fbpx

【結婚願望が迷子です】「35歳独身女性が彼氏との結婚をためらう理由」

こんばんは。最近ようやく何度目かわからない結婚ラッシュが落ち着き、見事ご祝儀貧乏から脱出した元キャバ嬢ライターのすずや鈴音です。まあ、もともと貧乏なのには変わりないのですがね。そして忘れたころにまたラッシュがくるのでしょうがね。

そんな結婚ラッシュの波にもまれにもまれまくっていたすずやですが、何と独身女性の中には結婚願望があるにもかかわらず、結婚を躊躇してしまう方もいたのです。

結婚願望の強い独身女性が結婚をためらう理由

それは先日、独身の友人数人と飲みに行っていたときの話です。

友人の中のひとりにKちゃん(35歳)という子がいたのですが、彼女は今の彼氏と付き合い始めてそろそろ3年。昔から結婚願望も強い子であったため、すずやを始め友人たちはみな「次はKちゃんが結婚する番だろうな」と誰もが信じて疑っていませんでした。

そしてこの日の飲み会でも、「Kちゃんもそろそろ結婚じゃない~?」なんて話題が出たのですが……。

当の本人であるKちゃんはどこか浮かない表情を。そして「今すぐにでも結婚はしたい!結婚はしたいのだけど、事情があってためらっているの!」とまさかの一言を。

今の年齢になって子どもを育てる自信がない

おそらくすずやを始め、その場にいた友人の誰もが予想だにしていなかったKちゃんの「結婚をためらっている」発言。あれほど昔から「絶対にいつか結婚したい」と語っていた彼女に一体何があったのでしょうか。

そこで詳しく話を聞いてみると、結婚後の生活に不安しかないことが結婚をためらう理由となっているようです。

まず不安のひとつが出産と子育てについて。

おそらくKちゃんの彼氏は子どもが好きであるため、子どもを欲しがることでしょう。当の本人であるKちゃんも出産を望んでいます。

しかし今現在、35歳のKちゃん。ただでさえ20代や30代前半の子が子育てをしている様子を見て、その大変さを感じている中、果たして35歳の自分が今から子どもを産んだあと、精神的にも体力的にもしっかり育てられるのか不安で仕方ないのだそうです。

おまけにお互いの両親は地方住みであるため、出産したとしてもワンオペ育児になることが目に見えています。

子どもは欲しいけど、自分に育てられるのか不安……。その思いがKちゃんの脳裏によぎっているのだそうです。

子育てのあとに待つのは両親の介護問題

また、彼女が結婚をためらう理由はそれだけではありません。

たとえ出産し、無事に子育てが終わり、よくやく落ち着いたかと思えば、次に待っているのは両親の介護問題です。

というのもKちゃんの場合、彼女も彼氏もひとりっ子であるため、親の介護をする人が自分たちしかいないのです。

おまけに先ほども話した通り、お互いの両親は地方住み。どちらかの両親に介護が必要となったら、都会を離れ、地方でただ両親の介護をする生活を送る可能性もあるということを考えただけでもぞっとするそうです。

そのうえ彼氏もKちゃんより年上であるため、場合によっては、両親の介護問題が落ち着いたあとにすぐ夫の介護問題が浮上する可能性も。

そんな人生設計図を思い描いた途端、結婚はしたいものの、結婚してしまった瞬間から自分の時間が一切ないままこの人生を終えてしまいそうという不安が頭をよぎり、結婚に踏み切りたくても踏み切れないのだそうです。

結婚に対してさらに不安を覚えたすずや

そんな日本の社会問題をすべて表したかのような、Kちゃんの結婚後の人生設計図。

とはいえ必ずしも彼女が思い描いている通りに人生はなるとは限りませんし、今不安に感じていることも意外といざ結婚したらただのとりこし苦労で終わったなんてことになる可能性だって十分あるでしょう。

ただ彼女の話を聞いたすずやは、改めて結婚とは奥が深いのだと実感。同時にしっかり者のKちゃんですら不安に思っていることが果たして私にできるのだろうかと、むだな不安を覚え始めたのでした。

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の決定的な違い

この記事を読んだ人におすすめ
すずや鈴音さんへの恋愛相談
×
タイトル:本文冒頭40字が表示されます
この内容を独女掲示板にも投稿
DOKUJOでは日々たくさんのご相談をお寄せいただいております。チェックボックスにチェックを入れると、独女掲示板にもご相談が送信され、一般の方からも回答を得られる事があります。
すずや鈴音さんが貴方のお悩みに答えます!