これならセーフ!既読スルーされても「脈あり」のケース

LINEならではの特徴である「既読」機能。この機能のせいで落ち込んでしまった経験のある女性も多いのではないでしょうか。

しかし、なかにはそこまで落ち込まなくても良いレアケースも存在します。

そこで今回は、彼から既読スルーされたとしても「脈あり」だと考えられるケースをご紹介します。

連絡の頻度は落ちていない

こちらからのLINEがスルーされていたとしても、会話自体の頻度が変わらないようであれば「脈あり」と言えるでしょう。

気軽に送れるようになって以降、メッセージのやりとりの速度は上がるばかりですが、スピードは落ちても全く問題ありません。

大切なのは、やりとりの回数や頻度。返信に時間がかかることにやきもきする女性は多くいます。

しかし、時間を掛けてくれる分だけ次が楽しみになると考え、いくらでも待つくらいの心持ちでいた方がストレスも少なく、彼とのやりとりを楽しめるはず。

お互い探り合う雰囲気がある

連絡を取り合うようになったばかりだったり、合コンや婚活パーティなど出会いのための場で連絡先を交換したりした場合、最初のうちはLINEのリズムが不規則になりやすい傾向があります。

相手がどういったやりとりを好んでいるのか、そもそもLINEをして大丈夫かどうか、様々な考えが頭を巡っている状態です。

リズムが不規則になる分、会話の切れ目も多くなりがち。そういったやりとりの切れ目で強引に次の話題に持っていくのは、実はとても難しいことなのです。

「この人はもしかしたら文章にするのが苦手なのかな」「お話を続けてもいいかな」と、あなたが不安になる分だけ、相手も考えながら送ってくれているんだと考えると吉。

実際に会ったとき気まずくなる

LINEでは思った通りに会話がつづけられてテンポよく話が進められているのに、その一方で顔をあわせるとどうしてもギクシャクしてしまう。

実は、この二人も「脈あり」のケースなんです。LINEは顔を合わせない分、思ったように会話をこなすことができます。

しかし、顔を合わせた際には相手の呼吸や雰囲気、二人の間を流れる空気でさえ、会話の流れを立ち入る原因になりえます。

かえって、LINEと同じようなテンポで話を持ちかけてくる男性は、あなたとのことを意識していない可能性もあるでしょう。

彼の仕事が忙しい

忙しい男性にありがちなのが「返せないけど、読んで確認はしているからね!」という無言のメッセージ。

これが既読スルーとなって現れることもあります。仕事の都合で返事はできなかったり、疲れで後回しにしてしまったりはするけれど、とりあえず「既読」は付けて読んだことは伝えようとしてくれているのです。

「ごめん、ちょっと忙しいから後で」の一言が打てないのか! と怒りたくなる気持ちもよくわかりますが、ここはガマンどき。

「どうして既読スルーするの?」と追いつめたりせず、彼からの連絡を待つべきと言えます。

また、彼の性格上、既読スルーにそこまで罪悪感を抱いていないだけかもしれません。彼を追い詰める前に、ちょっと立ち止まって冷静になってみるのも良いですね。

この記事どうだった?
  • いいね!
  • イマイチ...
この記事を読んだ人におすすめ

男性に質問です。どちらがいい?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...

閉じる×