「交際1年以内に結婚」が36%!スピード婚ってうまくいくの?

突然ですが、皆さんは交際から結婚までの理想の期間ってどれくらいでしょうか。

筆者の場合、周囲の女友達にこのような質問を投げかけると、ほとんどの女性が「1年~3年以内」と答えます。実際、そう答えた女友達の多くは、1年~3年以内の交際期間を経て、パートナーとの結婚に踏み切っています。

しかし、昨今は交際ゼロ日婚から3か月以内のスピード結婚も珍しくなくなってきました。

そんな増えつつあるスピード結婚の実態とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

半数以上が交際から結婚までに1年以上の期間があった

今回、スピード結婚の実態を知るべく、まず筆者はDOKUJO内で下記のアンケートを実施してみました。

既婚者に質問です。交際から結婚するまでの期間はどのくらい? 

3年以上  115人
2年以内  111人
1年以内    89人
3年以内    59人
半年以内     40人
3ヶ月以内   22人
交際ゼロ日    10人

有効回答数 446人

アンケート結果を見る限り、やはり半数以上の既婚者が交際から結婚までに1年以上の期間があると回答しています。

反対に0日~3か月以内の短期間で結婚を決めた人はごくわずか。ここから最低でも1年は交際して、相手を見極めたいと考えている人が多いことがわかります。

しかし、1年以上交際したいと考える人が多いからといって、交際3か月以内のスピード結婚がデメリットばかりであるとは限らないはず。実際、筆者の周りにはスピード結婚を果たし、今現在も円満な夫婦関係を続けていると語る人も少なくはありません。

そこで今回は、3か月以内にスピード結婚し、なおかつ、今現在も円満な夫婦関係を築いている女性からスピード結婚が長続きする理由について伺ってきました。

結婚初期段階がスムーズに進む

まず、彼女たちいわくスピード結婚がうまくいくのは、結婚初期段階の違いにあるそうです。

たとえば、結婚を決めたカップルの中には、結婚準備から結婚生活開始までの環境が大きく変わる時期に、家庭に対する価値観の違いや生活リズムのずれから意見が食い違い、それが揉め事の原因になってしまう人たちもいます。

また、最終的にはどちらかが相手に合わせて生活を始めないといけないという状況になるため、一方に不満が残ってしまう場合もあるそうなのです。

しかし、スピード結婚の場合、交際3か月以内の絶賛ラブラブ期に結婚をするため、相手の嫌な部分が目に入っても、それ以上に「相手のことが大好きだから」という気持ちが勝っているため、多少の嫌な部分には目を瞑ることができるのです。

その新婚初期の経験が「相手の嫌な部分が目についても、多少のことであれば気にしない」という教訓となるため、その後の長い結婚生活もうまくやっていけるのだと語ってくれました。

根本的に相手との相性が合っている

また、今回お話を伺った方の多くが、パートナーと出会った瞬間に運命的なものを感じたと話しています。

出会った瞬間に「私はこの人と結婚するのだ」と思った人もいれば、中にはよく例え話に出る「雷に打たれたような衝撃を感じた」とおっしゃる方もいました。

そのように「まさに運命!」という状況で結ばれたため、交際を始めた直後から、うまく言葉にはできないものの、何となく相手と波長が合うなと感じていたのだそう。

それもあり、じっくり交際期間を経ずとも、安心してすぐに結婚を決められたのです。

もちろん、多少の価値観の違いや性格の不一致などはあるでしょう。しかし、根本的な部分で相性が合っているため、それが結婚生活を長続きさせる秘訣にもなっていたのです。

結婚に大切なのは期間よりもタイミング

現役の既婚者はもちろん、独身女性の中にも「結婚するなら最低でも1年以上は交際したい」と考える人も多いかもしれません。しかし、意外と勢いに任せたスピード結婚の方が今後の夫婦関係がうまくいく場合もあるのです。

結婚を視野に入れた相手との交際が始まった際は、「まずは1年以上交際する」という一般論に流されず、本当に自分たちに合った結婚のタイミングを見極めるようにしてはどうでしょうか。

この記事どうだった?
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ

    【男性限定】彼女の浮気を疑った原因はなに?

    アンケート結果だけをみる

    読み込み中 ... 読み込み中 ...

    月間リアクション数ランキング

    閉じる