去年と同じこと言ってない?新年に出現する“ダメ女”のSNS投稿4選

新しい年になると、今年の目標や抱負などを掲げるSNS投稿を多く見かけます。また、お正月休みを利用して旅行の様子をアップする人もいるでしょう。これらは悪いことではありませんが、投稿の内容を誤ってしまうと、新年早々ダメ女認定されるなんてことも。

新年早々の女子の投稿の中で、男性からの印象が悪い投稿を、男性に聞きました。

「月1で◯◯!」目標が意識高い系

「新年の目標で『私、今年は月1で投資セミナーに通うわ!』と書かれているのを見て、なんか怖いし、ついていけないと思った。なんとなく可愛げがない。意識が高いのはいいけれど、わざわざ宣言しなくてもと思う」(30歳/メーカー)

目標を発表することで気合が入るタイプもいますが、問題は目標の内容。意識高い系は「頑張り屋さん」「努力家」とは違った、マイナスのイメージを与えやすいです。いま持っているその人の実力では到底ムリそうな目標は、引かれる原因になりそう。

ただ、同じように意識高い系の男性からは好まれると思います。ターゲットにしたい男性が意識高い系なら、同じように意識高い系の投稿をすると逆にいいかもしれません。

「今年こそ◯◯」目標が昨年と同じ系

「毎年目標を掲げている女子がいるけれど、その目標が毎年同じなんです。どうせまた達成できないんでしょ?と思う。口だけに見えるから、それなら目標をアピールしないほうがまだマシですね」(30歳/士業)

繰り返し掲げられる女子の目標では「今年こそマイナス◯キロ!」というダイエット系や、「今年こそ彼氏作る!」という恋愛系が多そう。恋愛は相手が必要なので縁の問題もありますが、ダイエットは自分の努力でどうにかなることもあります。

「頑張れば叶えられそうなのに、また今年もそれ?」と思われると、努力のできない女子だと思われてしまい、せっかくの目標宣言が自分を下げるものとなってしまうでしょう。

「パワーをもらえる」スピリチュアル系

「『初日の出をみるとパワーをもらえる』という言葉とともに、風景画像とセットで投稿されるもの。スピリチュアル系は、なんだか近寄りがたい雰囲気をだしています。自然からのパワーなどをアピールするなら、せめて『空気がキレイだから気持ちがスッキリした』程度がいいです」(28歳/飲食)

パワースポットへ行ってパワーをもらえる人は、その効果やありがたみをSNSに投稿することもあるでしょう。自分にとってよかったことをシェアするのはいいですが、スピリチュアル系は扱いが難しいところです。

新年は初詣を含め、パワースポット巡りをする女子が増えると思います。あちこちで「パワーをもらえた」ばかり書くと、「で、そのパワーで何が出来るの?」なんて思われるかも?

「結婚できるって」おみくじ結果報告系

「おみくじの結果を載せるのはいいけれど、『結婚できると書いてある!今年こそ安心だ!』『事故に遭いやすくなるって書いてある。もう無理』など、内容にとらわれすぎている投稿は必死な感じで怖い。『大吉だったーラッキー!』『凶とかやばい(笑)』くらいの、ライトな感じならOKです」(35歳/IT)

おみくじにはたくさんの情報がつまっており、「恋みくじ」「健康みくじ」など、おみくじの種類も豊富です。人によっては複数のおみくじを引く人もいるでしょう。

結果を具体的に書くとしても、例えば「結婚できるらしい。そんないい女になれるよう、料理の勉強をしようかな」「事故に遭いやすいらしいから、気をつけよう」という前向きな投稿なら印象は下がらないかも。

一度ついた印象を拭うのは大変!

新年早々、男性からがっかりされる投稿をするのは残念なスタートになります。気をつけないと、「残念すぎる女子」の印象のままで一年を過ごすことになるかもしれません。

この記事どうだった?
  • いいね!
  • イマイチ...
この記事を読んだ人におすすめ

”独身”男性に質問です。風俗行ったことがある?ない?
読み込み中 ... 読み込み中 ...

閉じる×