【実話で研究!アラサー男子の恋愛観】デートを台無しにした女子の一言

こんにちは。美容室オアシスのオーナー、小泉です。このコラムではアラサー男子のリアルな恋愛エピソードを通じて、男子特有の考え方や感性をご紹介していきます。

これを読んで是非あなたの恋愛に役立ててくださいね。

今回はデート後の女子の感想に幻滅した男子のエピソードです。

<今回の男子>

Y君(35歳) 公務員
ルックス:★★★★☆
スタイル:★★★★☆
お洒落度:★★☆☆☆
年収  :★★★☆☆
モテ度 :★★★★☆
特徴  :肉体派のイケメン

「いい人と出会えました」

結婚相談所に登録して半年で婚約に至ったB君。イケメン公務員ということで人気会員だったらしく、多くの女性から申し込みが来たそうです。

小泉「婚約おめでとう!」

B君「ありがとうございます」

小泉「多くの女性から申し込みが来て迷ったんじゃないの?婚約の決め手は何だったの?」

B君「そうですねぇ。多分、彼女が僕の気持ちを上手く高めていってくれたことだと思います。逆に、ルックスはいいのに恋愛の進め方が下手だった女子もいましたからね」

小泉「というと?」

B君「今の彼女とカップルになる前に、とある女子から申込みを貰ったんですよ。とても綺麗な人だったからマッチングして一度デートしてみたんです」

小泉「ほうほう」

B君「デート自体は悪くなかったと思うんですよ。会話が弾んでその人も笑顔が絶えなかったし」

小泉「良かったじゃないか」

B君「ルックスもいいから僕としてはとても興味が湧いたし、大好きとまではいかないもののある程度の好意はもちました」

小泉「なのにどうして交際に発展しなかったの?」

楽しかったデートを台無しにした一言

B君「そこなんですよ。デート後に僕から『とても楽しかったので好意を持ちました』って連絡したら、相手は『まだ自分の気持ちがよく分からないからこれから何回か会って仲良くなっていきたいです』って言ってきたんです」

小泉「それのどこが問題なの?」

B君「だってコメントがおかしいでしょ?何度もやり取りを重ねた上でデートもしてる訳ですよ。そこまで段階を踏んでおいて『まだ自分の気持ちがよく分からない』って言っちゃダメでしょ」

小泉「あぁ、なるどね」

B君「僕のことがまだよく分からないからこれから知っていきたいっていうのなら話は分かります。でも、デート後に『自分の気持ちがよく分からない』って言われて喜ぶ男子はいますか?」

小泉「いないだろうねぇ」

B君「そうでしょ?『何回か会って仲良くなっていきたい』って思っているのなら、まずは初デートで気持ちに進展があったことをしっかりと伝えるべきでしょ。そもそも、相手の方から申込みしてきた訳ですからね」

小泉「恥ずかしくて言えなかっただけかもよ?」

B君「そうだとしても、『自分の気持ちがよく分からない』っていうセリフは選択ミスだと思います。実際、僕は『デートした感想がその程度だったらもう会わなくていい』って思いましたからね」

小泉「デートの感想一言でその後の人生が大きく変わることもあるんだね」

今回の教訓

初デートから交際に至るまでの過程は、互いに気持ちが高まっていく過程でもあります。

だからこそ男子としては初デートで存分に自分をアピールするし、デート後は相手がどう思っているのかが気になるものです。

 

その一方で、初デート後の自分の気持ちを「よく分からない」と語る女子もいるようです。

たとえそれが本音だとしても、「自分の気持ちがよく分からない」と言われて男子が喜ぶはずはありません。

せっかくの出会いを台無しにしたくなければ、「よく分からない」という表現は避けた方が良いかもしれませんね。

よかったら「いいね!」を押してください
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ