「結婚できない女子にありがち」と男子が考えている女子のセリフ

BAR北条へようこそ!バーテンダーの北条誠です。

このコラムでは、北条が経営するBARで毎夜繰り広げられる実際の恋模様を元に、恋愛の駆け引き・コツをご紹介していきます。

さて、「結婚したいのになかなか結婚できない」という人もいると思います。そんな女子について男子に聞いてみたところ、なかなか結婚できない女子には、そのセリフに特徴があることが分かりました。

今回は、そんな「結婚できない女子の代表的なセリフ」をご紹介するので、該当する人は気を付けた方が良いかもしれませんよ。

「モテたい訳じゃない。好きになってくれる人が一人いればいい」

N君「特にモテている訳じゃないのに、『モテたい訳じゃない。好きになってくれる人が一人いればいい』みたいなことをいいますよね」

北条「ある意味正しい考え方だと思うけど?」

N君「いやいや、そのセリフはモテている女子が言ってこそ様になるんだと思います。まったくモテない人が言っても単なる言い訳になってしまうし、モテるための努力を怠っている感じがします」

モテたところで、その中に結婚したいと思えるような人がいなければ意味がないですよね。しかし、日ごろからモテる努力をしておかないと、いざ素敵な男子に出会った時に、ゲットできる確率が下がるというのも事実だと思います。

「モテたい訳じゃない」というセリフの裏には、その「モテる努力を怠っているという現実」が見え隠れしてしまうのでしょう。「モテモテになるくらいに素敵な女子を目指す!」という意気込みが大事なのでしょうね。

「過去に男に騙されたことがあって……」

F君「女子の中には、『過去に男に騙されたことがあって……』と、妙に引きずったり警戒したりしている人がいますよね」

北条「たしかにそういう女子は多いよね」

F君「あれはなかなか結婚できない女子の特徴だと思います。過去の騙された経験を次に生かすからこそ有意義になるのだし、結婚したいのならそれくらいの前向きさが必要なんじゃないでしょうか」

人間誰しも恋愛における失敗や苦い経験はあると思います。しかし、それらの経験を次に生かせるかどうかで、単なる失敗だったのか良い教訓となったのかが変わってきます。

例えどんなに苦い経験であったとしても、結婚したいのであれば、その経験を教訓として生かした方が良いということなのでしょう。

「男子とLINEのやりとりするのが面倒になってくる」

A君「せっかく男子と知り合ってLINEのやりとりをし始めたのに、『面倒になった』といって徐々にLINEしなくなる女子がいますよね」

北条「そうだねぇ」

A君「それって勿体無いと思うんですよ。仮に、相手の男子に興味がなかったとしても、そこからの紹介で素敵な男子に知り合えるかもしれないでしょ。そうやって交際の範囲を広げていくからこそ、素敵な男子と知り合える確率が上がるのだと思いますよ」

なかなか結婚できない女子の中には「出会いがない」ということを理由にあげている人も多いですよね。しかしそれは、これまでの出会いを無駄にしているだけかもしれません。

素敵な男子を紹介してもらえるかもしれないという可能性を考えると、「LINEのやりとりをするのが面倒」と言っている場合ではないのかもしれませんね。

 

今回はなかなか結婚できない女子にありがちなセリフをご紹介しました。どのセリフもそれ自体が悪い訳ではないのですが、見方によっては恋愛に消極的なようにも感じられます。

独身率が上がっていると言われる昨今、モテモテになるつもりで努力し、積極的に恋愛する強い気持ちを持つ。それが結婚を望む女子に必要なことなのかもしれない、そう思う北条でした。

この記事どうだった?
  • いいね!
  • イマイチ...
この記事を読んだ人におすすめ

男性に質問です。彼女にかけられるお金(デート代含む)は月いくら?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...

リアクション数ランキング

?>

閉じる