本能的に求めている相手が見つかる「遺伝子婚活」って?

運命の相手は遺伝子で決まっている?

「あなたの恋は見た目から?それとも匂いから?私は遺伝子から!!」

風邪薬のCMのような切り出しからスタートした今回の記事のテーマはズバリ、「遺伝子マッチングで婚活!」です。

婚活をしていると、「生涯のパートナーってどこで判断したらいいのか?」がわからなくなることってありませんか?

一般的に多くの女性は、見た目の清潔感・性的な相性・体臭の問題、すなわち生理的に問題がないかという感覚的な部分と、年収や性格・価値観などの生活を共にすることが可能かどうかという現実的な部分を、総合的に見て判断しているのではないかと思います。

しかしその判断は、客観的な基準に基づいておらず、取捨選択を無意識にしているため、選択のミスをすることもあります。でなければ「3組に1組が離婚している(*1)」なんてことにはならないはずですよね。

実はこの無意識での判断に「遺伝子が関係しているのではないか?」という可能性を指し示した興味深い実験があります。

自分にぴったり合う相手かどうかは遺伝子で判断していた?

ドレスデン工科大学の研究者たちが254組のカップルを対象に行った研究(*2)によると、HLAという遺伝子のタイプが異なっている相手とカップルになっている方が、パートナーシップやセックスへの満足度、体臭に感じる魅力が高い傾向にあることがわかりました。

このHLA遺伝子とは、簡単にいうと「自己と他者を認識する」役割を持っている、免疫のタイプを決定する遺伝子(*3)のことです。

魚や鳥や他の哺乳類においては、このHLA(正確にはヒト以外ではMHCという)遺伝子の型が異なる相手との交尾を好む傾向があるということがわかっています。そしてその型の違いを判断する要素になるのが、いわゆるフェロモンの「匂い」なのです。

つまり、私たち人間も知らず知らずのうちに、相手の発する匂いで自分のパートナーに相応しいかどうかを判断しているかもしれない、ということが指摘されています。

遺伝子マッチングがトレンドになりつつある

ただこのHLA遺伝子は「匂い」によってその適合性を判断しているため、普段からいろんな匂いのする都市部に住んでいる人や、香水を日常的につけている相手の場合、嗅ぎ分けにくくなっているという意見もあります。

そこで、スイスのスタートアップである「Genepartner」という会社が、人の頬の内側から採取した遺伝子情報をもとに分析をし、その人の遺伝子に合う型を持った人とのマッチングを促すサービスを提供し始めました。

つまり「遺伝子的に」あなたにぴったりなお相手を探しますよ、というサービスです。このサービスはTime誌やCNNなどでも取り上げられ、海外では非常に高い注目を集めています。

(*1)厚生労働省の人口動態統計(2016年)のデータから、婚姻数に対して離婚数が3分の1ほどあるという事実を根拠にしていると言われており、実際に3組に1組が離婚しているわけではないという指摘もあります。

(*2)「ヒトのパートナーシップと性的満足に及ぼすHLAの影響」:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5006172/

(*3)参考記事:http://hla.or.jp/about/detail/

日本初の遺伝子マッチングサービス

(上図 「DNACompass」のHPから引用)

実はそのようなサービスが日本でも開始されているのをご存知でしたでしょうか?それがDNAソリューションバンク社が提供する「DNACompass」です。このサービスは代表取締役の田北哲也氏が、自身が上場企業に在籍していた頃から遺伝子によるマッチングに注目し、医療機関との協力体制を組みながら進めてきたサービスでもあります。

そこで婚活力アップデートを標榜している私としては、「直接会ってその中身を詳しく知らねばならない」と思い、田北氏にその具体的なお話を伺ってきました。

簡単にその概要をお伝えすると、事前に自分の遺伝子情報を解析し、そのデータをもとにこれまでのネット婚活のようなサイトを通じて、「遺伝子的に」ピッタリなパートナーを探そう、というものです。

ただ取材を通してわかったことは、ただの新しいマッチング形式の一つとして誕生したサービスではなく、婚活に疲れてしまっている、あるいは自信をなくしてしまっている女性たちにとっての希望になりうるサービスだったということです。

遺伝子マッチングは世の婚活女性を救うかもしれない

そもそも婚活市場というものは「強者が勝つ」市場です。ネットでの出会いでも、リアルでの出会いでも、「外見などの容姿、肩書きや年収、コミュニケーション能力」の主に3つの要素を駆使して、ライバルたちといかに差をつけるのかが勝敗を決定しています。

ここで強者になれなかった人たちは、結果婚活疲れを起こし、結婚すること自体を諦めてしまうことも珍しくありません。DNACompassは、そんな人たちにとって最後の砦になるかもしれないのです。

なぜそう言い切れるのか?現状の婚活市場にあるマッチングサービスの長所と短所を振り返りながら紐解いて行きたいと思います。

既存の婚活サービスとDNACompassとの比較

(上図 同社のプレゼン資料をもとに筆者が作成)

ネット婚活

ネット婚活の良さはやはり「気軽さ」でしょう。そしてその気軽さゆえに、遊び目的の男性とマッチしてしまうリスクもあります。遊び目的の男性は得てしてコミュニケーション能力が高いので、会っていて楽しいは楽しいのですが、結婚に対して真剣ではない可能性が高いです。

婚活パーティー・イベント

一方ネット婚活に比べると、婚活パーティーなどのリアルな出会いの場においては、より真剣に出会いを求めている男性の比率が高まります。しかし純粋に出会いの量を担保できません。特に現在の20代は出会いにお金を使わないので、「数ある中から自由に選択する」ことができにくい、という特徴があります。

結果として、そこに参加している数少ない一部の魅力的な男性を、コミュニケーション強者が一本釣りでかっさらっていく、というのが常となっています。

結婚相談所

ネットもダメ、リアルも向かないとなると、最終的には結婚相談所のドアを叩くことになります。ここでは真剣に出会いを求めている人としっかり一対一で向き合える、という利点があるものの、他の婚活サービスに比べコストが明らかに高いうえに、マッチングの精度を「仲介人」のスキルに依存しなくてはならない、というリスクも抱えています。

DNACompassのメリット

そこで期待されるのがDNACompassです。DNACompassはスタートするために必要なDNA検査を非常に安い価格で始められますし、サイトの利用料も1980円(月額)と一般的なマッチングサイトと大して差がありません。

加えて、DNA検査というハードルを置いているので「遊び目的な人」を排除できます。参加側に「本気の人」しか集まらないようにスクリーニングされているのです。

一般的に相手を探す時には「年収・容姿・年齢」などのフィルターを無意識的にかけていますよね。つまり自分に「合いそう」な相手を自分で検索しているわけですが、フィルターをかけてしまったことで、本来結婚できていたかもしれない人との出会いを逃してしまうこともありえます。

このサービスの場合、実際のログイン画面を見てもらえればわかりますが、自分にオススメのユーザーが「DNA相性度」で表示されます。

例えば「DNA相性度90%」と表示されると、「年収・容姿・年齢」などが自分の希望通りでなくても「え?この人が運命の相手なのかもしれないの?」という興味がわき、出会いの枠を広げるきっかになります。

また女性からの積極的なアプローチは一般的には「肉食系だと思われたくない」「ガツガツしていると思われたくない」という理由から敬遠されがちですが、このDNA相性度を口実に、女性からのアプローチが自然に行えるようになっているのです。

実際にこのサイトでは女性からアプローチしている割合が約50%と非常に高い傾向にあります。

そして「DNA相性度がすごく高いこと」をきっかけにして、「相性度が高いからメッセージを送ってみました」、「私はA型と相性がいいって思ってたけど、遺伝子的にはO型みたいですね。〇〇さんはどんな感じですか?」などと言った具合に、コミュニケーションが奥手の人でも話が弾ませていくことが可能になっているのです。

DNACompassではオフラインの出会いでもこの事実を検証しようと、「容姿や年収」を隠し、DNA相性度がわかるようにした仮面婚活イベントを行いました。その結果、普段婚活パーティーを主催している人が驚くほど、会話が盛り上がっていたそうです(*4)。

以上のことから、DNACompassは「気軽で真剣な婚活ができる」というネット婚活と結婚相談所のいいところどりをしたサービスであると言えるのです。

(*4)イベントのレポートはこちらの記事に詳しい:https://joshi-spa.jp/816923

DNA相性度はパートナー選びの基準になりうるのか?

冒頭でも挙げたように結婚相手を選ぶ時には、生理的に無理がないかという感覚的な部分と、生活を共にできるかどうかという現実的な部分の判断があります。

この二つのバランスをどう取るのかが大事になるわけですが、感覚的な部分の基準が曖昧なまま、現実的なところで妥協し結婚できたとしても、結局生理的なところでパートナシップがうまく続かない、ということも往往にしてよくあることです。

人は好きなものこそコロコロ変わるものの、嫌いなものはほとんど変わりません。それゆえ、お付き合いが長く続くかどうかは、好きであることよりも、嫌いじゃないことの方が大事どいう意見もあるほどです。

遺伝子的に違和感のない相手であることが事前に分かっているのであれば、あとは現実的な部分に絞って結婚相手を探すことができます。

これによって、あなたにとって生理的にも現実的にも理想に近いパートナー選びが加速するのではないでしょうか。

私が取材を通じてわかったことをまとめると、

・理想のパートナーは遺伝子の型で判断できるかもしれない

・遺伝子マッチングは、婚活市場にあるサービスのいいところどりである

ということです。もし、あなたが今の婚活に嫌気がさしているなら、遺伝子マッチングにトライしてみてはいかがでしょうか?

sponsored by DNACompass

この記事どうだった?
  • いいね!
  • イマイチ...
この記事を読んだ人におすすめ

【女性限定】これまで彼氏や旦那が自分の父親に似ているなと思ったことはありますか?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...

リアクション数ランキング

閉じる