【実話で研究!アラサー男子の恋愛観】結婚できないのは本気で求めてないから?

こんにちは。美容室オアシスのオーナー、小泉です。このコラムではアラサー男子のリアルな恋愛エピソードを通じて、男子特有の考え方や感性をご紹介していきます。

これを読んで是非あなたの恋愛に役立ててくださいね。

今回は、本気の婚活とはどういうものなのか?というお話です。

<今回の男子>

B君(35歳)旅行代理店勤務 

ルックス:★★★☆☆

スタイル:★☆☆☆☆

お洒落度:★★☆☆☆

年収  :★★☆☆☆

モテ度 :★☆☆☆☆

特徴  :34歳になるまで誰とも交際したことがなかった

初めて彼女ができました!

太めのスタイルに低い年収。そんなB君は34歳を過ぎるまで誰とも交際したことがありませんでした。しかし、今ではすこしづつモテるようになってきたそうです。

B君「彼女がいるって素晴らしいことですね。35歳で初めてその幸せを実感してます」

小泉「ずっといなかったもんね。B君に彼女ができて僕も嬉しいよ」

B君「僕はイケメンじゃないし、こういう太めの体型だし、年収も低いし……だからずっと卑屈に考えてて、恋愛は諦めてたんですけどねぇ」

小泉「『イケメンが好き』なんていってる女子のことは最初から嫌ってたもんね(笑)」

B君「そうでしたね。いつか僕に合う女子が現れると信じてて、特に何もせずに過ごしてました」

小泉「そういう意味では、最近のB君は色々と変わったよね。スタイルも良くなってきてるし。何か心境の変化があったのかい?」

B君「ありましたね。『本気の婚活』というものを真剣に考え、行動を起こすようになりました」

本気の婚活って何?

小泉「どう変わったんだい?『彼女がほしい』とか『結婚したい』とかは以前から言ってたよね?」

B君「たしかにそうですけど、その『彼女がほしい』っていう思いを具体的な行動にうつすようにしたんです」

小泉「なるほど」

B君「例えば、空腹がピークで餓死しそうな時は、何よりも先に食べ物を探しますよね。そんな時に呑気にゲームをしている人はいないと思います」

小泉「そうだね」

B君「それと同じで、どうしても恋人がほしければ、それを最優先にして行動するはずなんですよ」

小泉「一理あるね。でも、だからこそB君はマッチングアプリとかを頑張ってたんじゃないの?」

B君「そこなんですよ。本気の婚活って、マッチングアプリに登録する程度のことじゃないって気づいたんです」

小泉「その程度では本気とはいえないってことかい?」

B君「そうですね。僕の場合はモテるためにダイエットを始めたし、恥ずかしくても女子に声をかけるようになりました。とにかく、今まで避けてきたことを積極的にやるようになったんです」

小泉「本気で結婚したいのなら、それくらいのことは我慢できるはず、ってことだね?」

B君「それが『本気』ってことだと思います」

小泉「つまり『いつか素敵な人が現れる』とか『辛いことはしたくない』、『告白する勇気がでない』等と言っている間は、本気ではないということなんだね」

今回の教訓

「結婚したい」や「恋人がほしい」と思っている人は多いはずです。しかし、それは本当に強い願望なのでしょうか?

本来、人間は貪欲な生き物で、願望が強ければ強いほど、それに向かって努力するようにできています。例えばB君は、ダイエットを頑張るようになり、どんなに恥ずかしくても積極的に女子にアプローチするようになりました。

それと同様に、「恋人がほしい」と本気で強く思っているのであれば、少々の辛いことなら耐えられるはずです。

これは女子にも言えることで、「告白する勇気がでない」「仕事が忙しくて恋活できない」などと言っているうちは、まだまだ恋愛に対する本気度が低いのかもしれませんね。

よかったら「いいね!」を押してください
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ