fbpx

DJあおいの「だからあなたは結婚できない」~同棲していた彼のことが忘れられません。この状況から脱出するには?〜

コラムニストのDJあおいです。

このコラムでは恋愛に迷える子羊様たちを救い、

幸せに導くべく独自の恋愛哲学をご紹介していきます。

今回は、こちらのお悩みです。

同棲していた彼のことが忘れられません。この状況から脱出するには?

元彼の事が忘れられません…

彼とは学生時代からの友達で

社会人になって、お互い知ってるから楽だし付き合おうとなり3年半付き合い一年間同棲もしておりました。

付き合った当初は、3年くらいで結婚したいと彼は言っておりましたが

彼は、仕事が1番で当分結婚出来ないと、

お互いの将来の価値観が違うと言われ振られてしまいました。

周りがどんどん結婚していく中で、私は焦ってしまい彼にプレッシャーを与えてしまったことが1番の反省点だと思っております。

別れてから半年。

元々仲が良かったのに、彼とは縁が切れてしまい連絡もせず会いもせずですが、

心の中では密かに復縁を望んでいて中々前に進めない状態です。

この状況から脱出するにはどうしたらいいでしょうか?

年齢:26歳

相談者ペンネーム:すたー

DJあおいからの回答

自分に非のない別れなら、わりと早く忘れられるものです。

それは自分に改める点がないから、その別れから学んで成長する必要もないので、忘れるのも早いわけですね。

自分に非のある別れの場合、非の大きさに比例してなかなか忘れられなくなります

忘れてしまったらまた同じ過ちを犯してしまうかもしれない、

もう二度と同じ思いはしたくない、という恐怖心が生じてしまうわけです。

『忘れられない』 というよりも、正確に言えば 『忘れてしまうのが怖い』 という心理で、自分を改め成長して変わるまで、その痛みを教訓にして変化をしていくわけですね。

人に傷付けられた経験よりも、人を傷付けてしまった経験の方が痛みは大きい

それは未練の痛みではなく、自分を変化させるための罪悪感の痛み、言って見れば成長痛みたいなものですね。

人は自分にとって必要のないものから忘れていきます。

過去は自分を変えるための教材

その痛みから様々なことを学び、そしてその学びに適応するように自分を変化させ、

そのミッションが完遂してところで脳が 『この記憶はもういらないよ』 と指令を出し、そしてやっと忘れることができるのです。

そしていつか思い出したとき、その過去は 『思い出』 になっているものなんですよ。

忘れられないということは、あなたにとってまだその痛みが必要だということ

今はまだ変化の過程にあるのでしょうね。

『変わる』 ということは 『過去と決別する』 ということです。

あなたが変わってやっと 『別れ』 というイベントは終わるということ。

痛いのは前進しているからであり、あなたのは自覚はないのかもしれませんが、あなたは前へ進んでいます。

この別れが終わったとき、あなたは今よりもいい女に変わっているはず。

そしてご縁に恵まれれば、前の恋愛よりももっといい恋愛ができるようになるでしょう。

あなたが思っているほどあなたの未来は暗くはない。

その痛みがあなたの未来を証明しているのですよ。

せっかくの別れだ、いい女になろうぜ

(オリジナルサイトでDJあおいさんへ相談を送ることができます)

あわせて読みたい

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」

妥協したくない!アラサーが条件で結婚相手を選べる確実な方法って?

DJあおい公式twitter:@djaoi
DJあおい公式ブログ:DJあおいのお手をはいしゃく

じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せになれないってことよ。 (幻冬舎文庫)

 

連載「だからあなたは結婚できない」では、あなたの恋の悩みを募集しています。

記事右下に表示される相談フォームよりご投稿ください。

この記事を読んだ人におすすめ
DJあおいさんへの恋愛相談
×
タイトル:本文冒頭40字が表示されます
この内容を独女掲示板にも投稿
DOKUJOでは日々たくさんのご相談をお寄せいただいております。チェックボックスにチェックを入れると、独女掲示板にもご相談が送信され、一般の方からも回答を得られる事があります。
DJあおいさんが貴方のお悩みに答えます!