【実話で研究!アラサー男子の恋愛観】女子は「価値観が合わない」で済ませ過ぎ!

こんにちは。美容室オアシスのオーナー、小泉です。

このコラムではアラサー男子のリアルな恋愛エピソードを通じて、男子特有の考え方や感性をご紹介していきます。

これを読んで是非あなたの恋愛に役立ててくださいね。

 

今回は、女子の言う価値観という言葉に疑問を感じている男子のエピソードです。

<今回の男子>

O君(35歳) 旅行会社勤務
ルックス:★★☆☆☆
スタイル:★★★☆☆
お洒落度:★★★☆☆
年収  :★★★☆☆
モテ度 :★★☆☆☆
特徴  :合理的で何事にも効率を求めるタイプ。

「婚活ってなかなかうまくいかないものですね」

マッチングアプリを使って婚活をしているO君。

マッチングしてメッセージのやり取りまではいくものの、「価値観が合わない」と相手の女子から言われることが多く、なかなか婚活に進展がないそうです。

 

O君「マッチングアプリのプロフィールを読んでいると『価値観が合う人と出会いたい』って書いている女子がもの凄く多いんですよ」

小泉「まぁ、登録している女子としては結婚まで考えているのだろうから価値観は大事にしたいんじゃないかな」

O君「それはそうでしょうね。もちろん、僕も価値観の合う人と結婚したいと思ってます」

小泉「でも、『価値観が合わない』ってフラれちゃうことが多いんでしょ?(笑)」

O君「そうなんですよ。それでメッセージのやり取りがストップしてしまうんです」

簡単に価値観と言いすぎなのでは?

O君「ただね、僕が言いたいのは、何でもかんでも『価値観が合わない』の一言で済ませ過ぎだってことなんですよ」

小泉「というと?」

O君「例えば、先日までやり取りしていた女の子は言ってることがとにかくわがままだったんですよ」

小泉「ほう」

O君「あまりにも度が過ぎるので、『結婚ってお互いに譲りあう気持ちも大事だと思うよ』ってメッセージしたら……」

小泉「『価値観が合わない』って言われた訳だね?」

O君「そうなんですよ。『それって単なるわがままだろ!』って言いたくなりました」

 

小泉「他にもそんな例があるのかい?」

O君「結構沢山ありますよ。たいていの場合が『私は○○がダメなところだけどそれを認めてくれる人じゃないと価値観があわない』っていう感じです」

小泉「うーん、それはダメなところを認めてくれる男子を探すよりも、ダメなところ直す努力が先な気がするけどねぇ」

O君「そうでしょ?それを『価値観』ていう言葉でひとくくりにするのは間違ってると思うんです」

小泉「結局、そういうことだから婚期が遅れているのかもね」

O君「そりゃそうですよ。僕に限らずほとんどの男子が『それは価値観の問題ではないだろ』って思うはずですからね」

小泉「『ダメな私でも包み込んでくれる優しい旦那様がほしい』ってことなんじゃないかな?」

O君「いやいや、もっとしっかりとした性格の女子は大勢いる訳ですから、男子はそっちを選ぶでしょ

小泉「まぁ、そうなるだろうね……」

今回の教訓

「価値観合わない」といえばカッコ良く聞こえるものですが、実際にはどちらか一方がわがままだったり常識にかけるだけのことがあります。

特に物事を理論的に考えることの多い男子にとっては、「それは価値観というよりわがままなだけなのでは?」と感じられることが多いようです。

「価値観が合わずになかなか彼氏ができない」という人は、それが本当に価値観と呼べるものなのか?自分が譲ることで解決できることもあるのではないか?ということを見つめ直してみると良いかもしれませんね。

この記事どうだった?
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ

    【男性限定】彼女と別れた理由は何?

    アンケート結果だけをみる

    読み込み中 ... 読み込み中 ...

    月間リアクション数ランキング

    閉じる