恋愛テクニックがない女性に苦言!言ってはいけない過去の話

恋愛の経験値があまりなく、遊びの恋愛ばかりを繰り返している女性の中には、自ら恋愛をこじらせてしまう人も少なくないようです。真剣交際をした経験が少ないと、何がいけないのでしょうか?

過去の恋愛遍歴を堂々と話す女

それは遊ばれている恋愛が恋愛の基準になってしまい、同じような遊びの恋愛をしようとする男たちを引き寄せてしまうからです。

恋愛経験が乏しいことを知られたくないあまり、過去の恋愛遍歴を包み隠さず話し、下ネタを初対面の男性や、知り合って間もない人にオープンに話していませんか?

それは「ありのままの生きている私ってかっこいい」と他人に映るのではなく、「男から遊ばれている経験ばかりの私」と映ってしまいます。そこに恋愛がうまくいかない原因があります。

「すぐに股を開く女を本命彼女にはしない」の原則

ありのままの自分を過去を含めて受け止めてほしいと思うのは、自由です。しかし実際に過去の恋愛を聞いて、印象がアップするどころか、恋愛対象外になるくらい印象が悪くなるのなら、言わない方がいいでしょう。

男性は、仮に自分自身も遊んだ経験があったとしても、本命の彼女にはロマンティックな恋愛を求めてしまうもの。急に他の男とのエロを含んだ過去を打ち明けられても、受け止められません。

もし相手に聞かれて、嘘はつかないまでも、「もちろん、過去にお付き合いした経験はあるけれど、昔のことは良い思い出として取っておきたいの」くらいにとどめておく方がベストです。

合コンや飲み会の場で、過去の恋愛遍歴を話すと、それは大変盛り上がるかもしれません。しかしそれは盛り上げ役になってしまうだけのこと。これから2人の信頼関係を築いて、将来のことを考えられるパートナーになろうという恋愛対象からは外れてしまいます。

過去の恋愛遍歴をなぜ話さない方がいいのか?

相手に過去のことを打ち明けないのは、秘密主義でも神秘的に見せようという計算でもありません。どんなに親しい仲であっても、聞きたくない話はあります。それが初対面や知り合ってもまもない好意を寄せた男性となら、なおさらいう必要のないこと。能ある鷹は爪を隠すように、過去の恋愛遍歴を打ち明けてしまえば、「この女、まだ他の男と遊ぶ可能性だってあるぞ」という印象を相手に植え付けてしまいます。

過去の男たちとまともな恋愛をしていないという印象を与えてしまった後は、これから本気の恋愛をしようという男だって、真剣に相手を知りたいという気持ちが薄れてしまいます。もし相手が遊びの関係をスタートしたい下心があった場合には、「この女、いける」という確信を持たせてしまったにすぎません。

ではもうすでに過去の恋愛遍歴を話してしまった女性は、本気で好きな男と付き合えないのでしょうか?

あけすけに過去の恋愛話をしてしまった後に、さらに体の関係まで持ってしまった場合は、対処の仕様がないのでしょうか?多くの場合、後の祭りです。今後、新しい出会いがあった時には、余計な話はしないという覚悟を持ちましょう。

一線を越えても、本命彼女にはなれるのか?

付き合う前に体の関係になっても本命彼女になれる人もいれば、セフレや一夜限りの関係になってしまう人の違いは、一体何なのでしょうか?

後者に当てはまる人は、体の関係を持ったという既成事実を自分の中で重く受け止めて、「エッチしたんだから、彼女になれるはず!」と思っているのかもしれません。 確かに体の関係から恋愛関係に発展し、その後彼女になれる確率はゼロではありません。

しかし体の関係から恋愛に発展しない人は、体の関係があってもなくても、その後、交際に発展しない人を選んでいます。

例えば他に彼女や妻がいる人、あなたと付き合う気がない人、遊びの関係しか求めていない人など。 交際に発展するかどうかは、体の関係云々よりも、相手がすでにあなたに心底惚れていて、付き合う可能性もありだと思ってもらえているかどうかにあります。

恋愛に正しい順番はありませんが、体の関係を持ったからといって交際に発展するという確証もないのです。 過去の恋愛を暴露しても、交際に前にお股を開くのも個人の自由ですが、真剣にこの人と向き合いたいと思うなら、いずれにせよ目の前の相手との信頼関係や人間関係を構築していきましょう。

時間がかかるように思えますが、人間関係にも恋愛にも近道はありません。じっくり真摯に相手と向き合って、いい関係を築いていきたいですね。

恋愛話は参考程度にしよう

相手のことを知るための参考として、過去の恋愛話を聞くことはあるでしょう。しかしそれはあくまで参考程度に知りたいのであって、恋愛のドロドロまで打ち明けてほしいとは、本音では思っていません。馬鹿正直に全て話すよりも、「もっと仲良くなったら、いつかね」くらいのチラリズムの方が、相手はもっとあなたのことを知りたいと思ってくれるかもしれません。出会いの場の自己アピールで「言わないことを決める」のは案外、賢いことなのかもしれませんよ。

よかったら「いいね!」を押してください
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ