お食事デートで男子がみているポイントを紹介

BAR北条へようこそ!バーテンダーの北条誠です。このコラムでは、北条が経営するBARで毎夜繰り広げられる実際の恋模様を元に、恋愛の駆け引き・コツをご紹介していきます。

さて、スーツが似合う上品な男子とオシャレなお店でお食事デート……これは初デートとしては理想的な展開ですよね。

しかし相手は上品な男子。当然、自分に見合うだけの上品さを持った女子なのかどうかを常にチェックしています。では、彼らは女子のどこをチェックしているのでしょうか?

食事のマナーが悪い

O君「どんなに可愛い女の子でも、クチャクチャ言わせながら食べているのを見ると、とても残念な気持ちになります」

T君「高級なお店で食事をしている時に箸の持ち方ができていなかったり、スープを音を立てて飲んだりされると、他のお客さんからの視線が気になって恥ずかしくなります」

一般的に、音を立てながら食べたり、間違った箸の箸の持ち方をすることは、不作法だとされていますよね。「そんなことは知っている」と思うかもしれませんが、男子の話を聞いていると、きちんとできていない人は意外と多いようです。(できていない人が多いのは男子も同じことですが……)

食事中の姿勢が悪い

I君「頬杖をついて食べていたり、猫背になっていたりと、食事中の姿勢が悪い女子がいます。『親からどんなしつけをされてきたのかな?』と疑問に思いますね」

例え食事中とはいえ、目の前にはデートの相手が座ってこちらを見ている訳ですから、美しくみせる姿勢というものにも気を付けたいところですよね。

特に最近では、スマホの見過ぎで普段から猫背になっている人が多いようです。これは決して上品には見えませんから、直した方が良いでしょう。

注文のセンスが悪い

K君「イタリアンやフレンチのお店に行った時、コースではなくアラカルトで注文することもあると思います。食べたい物を注文すれば良いと思うかもしれませんが、上品という観点でいえば、前菜からメイン、デザートと、センス良く注文してほしいですね」

高級店で食べなれている男子は、その注文の仕方もスマートなものです。味や栄養のバランス、ドリンクとの相性を考えながらコース内容を決めているようですが、それらを理解して注文しないと『センスが悪い』と思われてしまうようですよ。

食べ終わった後の皿が汚い

M君「食べ方同様、食べ終わった後のお皿も気になります。これは美的センスの問題だと思うのですが、自分でそのお皿をみて『汚い』と感じないのでしょうか?」

何をもって「汚い」とするか、その判断基準は人それぞれですが、食べ終わった後のお皿に細かい食べ残し等がある様子は、一般的に汚いと思われるようです。

これは食べ終わった後の自分のお皿と相手のお皿を見比べてみれば一目瞭然だと思います。ビジュアルとして決して綺麗ではないので、日頃から綺麗に食べることを意識しておきたいところです。

 

今回は「育ちが悪いかも」と思われてしまう食べ方についてご紹介しました。ハイスペックなモテ男子と交際したいと思っている女子は多いと思いますが、そんなハイスペックなモテ男子達はそれなりに上品なものです。

その上品さに見合うだけのマナーがなければ、いくらデートを重ねても恋人になるのは難しいかもしれません。指摘されていることはどれもさほど難しいことではありませんから、日頃から意識して正しいマナーを身に付けておきたいところですね。

こうした細かい点でせっかくのチャンスを逃さないようにしてほしい、そう思う北条でした。

よかったら「いいね!」を押してください
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ