年下男子は難解?アプローチだと思ったら勘違いだったエピソード4つ

年下男子は眼中になし!と思っていても、アプローチされるとその気になってしまうときもあります。でも、そのアプローチが恋愛としてのアプローチなのか、それとも社交辞令なのか分からないものです。

年下男子にアプローチされたと思って舞い上がったのに、実はただの勘違いだったエピソードを女性に聞きました。

自分にだけフレンドリー

「いつも気さくに話しかけてくれるし、LINEもスタンプや絵文字が多いので親しみがあるなと思った。周囲に聞いてみてもそれは自分だけだったので、私に気があるのだと思っていたら特にそうでもなかったみたい。というか『何してもぜんぜん怒らない先輩』と、なめられているだけでした」(28歳/IT)

自分にだけ親しくしてくれると、もしかして、と思ってしまうことはあるでしょう。特別感を得てしまうのも分かります。

しかし、フレンドリーにしやすい、しにくいというのは相手によって変わるもの。彼女はたまたまフレンドリーに接しやすいというだけだったようです。親しまれるのはうれしいですが、なめられるのは困りものです。

外見をたくさん褒められる

「『年齢を感じさせない』『キレイです』『その見た目で彼氏がいないなんて不思議!』など、外見を褒められることが多かったんです。言われるたびに良い気分になっていたし私もその気になっていたのに、実はただのリップサービス。単純過ぎる自分にがっかりです」(32歳/アパレル)

お世辞を言った経験は誰しも持っていることでしょう。お世辞の度合いは人それぞれですが、こちらの年下男子は過剰なリップサービスだったようです。これだけいろいろ言われれば「もしかして本当に?」なんて期待するのも無理ありません。

「そんなのお世辞でしょ!」とはねのけるのも良くないですが、真に受けすぎてもいけません。こんなときは、ほかの人にはどんなことを言っているのか観察してみると真偽が分かる場合もあります。

二人だけの飲みに誘われた

「仕事帰りに二人きりで飲みに誘われたので期待したのですが、延々愚痴を聞かされただけでした。その後も何度か二人だけの飲みに行ったけれど、進展はなし。誘われるたびに『今度こそなにかあるかも』と思ってドキドキしていた自分があほらしいです」(29歳/建設)

二人の仲を深めるのに役立つのは「二人きりのシチュエーション」と「お酒」です。仕事帰りの飲みの誘いとなれば、「仕事の相談をしたい」のか「男女の仲になりたい」のか見極めるのは難しいかも。

飲みに誘われても、コミュニケーションの一つと思ってあまり身構えないほうがいいのかもしれません。それにアプローチがあったとしても、お酒が入った席ではただの気まぐれということもあるでしょう。

年上女性が好きだと言われた

「恋バナになったとき、『同年代とは気が合わない』『やっぱり年上の女性がいいですよ』『◯◯さんみたいな女性もいいな』などと言ってきたので、もしかしてと思っていました。でも、特に下心なく好みの女性の話をしているだけでした」(33歳/サービス)

相手の好みが自分に当てはまるとき、なんとなく意識してしまうことは良くあることです。実際に、好きな人を前にしてそのようなアピールをした経験のある人もいるでしょう。

とはいえ、本当に下心なしというケースもあるのなら、軽々しく自意識を出してしまうのは危険というもの。「あ、私も当てはまっているなぁ」くらいまでの意識でいた方が良さそうです。

過剰反応は控えよう

これらのことをされたとき、必ずしも「アプローチではない」とは言い切れません。ただ、舞い上がって早とちりするのはちょっと危険。上記のような程度のときは「その可能性はあるかも」くらいに留めて、もっと明確なアプローチがあってから意識したほうがよさそうです。

このコラムに共感できましたか?
  • Yes 
  • No...... 
この記事を読んだ人におすすめ