婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」

Sponsored
★登場人物★
私(舞)

29歳、派遣事務。対人関係がやや苦手。自分に自信がなく、婚活を前に進められず悩んでいる。

美咲

舞と大学時代の同級生。結婚が決まったばかりで舞の良き相談役

まさし

31歳、舞の元カレ。舞と同じ大学の映画鑑賞サークルに所属していた。イケメンで優しい。

 

こんにちは、舞と申します。私は、普通の企業の派遣事務で働く29歳のOLです。

 

私はもともと、人前に出るのが苦手で、交友関係も広くないほうです。

 

それでも、時期が来たらみんなみたいに結婚できると、そう思っていました。

 

7年も付き合った彼氏に突然フラれる、その瞬間までは……

 

「もう夫婦みたいだね」と言われた同棲カップルが7年目に破局……

まさし
「ゴメン、別れよう」
「いきなり冗談はやめてよ、ウソでしょ?」

 

その数か月後、まさしが同じ会社で24歳の後輩と結婚したことをFacebookで目撃しました。

 

私とまさしのほうが歴史は長いけど

そんなものどうでもよくなるくらい、まさしはこの子に惹かれたんだろうな。

 

「私がこの子に勝てる要素なんて、何もないじゃん……」

 

もともと、自分に自信があったわけではない私。

 

それでもまさしが、私のことを好きでいてくれたことが

私にとっての唯一の救いでした。

 

それが、すべてなくなった。

 

もう一生、結婚できないのかもしれない。

 

私、どうすればいいの? 何がいったい問題なの……?

 

私が『結婚できない理由』を親友に訊いてみると意外な答えが……

私が地の底まで落ち込んでいるそんな時、親友の美咲から呼び出されました。

 

美咲
「久しぶり!元気?……なわけないか」
「お察しありがとう」
美咲
「舞がそんな時に、とても言いにくいんだけど」
「どうしたの?」
美咲
私、結婚することになったんだ
「え!?美咲、彼氏いたの!?」

 

ぶっちゃけ人の幸せを祝う余裕なんてありませんでしたが、

 

私は精いっぱいの作り笑顔で美咲に「おめでとう」と伝えました。

 

美咲
「舞も絶対結婚できるから。頑張って!」
「そんな無責任な……。出会いなんて周りになんもないし」
美咲
「それ、本気で言ってる?」
「悪い?」
美咲
「本気で結婚したきゃ、今時合コンでも婚活パーティでもやってるんだからさぁ、行けばいいじゃん!」
「どうせ、美咲は美人だから結婚できたんでしょ!?」
美咲
「そんなことないよ、容姿の好みなんて人それぞれだし」
「それに、美咲は行動力もあったから結婚できたんだよね?」
美咲
「やみくもに行動すれば必ず結婚できるってわけでもないでしょ……」

 

気づいたら私は、美咲に嫌味な質問ばかりしていました。

 

美咲
「じつは、舞にとって大事なことがあるんだけど……」
「ええ?なんなの?」
美咲
「……それはね、舞が結婚したいならもっと自分に自信をもってほしいの」

美咲の言葉は私の心にグサッと刺さりました。

 

私は子どもの頃から、両親や周りからも褒められた記憶がありません。

 

気がついたら自分を過小評価する癖がついてしまっていたのです。

 

美咲
「まず自分を否定する思考の習慣をやめること。私はできる、私は素晴らしい! って勝手に思い込めばいいんだよ」
「それ、私にできるかな?」
美咲
「必ずできるよ。不安や恐れがあっても、常にポジティブな気持ちで毎日を過ごす。やってみて」

私はいつも何かの決断を迫られたときには、不安な気持ちで頭がいっぱいになり、逃げることを選択していたのです。

 

しかも、逃げたあとは落ち込んで、都合のいい言い訳を作って自己正当化するだけ。

 

それでは何も結果は生まないことも十分知っているつもり……

 

理想の結婚イメージは自分の思い込みでいくらでも手に入る!

私は美咲の言った自己信頼感とやらを高めるために、毎朝鏡の前で訓練を始めました。

 

「私は素晴らしい!私は必ず結婚できる!」

 

最初はすごく恥ずかしくて、何やってるんだろうと思っていましたが、美咲のアドバイスを信じてやってみました。

 

美咲が言うには、明確な願望を手に入れたら、その願望を叶えるために必要なアイデアや行動が頭に思い浮かぶのだそう。

 

そしたら、自分が「質の高い行動」を求め始めていることに気づくんだって。

 

そんな努力の甲斐あってか、毎日繰り返していくうちに少しずつ変化が現われました。

 

今までは全く話しかけてこなかった会社の同僚や取引先の男性が、私に話しかけてくれるようになってきたのです。

 

私は人前に出ることが楽しくなり、出会いの質が高そうな場所を選んで、積極的に婚活するようになりました。

 

でも、ある婚活パーティで気が合った男性から告白されず、ショックで立ち直れませんでした。

 

その日以来、私は婚活をしなくなりました。

結果が出ない原因は、自分ではなく環境が悪いから?

美咲
「舞、婚活の調子はどう?」
「もういいの。婚活はやめたから」
美咲
「えっ?そればっかりはご縁の問題だからね。こういうときは、自分のせいにしないで、環境のせいだと考えたほうがいいよ。だから、環境を変えてみるとか。」
「環境を変える?」
美咲
「そう。ここは一つ婚活のプロに頼ってみるのはどう?
「婚活のプロ?何それ?」
美咲
「うん、実はね。今のダンナは結婚相談所で出会ったの」
「えっ?ウソー!美咲みたいな子が、なんで結婚相談所なの?」
美咲
結婚相談所のほうが出会いの質が高いと思ってさ。私の場合、理想の旦那さんの条件がハッキリしていたから」
「合コンとか友だちの紹介とかじゃだめだったの?」
美咲
「それじゃ何年かかるかわからないじゃない。子どもは2人欲しかったから、婚活でダラダラと時間を使いたくなかったの……」
「確かに。私も30までに結婚して、自分の子どもが欲しい……」
美咲
「私が行った結婚相談所は、4ヶ月、3人目のデートで今のダンナと出会ったの」
「えっ?たったの4ヶ月で?」

30歳までに短期集中で「素敵なダンナ」さんを必ず見つける!

今度こそ、私は美咲の言葉を信じて、婚活に再び挑戦することにしました。

 

そして、美咲から教えてもらった結婚相談所に無料カウンセリングの申込みをしてみました。

 

佐々野
「アドバイザーの佐々野と申します」

でもはっきり言って、結婚相談所に入会するとすぐに素敵なダンナが見つかるなんて、本当かなという思いがありました。

 

そこで、思い切って聞いてみました。

「あの、4ヶ月で結婚相手が見つかると聞いたのですが、本当ですか?」
佐々野
「結婚相談所では普通に生活していたら出会えないような方とたくさん出会えるので、それは十分可能性ありますよ」

さらに、私は自分が結婚できない理由をこの際ハッキリさせたいと思いました。

 

アドバイザーの答えは、私の想像を超えたものだった……

「いままでいろいろ婚活を頑張ったのに、どうして私が結婚できないのか、教えてください。」
佐々野
「それは、舞さんが求めていないからではないでしょうか?」
「私が求めていない……いったい何をですか?」
佐々野
「結婚願望です。舞さんは結婚願望を明確にされていないから婚活に苦労されていたのだと思います。」
「私の結婚願望ですか……」
佐々野
「はい。まずは結婚願望を明確にして、具体的な目標を立てる。曖昧な思考は曖昧な結果しか生まれないのですよ。」

結婚願望を明確にする……私にはその意味が全く分かりませんでした。

 

そんな私を無視するかのように、アドバイザーは次々と私に質問を投げかけます。

 

佐々野
「それでは、これから私の質問にすべて答えてください。舞さんはどんな相手と結ばれたいですか?年齢や性格、年収はどうですか?」
「……優しくてリードしてくれる人がいいです。年齢は35歳くらいまでで、年収700万くらいあれば。でもこれは高望みでしょうか?」
佐々野
「いいと思いますよ。では、どこで式を挙げて、どこに住んで、仕事はどうされますか?」
「ハワイの教会式がいいです。新居は新築マンションに住みたいし。仕事は好きだから続けたいです。」
佐々野
「素晴らしいです。子どもは何人ほしいですか?老後はどんな人生を送りたいですか?」
「子どもは男の子と女の子が欲しい。老後は好きな映画を観てのんびり過ごしたいな」

ひたすら夢物語を描いてみたら、なんだかワクワクしてきた……

「でも、こんな夢物語を描いても何の意味がないし。もっと現実をしっかり見ないといけなくないですか……」
佐々野
「これはすごく大切なことなんですよ。真剣に想像してみてくださいね。」

何度も質問に答えていくうちに私の理想がドンドン明確になり、すごくワクワクしている自分がいました。

 

佐々野
「それでは、最後の質問ですよ。その目標はいつまでに達成させるつもりですか?」
1年以内の30歳までに結婚したいんです
佐々野
「よく頑張りました。こうやって自分自身に向き合って、願望を明確にすると、具体的な目標が自然に見えてきませんか?」
「ホントだ。じゃあ、私のダイエット計画がいつも三日坊主で終わっていたのは、願望が足りなくて、目標が見えてなかったからですか?」
佐々野
「そうかもしれないですね。これはセルフカウンセリングと言って、心理学の立場から考えられた、一人でもできる自分発見法なんです。」
「セルフカウンセリングですか……」
佐々野
「人間の意志は弱いものです。だから本気で目標を達成したいと思ったら、自分の願望に向き合って、毎日のセルフカウンセリングで達成イメージを鮮明にすることが一番大切なのです。」

私はセルフカウンセリングの話を聞いて、私の婚活に対する気持ちや行動が中途半端だった理由がよくわかりました

 

まさに、私は結婚の達成イメージを鮮明に描けていなかったのです。

 

私はアドバイザーから言われた結婚願望を明確することでうまれた、、ワクワクした気持ちを大切にしたいと思いました。

「あの〜、条件もそうなんですが、その上で性格や趣味が合う誠実な人がいいんですけど……」
佐々野
「もちろん、性格もしっかり見ていきましょう。データマッチングは、あくまでも参考です」

お相手候補リストの表示がズラズラッとモニターに表示されました。

 

アウトドアが好きな人や、マンションを経営している人、食品会社役員など個人データの数々。

 

年収700万円なんて大きく出てしまったかなと思ったけど、全然そんなことはありませんでした。

それに、これまで私の周りにはいなかった、気になるタイプの方がたくさん。

 

そして、ひとりの男性が目に留まりました。

やさしそうで、とても誠実な笑顔が魅力的です。

「この人に、お会いしてみたいです!この人なら、まさしのことを忘れさせてくれるかも?)」

親友から教えてもらったのは、会員数ダントツNo.1の結婚相談所だった

【 2018年7月現在で会員数48,800人越 】

美咲が教えてくれたのは、楽天オーネット。業界最大手で有名ですね。

 

楽天オーネットは会員数が4万8千人。

 

この会員数は業界No.2のツヴァイと業界No.3のサンマリエの会員数を足した数にほぼ匹敵するそうです。

 

また、楽天オーネットの安心なところは、全員が登録時に独身証明書を提出しているところ。

 

年収や学歴なども厳しく管理されており、結婚願望のないお遊び感覚の人は入会できません。

 

結婚に結びつくための出会いの質が、ものすごく高そうなことがわかりました。

 

楽天オーネットは入会前に「理想の男性」を無料で教えてくれる!

でもこれだけいいサービスだとしたら、費用が心配です。

 

いきなり大金をつぎ込むのは怖すぎますよね……。

美咲
「だから、私は入会する前に結婚チャンステストという無料の婚活診断から始めたの。」
「結婚……チャンステスト?」
美咲
「そう。相手の年収や年齢、身長、学齢とか、希望する条件を入力すれば、自分にぴったりの男性がどのくらいいるのか教えてくれるんだよ」
「へー、それは凄い……」
美咲
「しかも、完全無料なの。入会するかどうかはその診断結果をみて判断すればいいと思うわ」

早速、私も入力してみました。「結婚チャンステスト」はお試し版らしく質問数も少なくて、たった90秒で入力が完了しました。

 

この結果は私の想像を超えるものでした。理想の条件の男性が考えていたよりもたくさん登録していたんです!

理想の男性がどのくらいいるのか、無料で教えてくれるなんて凄くないですか?

 

私は、業界No.1の無料サービスを利用すれば婚活市場がどういうものなのか、よくわかるかもしれないと思って試してみました。

 

ちなみに、楽天オーネットは強引な電話勧誘が一切ないことで有名なんだそうです。

プライベートもバッチリ配慮!無理なく安心して始められる

【 相手とはマイページで。個人情報の心配は不要 】

楽天オーネットは、強引にお見合いさせるようなことは一切ありません。きちんと会員の意思を尊重してくれます。

 

会員間のプライバシーにも配慮しており、気になった人とのメッセージは「マイページ」上でやりとりする仕組みです。

 

個人の連絡先を教える必要がなくて安心ですね。

 

恋愛から遠ざかっていた私にとって、知らない男性と会って話すことはハードルの高い行動でした……

男性
「マッチングのお返事ありがとうございます」
「あの~、写真の笑顔がとても素敵ですね……」
男性
「ありがとうございます!」
「お仕事お忙しいんですか?」
男性
「あっ、休日ならお会いできます!」
「では、3週間後の土曜日はどうでしょう?」

マッチングした相手の方と会員用のマイページから何度かやり取りをしていたけど、 不安なことがいっぱい。

 

そんなときは、アドバイザーさんが相談に乗ってくれました。

「どんな服装でお会いしたらいいでしょうか?」
佐々野
「舞さんの好みでいいと思いますよ。第一印象が大切なので、自信が無ければこちらでヘアメイクも可能です」
「交際がうまくいっても、なかなかプロポーズしてくれなかったらどうしましょう?」

男性とデートをするのは久しぶりなので、ついつい弱気になってしまいます。

佐々野
「皆さん結婚の本気度が高いので、自信をもって接してください。相手が会員以外の人も含めると、2人に1人が成婚できていますし」

成婚率が高いのは、多くの人と出会う中で理想の結婚相手像がハッキリしてきたり、自分の価値観が変わるからだそうです。

 

ある時、こんなこともアドバイザーさんに相談しました。

 

佐々野
「ずっと質問に答えてばかりで疲れたでしょう。最後のお一人を選ぶ前に、ちょっと休憩を取りましょうか」

 

休憩中に私がスマホをいじっていると、LINEメッセージが1件入ってきました。

それはなんと、元カレのまさしからだったのです!

 

その時のLINEのやりとりがこれです。

まさしが私を頼ってくれたことを嬉しく思った反面、少し罪悪感も感じました。

 

佐々野
「何か心配なことでもありましたか?」
「たった今、元カレから相談に乗って欲しいと言われたんです…..」
佐々野
「……舞さんの目標は30歳までに結婚することじゃなかったんですか?」
「そ、そうですよね……」
佐々野
「今は最終候補者の絞り込みに集中しましょうね」

そうなんです。今の私は、元カレの奥さんに対する悩みなんかに付き合ってる場合じゃないんです。

 

アドバイザーさんに言われたとおり、こんな時こそ自分の願望と目標に気持ちを戻して、目の前の出会いに集中、集中……

 

短期間で結果を出したリアルな声がたくさんありました

2018年10月までに投稿された楽天オーネット公式ブログから抜粋です。

 

会員のデート報告や感動のプロポーズを受けたリアルな声が聞けました。

>>公式サイト

30代女性会員(お相手:30代男性)/データマッチング

「彼にはじめてあった時、笑顔がとても素敵だったので、どこか憎めない感じがしました。

4回目のデートで彼から告白され、6回目のデートでお付き合いしました。

私が風邪をひいて寝込んだ時、わざわざ、長崎からお見舞いに来てくれたので、
風邪もあっという間に治っちゃいました。(笑)

数ヵ月後、彼が婚約指輪の箱をパカっと開けて、「一緒にずっと居てください。結婚しよう!」って言っていただけました。

感動して二人で泣いていました。」

40代男性会員(お相手:30代女性)/データマッチング

「はじめて彼女に会ったとき、少しきつい感じを受けたのですが、緊張されていたのだという事がわかり、ホッとしました。

2回目のデートで結婚を意識して3回目デートで自分から告白しました。

花火大会や旅行、うどんを食べに行ったりたくさんデートをしました。」

30代女性会員(お相手:30代男性)/データマッチング

「彼にはじめて会ったとき、優しそうな方だなと思いました。

7回目のデートで彼から告白され、お付き合いすることになりましたが、私が体調を崩した時にお守りを買ってきてくれたり、とても優しいので自然と結婚を意識するようになりました。

今までは、休みの日にあまり外出することもありませんでしたが、長野に日帰り旅行をしたり、色々な所に2人で出かけました。

お付き合いして数か月、高層階のバーで夜景を見ながら指輪をいただき、プロポーズしてもらいました。

私は、本気でヤバイと思ったので、楽天オーネットに入会して婚活することを決めました。

素敵な旦那様をみつけることができました。ありがとうございました。」

これなら、私もいい相手が見つかるかもしれないと勇気を与えてくれました。

3週間後に理想の相手とご対面!自分を100%信じ切って……

そして、3週間後の土曜日のこと。

和樹
「舞さん、ですよね。高瀬です。今日は、よろしくお願いします」
「こちらこそ、よろしくお願いします」

彼は高瀬和樹(仮名)さん35歳。

 

彼は都内で働く金融系エンジニアで、私と話も合いそう。写真通りの誠実そうな笑顔に、素朴な感じのファッションも似合っていて◎。

 

今日は、お互いのフィーリングを再確認するための顔合わせです。

ふたりは池袋の人混みの中を歩き出しました。

 

高瀬さんはけっこう速足だったので、私もなんとか足を動かしてついていきました。

和樹
「あっ」

彼は、何か思い出したらしくて急に立ち止まりました。

「何ですか?」
和樹
「もしかして、僕が歩くペースとか、速くないですか?
「……ちょっと、速いです」
和樹
「………」
(やばっ!ハッキリ言いすぎちゃった……!?)
和樹
「………すみませんでした。ちょっと緊張してて、気づけなかったです。舞さんに合わせますね。これからは遠慮なく言ってください」
(なんだ……緊張してたのか。あれ?今、「これからは」って言ったよね?……)

和樹さんのこの気遣いで、私は急にあったかい気持ちになり、同時に安心しました。

 

「結婚相談所」と言っても、決して愛のない結婚をするわけじゃない!

 

それが、今この瞬間、本当に実感できたのです。

 

そして、私はその日一番の笑顔でこう述べました。

「和樹さんに今日会えて、すっごく嬉しいです^^(この調子ならうまくいくかも……?)」

結婚前提だから、話もスムーズに進んでいくはず!

私がデータマッチングで出会った和樹さんは、同じ業界で仕事の話もとても合いました。

 

また、写真とデータで選んだので、条件はすべてクリアの文句ナシ。

 

趣味も合うようで、今度は一緒に大好きな映画を観にいくことになりました。

 

しかも、和樹さんから

和樹
「その日、大切な話があるから……」

なんて言われているんです……!

 

これ期待していいやつだよね!?

 

だって、もしその気が無かったら、相談所経由で「お断り」されるはずだもん。

 

結婚する気がないなら会わない。そんなハッキリした部分も、短期で決めたい私には合ってるかも^^

そしてついにその日がやってきました。和樹さんからのプロポーズ!

あの時、美咲のアドバイスをちゃんと訊いて実践してなかったら……

 

楽天オーネットのアドバイザーさんに出会ってなかったら……

 

私は自信を喪失したままで婚活意欲も上がらず、こんな良縁を逃していたはず。

 

そして、ずるずると婚期を逃して、独身のまま40代へ突入。

 

そう思うとゾッとします。

 

本当に楽天オーネットを知れてよかった!今なら心の底からそう思うのでした。

※希望の相手を探せる無料シミレーション診断です。入会申込みではありません。強引な勧誘もゼロで安心です。

追伸:元カレまさしとの再会

まさしはその後、夫婦喧嘩が原因で離婚したそうです。

 

そして、私たち夫婦で映画を観に行った時のこと、元カレのまさしとバッタリ会いました。

 

まさし
「遅くなっちゃったけど、結婚おめでとう」
「ありがとう。ところで、まさしの方はどうなの?」
まさし
「実は、今度再婚することになったんだ」
「ええ?じゃ、お隣の方は奥さん?」

そう言って私は、まさしの隣でうつむいている女性をちらっと見ました。

まさし
「実は、美咲から楽天オーネットを紹介されたんだ。舞がいい人を見つけたって聞いてさ……」
「そうだったんだ! ……まさしも幸せになれて、本当に良かった!」

気づけば、私はまさしの再婚を自分のことのように喜んでいました。

【追記:2018/9/10更新】

結婚相談所で出会って結婚した人の参考意見をご紹介します。やはりお見合いはスタートダッシュも必要だそう。

投稿者:moe (引用元:YOMIURI ONLINE)

(結婚相談所はどうなの?と言う質問に対して)

「トピ主さんこんにちは。
私は30代半ばの時に結婚相談所のサイトを利用し、今の夫と出会い結婚した者です。

結論から言いますと、今が最も大事な時期かと思います。

入会間もない時が最大のチャンスですよ。
しかもトピ主さんはまだ20代。きっとたくさんのメールが来たと思います。

30代半ばの私ですら100通は来ましたから。ちょっとでもいいなと思った人とは積極的に会った方がいいと思います。

婚活の場では、最初はどうしても条件とかで見ますよね。
人柄は何度か会ってわかる。だから今はたくさんの人と会った方がいい。

従って、スタートダッシュも必要なのです。

私も夫も入会半年以内で退会しました。とっても幸せです
焦りは禁物ですが、一人ずつにこだわりすぎるとタイミング逃す可能性も。
頑張って!」

この記事どうだった?
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ

    【男性限定】彼女と別れた理由は何?

    アンケート結果だけをみる

    読み込み中 ... 読み込み中 ...

    月間リアクション数ランキング