若いだけでは敵わない!20代の女子にはない大人の女性の魅力って?

婚活は若いほうが有利と言われますが、若くても中身が大人でなければ、結婚には程遠いと思うのです。

筆者はかつて20代の頃に30代の男性に片思いをしていたのですが、彼は年上のアラフォー女性との結婚を決めました。

20代だったけれど若さが武器にならなかったのです。今ならその敗因がよく分かります。「ただ若いだけ」だった筆者は、30代以降の女性だからこそ持っている魅力に負けたのだと思うのです。

良き相談相手になれる

ただ話を聞いて欲しい時、その相手は誰でもいいわけではありません。

相手が本当に話を聞いてくれているかどうかは、相づちの打ち方だけでも分かるもの。男性だってより真剣に話を聞いてくれる相手のほうが話しがいもあるでしょう。

男性の仕事のグチや相談も、30代以降の女性は働く経験が長いからこそ共感できるし、時にはアドバイスもできるようになります。

もちろん女性にアドバイスを求めない男性もいますが、相手の仕事内容や立場を理解した上で話を聞くほうが共感もしやすいし、仕事の話を深く想像するのもキャリアがあるからできること。

30代になって得られる強力な武器だと思います。

冒頭の30代男性も、これまでの人生経験の話をした時に、アラフォーの彼女に共感されて話が盛り上がり、急速に仲を深めていったのでした。

本当に深い話で語り合う時、若さしか取り柄のない人間は入ることができないのです。

男性に依存しない・頼りになる

冒頭の30代男性はその後アラフォーの彼女と結婚しました。が、しばらくすると彼は転職活動のため一時的に無職になってしまい、その無職期間を彼女が支えたという話を聞きました。

彼女の仕事は残業も多かったのですが、代わりに転職活動中の彼がご飯を作ったりしていたのだそうです。

「女性が家計を支える」という考え方が今ほど浸透していなかった当時、「それもアリなのか!」と2人の関係がとても新鮮に見えました。

結婚相手を、長い人生を共に歩むパートナーとして考えた時に、女性が一方的に男性に収入を頼ることは、男性にとって負担でしかないでしょう。

彼から見れば、「人生を支え合う相手」として頼りになる年上の女性は、とても魅力的で、心強いパートナーだったのではないかと思います。経済的、精神的自立が、実は結婚への近道なのかもしれません。

気遣いができる

「気遣い」も年齢を経たからこそ上手にできるようになる技術です。気を遣いすぎても相手の負担になるので、相手に悟らせることなく自然に気を遣うことはとても高度なテクニックだと思います。

ではどうやったらそんな女性になれるのか。彼女たちにはこんな共通点があるように見えます。

・他者をサポートする立場にいることが多い
・そのサポート力が認められて中心で仕事をするようになる
・得たものを独り占めしないで、周りとシェアする
・他者に優しく、自分に厳しい
・頭の回転が速い……など。

そんな気遣い上手な女性に私もなりたいものですが、一朝一夕で身に付けられるものではないようです。

日々周りの人と接する中で、頭をフル回転させて相手のために行動し続けた成果だと思います。だからこそ、毎日の経験が魅力となって蓄積されていくのかもしれません。

年齢を重ねることがネガティブなことになってしまう婚活ですが、「若ければ良い」と言う男性ばかりではないのも事実です。

大人の女性ならではの魅力を持っていることに、まずは自分で気づいてあげましょう。

この記事どうだった?
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ

    【女性限定】結婚したいですか?
    読み込み中 ... 読み込み中 ...

    月間リアクション数ランキング