気付いてほしい!デートで彼氏に「今日は生理」と伝える方法

ストレートに「今日は生理」と彼氏に伝えにくい女性もいると思います。でも、生理と伝えて気遣ってもらいたいときもあるでしょう。そんなときは、遠まわしでもいいのでなんとか伝えたいと思うはずです。

遠まわしすぎると伝わりませんが、直接的な表現も苦手。遠まわしに生理だと伝えている女性たちは、一体どうしているのか聞きました。

生理と伝える方法1:目の前で痛み止めの薬を飲む

「どのようなタイミングでもいいので、彼氏の目の前で痛み止めの薬を飲みます。彼氏は『それ何の薬?』と聞いてくるので、『お腹が痛いので、痛み止めを飲んだ』と答えれば、生理だと察してもらえます」(27歳/医療)

生理の代表的な不調といえばお腹の痛みです。生理痛=腹痛だということを知っている男性は一定数いると思います。となれば、腹痛で痛み止めを飲むという表現はわかりやすいと言えます。

しかし、男性によっては「お腹を下しているだけ」と勘違いするかもしれません。そういうときのために、「下しているわけじゃないんだけれど」と一言添えれば、誤解を招く可能性が下がるでしょう。とはいえ、勘違いだとしても体調を気遣ってくれることに変わりはなさそう。

生理と伝える方法2:トイレの回数が多くなると言う

「トイレの回数が多くなると伝えるだけで、察しのいい男性なら生理だとわかってくれます。たまにお腹を下していると思われることもあるので、トイレへ立つときはナプキンを入れているポーチを持っていきます。化粧ポーチと一緒に持っていけば、ポーチが2つになるのでわかってもらえますよ」(33歳/アパレル)

これはけっこう遠回しな伝え方かと思いますが、トイレの回数が多いと伝えるだけでも、生理とわかる人はわかるよう。ナプキンポーチを持参してトイレへ立てばわかりやすくていいと思います。

ただ、飲みの席だと「お酒が入ったからトイレが近い」と思われることがありそうです。トイレが近くなりそうな環境のときは、この伝え方に加えて、ほかの伝え方も交えたほうが伝わりやすいかもしれません。

生理と伝える方法3:デートプランで避けたいものを教える

「生理中はデートプランにも制限がでるので、それをそのまま伝えます。例えば『長時間トイレへ行けないデートは無理』『本格的なハイキングなど、体力を使うのは無理』『プールや温泉に入れない』など。避けたいデートプランをあげればあげるほど、生理だと気づきやすくなります」(29歳/建設)

生理中はデートプランにも気を使います。プランを決める段階で生理だと伝えられれば、生理中でも楽しめるデートプランを組むことができ、当日も楽しくデートができることでしょう。

注意したいのは、次々に「あれは嫌、これも嫌」という伝え方をしてしまうと、ただのわがまま女に見えてしまいます。伝え方には気をつけておくといいですよ。

生理と伝える方法4:セックスできないと言う

「たぶん、一番伝わるのはセックスできないと言うこと。これで伝わらなかったら逆にびっくりします。セックスできない理由なんてそんなに種類は多くないでしょうから、まず間違いなく生理だと察するでしょう」(30歳/教育)

セックスを持ち出す伝え方は、マンガやドラマでもよくある伝え方です。そういう性癖がない限り、生理中のセックスは避けているもの。セックスができないという一言で、すべて察してもらえると思います。

もしもここで「それじゃ、デートは中止で」なんていう男性だったら、お付き合いを考え直したほうがいいかも!?体を気遣っての中止ならともかく、セックス目当てならかなり考えものです。今後のお付き合いについて考えたくなりそう。

なかなか伝えにくい生理ですが、伝えにくいときは上記のやり方を試してみてはいかがでしょうか。

ただし、鈍い男性だと何をしても気づいてくれません。そんなときは諦めて、潔く伝えるほうがいいと思います。体を気遣うためにも、頑張って伝えてみてください。

この記事どうだった?
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ

    【女性限定】彼氏と別れた理由は何?

    アンケート結果だけをみる

    読み込み中 ... 読み込み中 ...

    月間リアクション数ランキング

    閉じる