結婚式の二次会、行きたくないけど行くべき?断る場合のマナーとは?

出典元:Pixabay

結婚式の二次会に招待されたけれど、参加したくない…という方は案外多かったりします。もちろん正当な理由がある場合は良いのですが、正直なところ人見知りだから苦手とか、めんどくさいとか、金欠で行けないといった場合は、断り方を考えてしまいますよね。

せっかくのお祝い事なので、快く出席してあげたいところですが、都合がつかずに参加できない場合や断りたいという場合にどうしたらよいのか、最低限守るべきマナーなどをご紹介します。

結婚式の二次会を欠席する場合のメッセージ

何はともあれ、最初はお祝いの言葉です。「結婚おめでとう」という言葉が最初に来るべきでしょう。

次に、二次会に招待していただいてありがとうという言葉を添えます。そして、申し訳ないけれど出席できないという旨を伝えます。

この時、お祝いの席なので断りの理由には注意が必要です。身内の不幸は例え本当のことでも理由に挙げるのはタブーです。また、会費を払う余裕がないといった理由も厳禁です。

上記のような理由で欠席せざるを得ない場合にはやむを得ない事情があるのでという理由にしましょう。せっかくのお祝いに水を差すような理由は避けてください。

逆に自身の出産や結婚、別の結婚式とブッキングなど、めでたいイベントの場合は、理由としてしっかり伝えて問題ありません。

例文:

結婚おめでとう!

今回は二次会にお誘いいただきありがとうございました。うれしかったよ。

せっかく誘っていただいたのだけれど、やむを得ない事情があって参加できません。

今度またお二人の幸せそうな様子を見せていただけたらと思っていますので、その時はよろしくおねがいします。

結婚式の二次会の断り方

それでは実際にどのような手段で断ったら良いのでしょうか。

メールやSNSで招待された場合にはそれに返信する形で問題ありませんが、招待が届いてから遅くとも1週間以内には返事をするのがマナーです。

また、無断欠席は社会人としてあり得ない非常識な行為ですので、いくら親しい友人だとしても絶対にダメです。

「どうしよう」と、返事をずるずる引き延ばしていると、間近になって断らなければならなくなった場合に大変失礼です。幹事さんは出席人数をもとに予算を組むので、直前のキャンセルがあるとスムーズに会を進行させることができなくなります。

また、会う機会が多い相手の場合は、むしろしっかりと直接お断りした方が良いでしょう。郵送で招待状が届いたけれど、あまり会う機会がない相手の場合は、電話でお断りしましょう。

二次会なので、友達であれば普段やり取りしているような口調で問題ありません。目上の方の場合は、ていねいな口調で伝えましょう。

結婚式の二次会を欠席したらお祝いはどうする?

結婚式の二次会は、会費制がほとんどなので、参加者も新郎新婦に何か贈ることはないのですが、もともと二次会だけに招待されている場合は電報やギフトを贈っても良いでしょう。

ギフトの場合は、当日の会場に送ってしまうとかえって迷惑になるので、自宅に送るようにしてください。ただし、最近は留守がちな場合は宅配を受け取るのも一苦労という声が聞かれるので、注意してください。

結婚式自体は参加するけれど、何らかの理由で二次会は参加できないという場合は、すでにご祝儀を渡しているはずなので、金品は送る必要はありません。

また、最初は参加で出していたものの、急な理由でドタキャンになってしまう場合は、会費を支払った方が良いです。幹事さんも参加者として予算に組み込んでしまっているため、急なキャンセルは頭を抱えてしまう原因になります。

結婚式の二次会で遅刻・早退しなければならない場合は?

結婚式の二次会に参加という連絡をしてあったのに、急用などで遅刻・早退しなければならない場合はどうしたらよいのでしょうか。

やはり冷静に連絡するのが大人の常識です。仮に寝坊などで時間が過ぎてしまった場合でも、やむを得ない急用で遅れた旨を説明してください。

連絡は幹事さんに直接するのが手っ取り早いと思いますが、すでに会が始まってしまっている場合は幹事さんも忙しいので、会場に電話して伝えてもらうようにしましょう。

あらかじめわかっている場合は、分かった時点ですぐに幹事さんに伝えておかないと、「〇〇さんがもうすぐ来るかもしれませんので待ちましょう」なんていうことになってしまうかもしれません。

そして、遅刻でも早退でももちろん会費は全額払ってくださいね。時間単位で支払うなんてことは、親しき仲にも礼儀ありです。

そもそも結婚式の二次会ってやるべきもの?

新郎新婦側の疑問として、二次会はやらなくてはいけないのか?という声も聞かれます。

新郎新婦がやらなくても良いと思っているのであれば、やらなくてはならないというマナー等はありませんので、無くても問題ありません。

ただ、様々な事情があるにせよ、一生に一度のことなので、できるかぎりのことをやっておいた方が良いのではないでしょうか。

後になって「やっておけばよかった」と思っても巻き戻すことはできません。それならばやって失敗する方が良いでしょう。

結婚式の二次会に欠席する場合は、しっかりと早目にお断りするのが鉄則

ゲストとして参加する側も、出費がかさむしあまり親しくなかったのに参加する意味が無いと嘆く方も多いですが、思わぬ出会いが待ち受けていたりするものです。

ただ単にめんどくさいといった理由の場合は、一度再検討してみましょう。予定が重なっていて出席できない場合は、うやむやにせず断ることも大切です。

どのようなケースにせよ、大人の女性としては参加者皆が笑顔で終われるよう、配慮したいですね。

 

関連記事

結婚式二次会の服装をプロが徹底解説!マナーやNGもご紹介

結婚式の二次会を「つまらない」と感じている人は53.1%!その理由は?

今日はもう勘弁して!二次会を欠席するときに使えるフレーズ4選

結婚指輪ランキング(2018)、50ブランドから選ばれた人気第1位はトリニティー

この記事どうだった?
  • いいね!
  • イマイチ...
この記事を読んだ人におすすめ

女性に質問です。結婚相談所でお見合い結婚はあり?なし?
読み込み中 ... 読み込み中 ...

リアクション数ランキング