人を最低限求めているといえるでしょう。

共働きなら問題なし?結婚後の年収別生活経験談3つ

実際に結婚した女性たち3人(それぞれ相手の年収が300万、400万、500万代)に結婚してみてお金の問題がどうなったのかを聞いてみました。

・年収300万の人と結婚したAさん

「私の場合は、自分も大体年収300万なんです。結婚前に彼の年収を最初に聞いたときはちょっと不安になりましたけど、結婚後も仕事をして良いよって言ってくれていることと、彼の貯金が結構あることがわかったので、結婚してみたら意外と苦労はなかったです。

彼とは何でも言い合える中なので、生活の中でのストレスはないですし、年収だけで選ばなくて良かったかなと思います」(29歳/販売)

・年収400万の人と結婚したBさん

「私の年収が300万くらいで、彼と合わせると世帯年収が700万でしょ。ただ、2人とも独身の間にはそんなに貯金を考えてなかったのがあるので、結婚してからはかなり2人で節約して将来のために貯金するようになりましたね。

2人で暮らすようになったとしても、使うお金が倍になるわけではないので、2人で力を合わせれば問題ないと思います。今はかなりの額を毎月貯金にまわしてますけど、不自由を感じることはないし、むしろ彼と一緒だと貯金も楽しくできてます」(30歳/営業)

・年収500万の人と結婚したCさん

「私が年収250万くらいで、大体彼の方が倍稼いでるんですよね。結婚前はそれがすごく魅力に思えたんですけど、結婚してからは、実はかなり生活の違いが見えてきて苦労することもありますね。彼が着るスーツとかにかけてるお金が、私が考えてた額と全然違ったりして驚いたりとか。

夫婦で年収の差がありすぎると、お金的には余裕があっても使い方でお互いに不満がでたりすることもあるんだなぁって実感しています」(31歳/事務)

こんな風に生の声を聞いてみると、年収が300万だとしても贅沢な暮らしをしなればやっていけるかもと思えませんか?

自分以上を求めた方がいいの!?

結婚に際して年収は自分以上と決めている女性も多いかもしれませんが、結局は共働きをするなら家族としての年収の方が問題になるので、自分より相手の年収が低くても結婚の対象から外すのはもったいないです。

結婚を考えられる相手の的を絞ることは重要ですが、あまり厳しい希望ばかり突きつけては、男性だって逃げていってしまいます。

自分以上ばかりを求めるよりも、自分がどうにかキャリアアップして1人でも生きていけるくらいに自立を考えておいた方が、男性も負担に感じず結婚を考えてくれる可能性も高まります。

結局は相性の方が大事!

筆者の友達に、結婚相手への理想年収が1,000万以上だとずっと言っていたけれど、年収300万と250万の男性と結婚した女性2人がいます。その女性たちに希望年収と合わない相手を何故選んだのかを聞いてみました。

「大学生くらいの頃からずっと男は年収1,000万は稼いでくれないとダメだって思いこんでて、それに当てはまる人ばかりを探していたんです。でも、そういう男性と実際に付き合うと、いつもケンカ別ればかりしてて。

そんな時に知り合った男性とすごく話があるから、半年くらいお友達として付き合ってたんですけど、その人といるときには素の自分を安心して出せてることに気がついて。ちょっとだけ結婚を考えたので年収を聞いてみたら300万だって言うんです。でも自然とその人との将来はリアルに思い浮かべられたので結婚を決意しました」(Fさん/33歳/経理)

「私は3年くらい婚活をしていたんですけど、それに疲れちゃって。年収1,000万に合う人を紹介してもらってたけど、ピンと来る人はいないし、それなりに服とかにも気を遣うから自分の出費も多くて……。

思い切って一旦婚活を止めた時期に同僚から勧められた男性と付き合ってみたら、本当に気楽で。年収は250万で私より低いんですけど、本気で私のことを愛してくれているのがわかるので、結婚して幸せです」(Mさん/32歳/化粧品)

いくら頑なに条件に合う人を探していても、結局は相性の良い人と出会っちゃったときには年収なんて気にならなくなるんですね。

 

今の時代、結婚相手が稼いでくれないと生活できないということはなくなりました。逆に自分の方が稼げるならば、その分相手に家事を手伝ってもらったり、子育てを手伝ってもらうという方が合理的かもしれません。

理想は理想として持っていてもいいですが、最終的に「この人だ!」と思う人を見つけたときには、年収だけで「なし」にすると後悔するかもしれませんよ。

この記事は参考になりましたか?
  • なった! 
  • ならなかった...... 
関連記事
続きを読む

男性限定:「貯金できてなさそう」と敬遠してしまう女子の行動は?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...

関連カテゴリー