結婚する気ある?彼の本気度を確かめる「アドバルーン戦術」とは

「長く付き合っている彼氏はいるけど、なかなか結婚の話が出ない」「結婚する気があるのかどうか確かめたいけれど、自分から結婚の話を持ち出すのは抵抗がある」

結婚を意識しはじめると彼の本音が気になるもの。そんな不安をお持ちの女性に向けて、今回は「結婚の本気度を確かめるための会話術」をご紹介します。

彼の本気度を確かめる、最強の言葉

結婚の意志があるかどうかに関わらず、ほとんどの独身男性が恐れることといえば、「彼女の妊娠」。

いわゆる“できちゃった結婚”となると、「相手の親にどんな顔をして挨拶に行けばいいのだろう」「まだ心の準備もできていないのに……」と誰しも怖気づいてしまうもの。でもそんなときこそ、相手の本性を知るチャンスなのです。

とはいえ、実際に“妊娠テロ”を勧めているのではなく、「妊娠したらどうする?」あくまでも仮定の話をしてみよう……という提案です。

例えば、彼とベッドの中で愛し合った後、「コンドームの避妊率って85%ぐらいって言われてるんだって。そろそろ排卵日が近いんだけど、もし妊娠しちゃったらどうしよう!」と冗談っぽく話してみてください。

このセリフを言ったときの彼の反応、表情、声などをよく観察すると、彼の本音がなんとなくつかめてくるはず。真剣交際をしている彼なら「ご両親に挨拶しに行かないとね」というでしょうし、まだ結婚について考えていない彼なら「え、まだ決められないよ」と動揺するかもしれません。

アドバルーン戦術とは?

この会話術は政治の世界で「アドバルーン戦術」と言われています。

「アドバルーンとは『気球』のことですが、とりあえず相手がどんな反応を示すか、それを見るためにアドバルーン(もしもの話)をあげてみる。つまり、相手に対して<仮定法>を用いるワケです」(森川,p61,2010)

「いきなり妊娠の話は重すぎる」「そもそも最近カレとご無沙汰だし……」という方は、もう少しソフトな質問をしてみましょう。

・「親からお見合いをしなさいと言われたんだけど……」
・「もしほかの人と結婚するって言ったらどうする?」

などがおすすめです。

会話から本音を探ってみよう

筆者の友人には、ラブタイム中にコンドームが破れて、リアルに「妊娠したかも」と焦った経験のある女性がいます。

彼女はこのとき「もし妊娠したらどうする?」と話し合いをしたそうで、そのことがきっかけで、数か月後に彼からプロポーズされ、結婚の話がトントン拍子に進んだといっていました。

長く付き合っていると結婚のタイミングって難しいもの。男性は素直に自分の気持ちを伝えるのが苦手なので、プロポーズのきっかけがつかめない人も少なくありません。

そんなとき、「子どもができたかも」という究極のセリフを口にすることで、彼の結婚意欲を押し上げる効果も期待できるかもしれません。

結婚する気のない彼に「プロポーズまだ?」「いつになったらその気になるの?」と迫っても、かえって男性を追い詰めてしまうもの。まずは落ち着いて、彼の本音を探ることから始めてみましょう。

 

参考文献:森川友義『いますぐカレと結婚!』(講談社)

 

この記事どうだった?
  • いいね!
  • イマイチ...
この記事を読んだ人におすすめ

女性に質問です。結婚相談所でお見合い結婚はあり?なし?
読み込み中 ... 読み込み中 ...

リアクション数ランキング

?>

閉じる