fbpx

【実話で研究!アラサー男子の恋愛観】男友達とよく行動する女子は損をする?

こんにちは。美容室オアシスのオーナー、小泉です。このコラムではアラサー男子のリアルな恋愛エピソードを通じて、男子特有の考え方や感性をご紹介していきます。

これを読んで是非あなたの恋愛に役立ててくださいね。

今回は女性客から色目を使われたイケメンバーテンダーH君のエピソードです。

<今回の男子>

H君(32歳) バーテンダー
ルックス:★★★★☆
スタイル:★★★☆☆
お洒落度:★★★★☆
年収  :★★☆☆☆
モテ度 :★★★★☆
特徴  :冷静で洞察力がある。女子に対しては積極的なタイプ

「女性客から熱烈なアプローチを受けました」

イケメンバーテンダーのH君はある日初めて店に来た女性客から気に入られ、熱烈なアプローチを受けたそうです。

小泉「そんなに熱烈だったの?」

H君「はい。ずっと見つめてくるのはもちろんのこと、目が合うと胸の谷間を見せつけるような体勢になったりするんですよ」

小泉「ほうほう」

H君「しかも一緒に来ていた人に『このバーテンさん、イケメンでタイプ』って話してるんです。それもわざと僕に聞こえるように」

小泉「完全にロックオンされてるね(笑)。で、そのコは可愛いのかい?」

H君「可愛いですよ。僕の好みのタイプでもあったので、できれば連絡先くらい聞きたかったし、相手もそれを望んでいたと思うのですが……」

小泉「ですが、何?」

H君「その一緒に来ていた人というのが男性だったんですよ」

小泉「あらら~、それは気まずくなったでしょ?」

H君「そうなんですよ。もっと上手にアピールしてくれれば良かったのに、これでは僕の方からは話しかけられないですよね。結局ほとんど接客できず、その女性客は終始不満そうにしてました」

女性客はどこを失敗したのか?

熱烈にアピールしてくる女性客と、そのコのことが好みのタイプだったというH君。初対面から好印象同士だったにもかかわらず、連絡先の交換すら出来なかったそうです。

では、女性客はどこを失敗したのでしょうか?

H君「まず、男連れで来たのに、飲みにいった店のスタッフに色目を使ったらダメですよね」

小泉「そうだね。一緒に来ている男性客としては、非常に不愉快だよね」

H君「はい。たとえ単なる友達関係であったとしても、やはり一緒にいる女子が自分以外の男子に好意を示すというのは不愉快だと思うんですよ」

小泉「おそらくその場の支払いは男性客がするだろうしね」

H君「そうなんですよ。支払いをする時の男性客の気持ちを考えたら、店員である僕としては女性客から離れる方が良い訳です」

小泉「これが女子の二人組だったら良かったのにね」

H君「それなら問題ないと思います。むしろウェルカムです(笑)。あるいは、男性客がトイレに行った時などを狙ってアプローチしてくれても良かったですね」

小泉「あ、それもいいね。ちなみに、その男性客はどんな様子だったの?」

H君「女性客が僕のことを『タイプ~』だなんて言い出すものだから、かなり不機嫌そうでしたよ。あの二人、付き合ってはいないけど、男性客は女性客に対して好意があったんだと思います」

(やっぱりそうなるよね……)

今回の教訓

女子が男友達と飲みに出かけたりする時、その男友達から好意を寄せられている可能性があります。また、飲み代などを男友達が多く支払うケースもあるでしょう。

そんな中、女子が他の男子に色目を使ってしまうと、男友達としてはメンツが潰れますし、非常に腹立たしい気持ちになります。同性としてそれが分かるだけに、色目を使われた男子としてはその女子から離れざるをえません。

このような事情がありますから、出会いがほしい時はなるべく女子同士で行動した方が良いかもしれませんね。

あわせて読みたい

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?
この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板